IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.04.16

キリンの次世代型自販機はLINEをかざしてポイントゲット
自動販売機コミュニケーションサービス「Tappiness」スタート

スマートフォンとともに、いまやコミュニケーションツールとして高い普及率を誇るLINE。スマートフォン利用時、メールやショートメールなどはすっかりと影を潜め、気軽にやりとりできることからも、多くの人がLINEでメッセージやスタンプを送り合う光景が見られようになった。

また最近は、LINE上で展開するおサイフサービス「LINE Pay」やチャットボットの活用によって企業間での連携が盛んに行われており、その動向は大きな注目を集めている。そんな中で、キリンビバレッジバリューベンダー(以下、KBV)とLINEは、自動販売機にビーコンをつなげドリンクを買うとポイントが貯まるサービス「Tappiness(タピネス)」の提供を4月13日より首都圏・近畿圏でスタートした。

スマートフォンを“tap”して“happy!”になって欲しいという願いを込めて名付けられたTappinessは、LINEと自動販売機がビーコン経由でつながることで、購入ごとに1ドリンクポイントが付与される。さらに15ドリンクポイントがたまると自動販売機で好きな飲料と無料で交換可能なチケットが付与されるという特典があり、そのチケットはLINEの「友だち」へプレゼントすることもできるほか、LINE Payによる決済も可能だ。

 

 

 

KBVは、既に国内6,600万人の月間アクティブユーザー数(16年12月時点)を誇るLINEをタッチポイントとして活用することで、多くのユーザーに新たにアプリをダウンロードさせる手間を省き利便性を図っていく。17年夏以降は、首都圏・近畿圏以外の全国主要都市部でも順次展開し、サービス開始から1年で20,000台の対応を見込んでいる。

今後については、飲料交換以外にもLINEの特長を生かした新たなサービスの提供を予定しており、自動販売機の“わくわく”をさらに提案していくという。

また、現在「LINE」のビジネスプラットフォーム化を推進しているLINE社は、日本全国に設置されるキリン自動販売機を通じて、LINE Beaconやポイントカード機能を広くユーザーが体験し、利便性を実感してもらうことで、各機能のサービス認知や利用頻度の向上を図る。そして、本事例での知見を生かし、各機能の改善や精緻化を進め、より多くのユーザーとの接点づくりに貢献できるサービスとしての発展を目指していく。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。