IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.04.18

あらゆる業界の課題を、身近なところから解決
IBM Watson IoT Platformで、IoTを現実のものに <PR>

BY

バズワードと言われているIoTだが、身近なところから導入を進めている企業も多く、すでに現実のものとなっている。

そういった企業を支えるのが、日本IBMの『IBM Watson IoT Platform』だ。

文字や音声、画像認識、さらには天気予報のAPIを用意し、エッジ・コンピューティング、ブロックチェーンとも相性が良いこのサービスは、すでに多くの企業に導入され始め、身近な生産性向上に寄与している。業界をリードし、業界別のソリューションも用意するIBMの先進事例を紹介する。

刻々と実用化が進むIoT

いまや一般紙でも、IoTという言葉は、モノのインターネットという但し書きを伴わなくても使われるようになっている。あらゆるモノに多種多様なセンサーを取り付け、そこで得られるデータなどをインターネット経由で収集し蓄積し、分析し、活用するという概念が多くの人に理解されるようになってきたのは、すでにそのIoTが現実のものとなってきているからでもある。2014年には5.4兆円だった日本国内のIoT市場は、2020年には13.8兆円にまで拡大すると見られている(IDC Japan調べ)。

一方で事業にIoTの導入を検討している立場からは、IoTの重要性と可能性は理解しているものの、具体的にどのように活用するか、事業に対してどういった効果が期待できるのか見当が付かない、マネタイズの手法が見えないといった声も聞こえる。

IoTはあらゆるビジネスに関わり、かつ、様々な場所で実現されるため、現場によってそのあり方が異なるのも、なにができるのかを見えにくくしているのだろう。

こういった課題を解決するため、日本IBMは2016年3月に、IoTの基盤となるサービス『IBM Watson IoT Platform』を活用するビジネスパートナーとのエコシステムを構築するプログラム『Watson IoT Platform パートナーエコシステム』を開始した。すでにこのパートナーシップには、スタートから1年でおよそ27社が参加するまでに広がり、新規顧客も多彩な業種の100以上の企業に上っている。

 
 

米フォレスタリサーチは、IBMを2016年第4四半期におけるIoTソフトウエアのリーダーだと高く評価している。

IoTに関するソリューションはいくつかの企業が提供しているが、IBMのPaaSである『Bluemix』上で展開されているIBM Watson IoT Platformには、大きく4つの特徴がある。

まず、テキスト分類や画像認識、音声認識などのAPIが用意されており、それをすぐに利用できることだ。すばやく手軽に、多くの要望に応えることができる。

第2に、エッジ・コンピューティングにも対応しているのも特徴だ。米シスコシステムズとの提携により、すべてをクラウドに集約するのではなく、エンドポイントでも処理することで、必要なデータだけを効率的に集めることができる。

第3に、気象予報と関連づけての利用も容易にできる。気象状況と航空や物流、小売りにおけるビッグデータ解析は切っても切り離せないが、IBMは天気予報大手のウェザーカンパニーのデジタルデータ資産を買収しており、リアルタイムな気象予報や気象データとそれらを活用したソリューションの提供を行っている。

最後に、ブロックチェーンも容易に取り込める。ブロックチェーンはFinTech業界で注目されることの多い技術だが、透明性が高く履歴の改竄が難しいため、強固なセキュリティが求めれるデバイス管理にも利用できる。

IoTで生産ラインの故障を事前に見抜く

IoTはあらゆる業種に深く関るため、IBMは業界に特化したソリューションを用意していく意向で、すでにIoT for Automotiveがホンダやアルパインで活用されている。

 

これに続くのが、製造業界全体を対象としたIoT for Manufactureだ。製造現場は設備を健全な状態で稼働させ続けることを重視しているが、IoTは歩留まり改善などによる生産性の向上、リソースの最適配分によるコスト削減、そして予知保全による設備パフォーマンスの向上などを支援できる。

このうちの予知保全とは、設備が故障後に対応する「事後保全」、設備の仕様や性能に基づいて故障を未然に防ごうとする「予防保全」に先立つもので、設備の稼働状況から故障を予知するというものだ。

では、その予知は具体的にどのようにして行うのか。IBMは三菱電機と共にソリューション提供に取り組んでいる。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。