IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.04.12

サイバー攻撃を検知! IoTに係る通信端末を開発
MOVIMAS×シャープ×日立システムズで協業。2017年6月よりサービス提供開始予定

サイバー攻撃の大規模観測システムを運用している国立研究開発法人・情報通信研究機構(以下NICT)の発表によると、国内のネットワークに向けられたサイバー攻撃関連の通信の中で、IoT機器の通信に対する攻撃の割合が2016年に初めて半数を超えたという。

NICTとしては、観測できているのは一部との見解

また、2016年10月21日、米国のDNS サービスを提供する会社に対し、大規模 DDoS 攻撃が発生し、約6時間同社顧客サービスが停止に追い込まれた。同社は、この攻撃がIoTに係わる通信端末をボット化させるマルウェアを使ったものであることを立証できると発表している。

そこでMOVIMASは、IoTに係わる通信端末のサイバー攻撃への対策が急務であると認識。シャープ、日立システムズと共にIoT機器に対するサイバー攻撃を検知するセキュリティソフトウェアを実装した通信端末を開発した。

今回の共同開発では、数多くのIoT/M2Mビジネスを企画し具現化しているMOVIMASが、シャープと共同開発した光学設計技術とRF(高周波)の技術を駆使したセンサーや各種無線方式にも対応したIoTゲートウェイに、日立システムズが開発したセキュリティソフトウェアを実装している。

日立システムズのセキュリティソフトウェアの主な特徴は以下の通り
・IoTゲートウェイに対するサイバー攻撃を検知
・IoTゲートウェイ本来の動作を妨げることのない低負荷
・出荷時の実装によりアップデートやメンテナンスをすることなく利用可能
・セキュリティオペレーションセンター(SOC)による遠隔監視

今回開発した端末を利用したサービスは2017年6月に提供開始を予定している。

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTとシェアリングエコノミーに見る2020--IoT座談会(6)
IoTデバイスを使う企業の46%がセキュリティ被害あり
パナソニックのIoTソリューション「Vieureka PF」、VIOの映像監視システム「ArgosView」と連携
NXP、IoT機器向けに新ファミリーマイコン
ADSL発祥の地をIoTテストベッドへ 伊那市でLoRaWANハッカソン開催
Cisco、フォグコンピューティングに対応するIoTプラットフォーム「Cisco Kinetic」を発表
国内ソフトウェア市場が高成長、2021年までに3兆3300億円規模に
IoT広告が目指す未来 第2回 IoT広告は企業のマーケティングをどう変化させる?
SDN自動化やDDoS攻撃対策に対応、IoT時代対応の高密度IPルーターをノキアが発表
国内CSMS/PSIRT/IoTセキュリティ構築運用支援サービス市場は高成長を維持――ITR発表
アナログ・デバイセズ、IoTでイチゴの生育環境データ可視化の実証が完了
IoT人気記事ランキング|ウイングアーク1st MotionBoard、LINEの事業戦略など[6/19-6/25]
経済産業省 長谷川氏、IDCジャパン 鳥巣氏がIoTConference2017基調講演で登壇決定[PR]
【特別企画】「IoTの海に繰り出そう!」カゴヤ・ジャパンIT・WEBソリューションセミナー
顕在化し始めた増え続けるIoTデバイスのセキュリティ問題
NetLED、岡山県の商店街でIoTスマート照明の実証実験--照明が人に追従

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。