IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.04.18

Cerevoとインフォテリア、「DIY型IoT」開発環境の提供開始
「BlueNinja」と「Platio」で自社専用IoTを安価に開発可能に

ソフトウェアやサービスを開発・販売しているインフォテリアと、コネクテッド・ハードウェアの他、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」のドミネーターや「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマを再現した1/8タチコマなどの製造・販売を行っているCerevoが、IoT開発環境の提供を2017 年4月18日から開始する。

今回の取り組みは、2016年10月27日に両社が発表した、企業がIoT機器と対応ソフトウェアの両方をカスタム開発できるIoT開発環境に関する協業を受けて、インフォテリアのIoTプラットフォーム「Platio」とCerevoのBluetoothモジュール「BlueNinja」が組み合わさったものだ。本開発環境を利用することで、既製品の組み合わせでは難しかった現場のニーズに適したIoT環境の構築を実現。それぞれの企業が現場のプロセスや自社のニーズに合わせてIoTを導入できる「DIY型IoT」を提供することが可能となる。

Platio&BLUE NINJA

IoTアプリ開発を容易にするプラットフォーム「Platio」

PlatioはIoT機器を活用したアプリの開発とサーバー側プログラムの開発、アプリの配布、システム全体の運用をプログラミングの知識がなくても簡単に行えるプラットフォーム。利用者はカスタマイズ可能なテンプレートを利用してアプリを簡単に作ることが可能で、そのデータベースはアプリのデータ構造から自動的にクラウド上に準備されアプリの配布や更新が可能となる。

 

BLEと複数のセンサを搭載したIoTモジュール「BlueNinja」

BlueNinjaは、試作から量産まで幅広くカバーしたIoT開発モジュール。Bluetooth Low EnergyとARM Cortex-M4Fコアを内蔵した、東芝の低消費電力SoC「TZ1001」を採用。さらに9軸センサ(加速度、角速度、地磁気)ならびに気圧センサを搭載している。リチウムイオン電池の充電・放電回路も搭載し、アクティビティトラッカー等のIoT機器を簡単に設計・製造できる。本製品は「IoT機器を今すぐ作れるモジュール」として、初心者からプロまで、試作から量産まで幅広く利用される製品となっている。

 

PlatioからBlueNinjaへ。ワンクリックで接続可能に

今回の開発環境提供に向けて、インフォテリアはPlatioの対応機器設定にBlueNinjaを追加。
PlatioからBlueNinjaへの接続がワンクリックで可能となる。すでにPlatioを利用している企業はBlueNinjaを新たなIoT開発環境として簡単に取り入れることができるほか、BlueNinjaをすでに持っている場合、Platioで提供するファームウェアを適用することでPlatioでの利用が可能になる。(BlueNinja からの多様な情報をスマートフォンのアプリ上で手軽に取得すること実現)

今後の展開としては、BlueNinjaとPlatioを利用したIoT開発のコンサルティングも両社から提供。また、インフォテリアではPlatioのアプリ開発パートナー向けにBlueNinja対応アプリの開発促進を行なっていくという。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ファーウエイのTSN、NB-IoT、e-SIMソリューション ーハノーバーメッセレポート6
スマホとクルマを動くIoTセンサーに――KDDI、応用地質、トヨタが実証実験
KDDIとトヨタら、IoTや自動車データを防災に活用へ--2019年にシステム提供
凸版印刷、産業向けIoTを活用して事務などのBPO業務を「見える化」するソリューション
Bluetooth meshで在席把握や会議室管理――協和エクシオがオフィス向けIoTシステム
IoT人気記事ランキング|コマツが「EverydayDrone」の提供を5月より開始、スマートコンストラクション新サービスなど[4/16-4/22]
Ayla Networks、IoTデバイス・サービスの開発・導入を支援するIoTコンサルティング・サービスを発表
トヨタ、KDDI、応用地質、IoTとビッグデータ分析を活用した防災・減災システムの実証実験実施で合意
設置わずか4時間、旧式の産業機械でも生産性改革ができるi Smart Technologiesのソリューション ーハノーバーメッセ2018レポート3
ハタプロ、AIロボットを搭載した自販機の実験を東京ドームシティで実施
組み合わせこそが最高の対策である
「リーダーシップ」が5年以上連続で最も改善したいスキルに――ガートナーがテクノロジ人材のスキルについて調査
バニーホップ、つなげば既存機器がIoT化する「IoTコネクター」を発売
ニッスイとNEC、AI・IoTを用いた先進的な養殖分野で共創
IoT開発者が選ぶクラウドサービス、「AWS」や「Azure」が優勢--Eclipse
予測を超えてつながるIoTセキュリティは、範囲が広く、期間が長く、参加者が多い

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。