IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.04.15

ペットと泊まれるホテルでIoTを駆使した未来のドッグライフ体験
ヒルトン東京ベイで「わんわんスマートルーム」の提供開始

BY

東京ディズニーリゾート(R)のオフィシャルホテル「ヒルトン東京ベイ」が、IoTなど最先端のペットグッズやサービスを体験できる「わんわんスマートルーム」の提供を4月17日(月)よりスタート。

「わんわんスマートルーム」には、外出中でも留守番中の愛犬におやつをあげることができる「Furboドッグカメラ」や、愛犬の周辺温度や活動量がわかる「Halope iz(ハロペアイズ)」など、未来のドッグライフを感じさせる製品が集められた。愛犬と一緒に、全く新しい楽しみ方が体験できるドッグラバーに嬉しい客室と言えるだろう。

お部屋に留守番させても安心「Furboドッグカメラ」

スマートフォンの専用アプリを使って、愛犬の様子を見たり、会話をしたり、おやつをあげて一緒に遊ぶことができるスマートドッグカメラ。「わんわんスマートルーム」では、部屋を離れてレストランやラウンジで過ごす時も、愛犬とコミュニケーションが取れるので、安心してホテルステイを楽しめる。

Furboドッグカメラ使用イメージ

気になる愛犬の行動を気軽に把握できる「Halope iz」

スマートフォンアプリで愛犬の周辺温度や、寝る・休んでいる・歩いている・走っているの4つの状態が把握できる犬用の健康管理チャーム。留守番中の愛犬がどの程度動いているかもグラフで直感的にわかる。また、周辺温度が熱中症の危険性が高まる温度になると、スマートフォンに知らせてくれる。

気になる愛犬の行動を気軽に把握!「Halope iz (ハロペアイズ)」

 

「わんわんスマートルーム」利用でもらえるプレゼント

「わんわんスマートルーム」では、IoT製品を体験できるほか、多数のプレゼントも用意されている。

〔下記プレゼント写真は全てイメージ〕

人気のおもちゃや、体に優しいおやつ、素材にこだわった安心フードなどの商品を詰め込んだオリジナル「PECO BOX」
(4月17日以降に予約した先着50組)

宿泊記念として「わんわんスマートルーム」内で撮影した写真を特大ポスターにしたもの(数量限定)

獣医師監修のもと、機能性とデザイン性を考えて作られている犬用の靴と靴下「docdog(ドックドッグ)」
(アンケートに回答のうえSNS投稿した人の中から先着)

「わんわんスマートルーム」宿泊プラン
期間   : 4月17日(月)~6月30日(金)
客室タイプ: 禁煙 ※海側(40m2)の部屋
料金   : 1室2名40,986円~
URL  : http://www.hiltontokyobay.jp/news/detail/2231

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。