IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.04.07

ウェアラブルIoT 『Moff Band』で高齢者の自立支援
ウェアラブルIoTを活用した高齢者の自立支援サービス「モフトレ」の実証実験を開始

体の動きに合わせて音を出す「Moff Band」は、登場以来大きな注目を集めてきた日本発ウェアラブル端末だ。これまでMoff Bandといえば子ども向けスマートトイというイメージが強かったものの、2016年12月9日に、開発元であるMoffが三菱総合研究所(MRI)と、ウェアラブルIoTを活用したウェルネス新サービスの事業展開を目的とする業務・資本提携を締結。

さらに豊富な介護予防プログラムの実績がある早稲田エルダリーヘルス事業団が加わったことで、高齢者の自立支援を目指したプログラム「モフトレ」の開発を進め、その活用の幅は広がり始めている。

三社の協業により2017年4月3日から約2ヶ月間、新サービス「モフトレ」の実証実験を開始し、その結果をもとに製品化に向けた活動を推進していくという。

「モフトレ」は、自立支援につながる運動を高齢者に楽しく続けてもらうための新しいプログラム。体に装着したMoff Bandから、運動やレクリエーション等による体の動きのデータをリアルタイムに取得し、その動きをタブレット端末上に表示できる。データを視覚化することで運動の効果を実感しながら、楽しく運動を続けられることを目指している。

「モフトレ」のプログラムには、以下の3つのトレーニングがある。現在は、これに対応する合計約20種類のアプリを開発中とのことだ。

・日常生活動作トレーニング:トイレの時の立ち上がりなど、日常生活に必要な動きの練習
・ロコモ予防トレーニング:筋力をつけ、転びにくい体づくりを目指した手足の曲げ伸ばし運動
・レクリエーション:ゲーミフィケーション要素を取りいれた楽しいレクリエーション

スマートフォン、タブレット端末が一家に複数台ある時代において、今の子どもたちは生まれた時からデジタル機器に慣れ親しんでいるが、高齢者の場合は年齢が上がるごとに苦手意識が強くなる傾向にある。モトフレのように高齢者でも自分事として活用できるプログラムが登場することで、テクノロジーと人との親和性はより高まっていくのではないだろうか。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。