IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.04.18

Cerevoとインフォテリア、「DIY型IoT」開発環境の提供開始
「BlueNinja」と「Platio」で自社専用IoTを安価に開発可能に

ソフトウェアやサービスを開発・販売しているインフォテリアと、コネクテッド・ハードウェアの他、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」のドミネーターや「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマを再現した1/8タチコマなどの製造・販売を行っているCerevoが、IoT開発環境の提供を2017 年4月18日から開始する。

今回の取り組みは、2016年10月27日に両社が発表した、企業がIoT機器と対応ソフトウェアの両方をカスタム開発できるIoT開発環境に関する協業を受けて、インフォテリアのIoTプラットフォーム「Platio」とCerevoのBluetoothモジュール「BlueNinja」が組み合わさったものだ。本開発環境を利用することで、既製品の組み合わせでは難しかった現場のニーズに適したIoT環境の構築を実現。それぞれの企業が現場のプロセスや自社のニーズに合わせてIoTを導入できる「DIY型IoT」を提供することが可能となる。

Platio&BLUE NINJA

IoTアプリ開発を容易にするプラットフォーム「Platio」

PlatioはIoT機器を活用したアプリの開発とサーバー側プログラムの開発、アプリの配布、システム全体の運用をプログラミングの知識がなくても簡単に行えるプラットフォーム。利用者はカスタマイズ可能なテンプレートを利用してアプリを簡単に作ることが可能で、そのデータベースはアプリのデータ構造から自動的にクラウド上に準備されアプリの配布や更新が可能となる。

 

BLEと複数のセンサを搭載したIoTモジュール「BlueNinja」

BlueNinjaは、試作から量産まで幅広くカバーしたIoT開発モジュール。Bluetooth Low EnergyとARM Cortex-M4Fコアを内蔵した、東芝の低消費電力SoC「TZ1001」を採用。さらに9軸センサ(加速度、角速度、地磁気)ならびに気圧センサを搭載している。リチウムイオン電池の充電・放電回路も搭載し、アクティビティトラッカー等のIoT機器を簡単に設計・製造できる。本製品は「IoT機器を今すぐ作れるモジュール」として、初心者からプロまで、試作から量産まで幅広く利用される製品となっている。

 

PlatioからBlueNinjaへ。ワンクリックで接続可能に

今回の開発環境提供に向けて、インフォテリアはPlatioの対応機器設定にBlueNinjaを追加。
PlatioからBlueNinjaへの接続がワンクリックで可能となる。すでにPlatioを利用している企業はBlueNinjaを新たなIoT開発環境として簡単に取り入れることができるほか、BlueNinjaをすでに持っている場合、Platioで提供するファームウェアを適用することでPlatioでの利用が可能になる。(BlueNinja からの多様な情報をスマートフォンのアプリ上で手軽に取得すること実現)

今後の展開としては、BlueNinjaとPlatioを利用したIoT開発のコンサルティングも両社から提供。また、インフォテリアではPlatioのアプリ開発パートナー向けにBlueNinja対応アプリの開発促進を行なっていくという。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

auのホームIoT、月額490円は妥当か
組み込みハイパーバイザーが守るIoTの安心・安全―セルテック | IT Leaders
IoT活用で灯油配送を効率化、北海道新篠津村で12月から実証実験(ニュース)
スマートスピーカーを新築マンションに全戸導入、その狙いは?
“インテリジェントエッジ”を実現する「Azure IoT Edge」、機械翻訳のオンプレ版が利用可能に
スマートホームの市販IoT機器にセキュリティ問題、隣人に操作される可能性も【IoT推進委員会 第7回シンポジウム】
ドラレコ搭載スマートヘルメットから現場に潜むIoTまで 韓国スタートアップ企業の注目すべきアイデア製品
日立、“総合システム工場”の大みか事業所を公開 IoTを利用した先端の取り組みを実施
スマホやPCを脅威から守る、IoT時代の新しいセキュリティー
2016年の今日、Xbox One Sが発売されました:今日は何の日?
KDDIなど、IoTを漁業に活用した「鯖、復活」養殖効率化プロジェクト
スマホやスマートスピーカーで家電操作&ドア・窓をセンサー検知&IoTスマートホーム化できる「インテリジェントホーム」を使ってみた
コネクテッドホームにGoogle Homeを活用、大和ハウスが「Daiwa Connect(ダイワ コネクト)」プロジェクト開始
コマツ、産業用IoT基盤を導入--採掘機械の稼働率や生産性を向上
月額40円からのセルラーLPWA、KDDIがIoT向けに提供
au、スマホで家電を操作できる赤外線リモコンやGoogle HOME連携でホームIoTサービスを強化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。