IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.04.07

ビックカメラが仮想通貨ビットコインによる決済を導入
都内2店舗へ試験導入。現金と同様にポイントも付与

BY

大手家電量販店であるビックカメラは、4月7日より仮想通貨ビットコインによる決済サービスを試験導入する。導入店舗は「ビックカメラ有楽町店」「ビックロ ビックカメラ新宿東口店」の2店舗。
国内最大のビットコイン・ブロックチェーン企業であるbitFlyerが提供するビットコイン決済サービスを採用する。

ビックカメラはこれまでも電子マネーSuicaなど多くの決済手段を導入していたが、今回、大手量販店では初となる仮想通貨による決済手段が新たに加わることになる。

両社はこれを記念して、「ビックカメラ×bitFlyer決済サービス提供開始記念Wキャンペーン」を実施する。期間中に導入店舗にてビットコインの送金/受取・購入・取引・保管するためのiOSアプリ「bitFlyer ウォレット」を使ってビットコイン決済をした先着200名に500円相当のビットコインがプレゼントされるというもの。また、かんたん店舗決済「bitWire SHOP ver2.1」に登録した中から抽選で200名にも500円相当のビットコインがプレゼントされる。

キャンペーン期間は、2017 年 4 月 7 日(金)10:00 ~ 2017 年 4 月 19 日(水)23:59となっている。

 

ビットコインも現金と同様にポイント付与対象となる

ビットコイン決済導入の背景には、ビットコインの国内普及、海外からの観光客によるビットコイン決済利用を見込んだとしており、今後、国内でも仮想通貨の流通が広がっていくという見通しを持っているようだ。

国内で仮想通貨は普及していくのか

2016年5月に資金決済法が改正され、仮想通貨が規制対象となった。元来、通貨は国家などが価値を保証することによって、価値交換媒体としての機能を有していた。しかし、仮想通貨は特定の発行者がいるわけではない為、その価値保証について不安視されることも多かった。

2014年には東京のビットコイン取引所であったマウントゴックスが破綻し、巨額のビットコインが消失したとして、その不安に拍車をかけた形となった。

しかし、この度の資金決済法の改正により、仮想通貨の定義が示され、取引業者の規制なども行われる為、見方によっては政府によるお墨付きを得たとも言えるだろう。

こうした動きを受け、仮想通貨及びその仕組みを支えるブロックチェーンへの関心が高まっている。今後は、仮想通貨を利用できる店舗・サービスなどが増えていくにつれ、価値交換媒体として認知されていき、真の通貨として機能する日も来るのだろう。

その日に向かって、今回、一般的な大手家電量販店であるビックカメラがビットコイン決済を導入するのは、大きな一歩となりそうだ。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

未来の家はこうなる?「IoTスマートホーム」の快適さを横浜の実証実験で体感してきた!
三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒
ドーワテクノス、ロームの「EnOcean」デバイスを活用したモータ監視IoTソリューションを開発
エージーテック、エッジコンピューティングを実現するIoT向けデータベース「Actian Zen Edge」を販売開始
ウインドリバーが注力するIoT時代に求められる5つの技術トレンド
KDDIや御殿場市など、富士山の登山者数や温湿度の可視化サービス
村田製作所、IoTで工場設備の非稼動要因を見える化する「m-FLIP」を提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。