IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.04.11

自動給餌&遠隔監視で離れていてもペットの健康を守る
ペット向けスマートごはんサーバー「ハチたま」が月額レンタルサービスを提供開始

BY

ペット関連サービスを展開するペットボードヘルスケアは、ペット用のスマートごはんサーバー(カメラ付き自動給餌器)「ハチたま」のレンタル提供を開始した。利用額は500円/月(税別・初期費用0円)で、湘南エリア(鎌倉市・藤沢市・茅ヶ崎市・逗子市・小田原市・平塚市・二宮町・大磯町)からスタート。順次エリアを拡大する予定だ。対象となるペットは犬と猫。

利用者には国内で唯一、ACO(AUSTRALIAN CERTIFIED ORGANIC)の認証を受けているオーガニックペットフード「アーガイルディッシュ」を特別価格で提供。安心・安全なペットの食生活を実現するとしている。

今回のサービス提供を決めた背景として、一般社団法人ペットフード協会による「平成28年全国犬猫飼育実態調査」において“あったらいいなと思う飼育サービス”の第1位に「旅行中や外出中の世話代行サービス(41%)」が挙がるように、飼い主が旅行や外出に出かけづらい状況があるという。

特に一人暮らしでペットを飼う人も多いと思うが、生き物であるペットには毎日の世話が欠かせない。そうなると、ペットの世話が滞らないよう、自由に家を空けることは難しくなるわけだ。

また、ペットにも人間のように、食生活が健康に与える影響が大きいという。そのため高品質なペットフードが求められているものの、一方で犬の3割は肥満と言われるほどで、品質に加えて「適正量」を与えることが求められているそう。

そうした背景に新サービスは応えられるとしている。

いつでもどこでも愛するペットの様子を確認したい

また、ペットを家族同様に大切にする飼い主にとって、外出中のペットの様子は気にかかるもの。「ハチたま」では、専用アプリ(無料・iOS/Android)を使うことで、スマートフォンによって留守中の様子をライブ映像で確認できる。給餌についても、アプリから自動給餌(1日4回まで)、手動給餌の操作が可能だ。

猫にも対応している。本体サイズはW195㎜×H390㎜×D215㎜(トレイの長さ18mm)

さらに、同社が展開している「ペットケアシッター」(動物看護師が飼い主の自宅でペットの健康チェックを行う)というサービスを組み合わせることで、オンライン・オフラインの両面からペットの健康をサポートする「トータルペットヘルスケア」を実現するとしている。

今後は、サービス対象エリアを横浜エリア、静岡エリアへと拡大していくそうだ。また、2017年4月15日(土)、16日(日)の二日間、神奈川県辻堂海浜公園で開催される動物愛護イベント「HUG ANIMALS」( https://www.huganimals.net/ )に出展し、予約受付を開始。実物をチェックしたい人は足を運んではいかがだろうか。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマートファクトリーのプラットフォーム化と要素技術 —第2回スマート工場EXPOレポート1
工場のIoT、セキュリティもまずは「可視化」から —第2回スマート工場EXPOレポート2
ソフトフロントジャパンとエコノミカル、トータルIoTソリューションサービス「まとめてIoT」を提供開始
2018年グローバルヘルスケアの8大トレンド(ニュース)
CES2018で感じた、コンシューマーIoTにおける“繋ぐ”価値の必要性
マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。