IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.04.04

『&AND HOSTEL』がKDDIと共同で訪日外国人向け実証実験を開始
生体認証を組み合わせ「次世代観光体験」を目指す

「&AND HOSTEL」は、最先端IoTデバイスを1ヶ所に集結させた「日本初のスマートホステル」。近未来のIoTルームを設置することによって部屋自体がエンターテイメント空間となり、宿泊体験を観光目的の一つとして愉しむことができる。

2号目として2017年4月にオープンする「&AND HOSTEL」ASAKUSA NORTH店では、KDDIと共同で2017年4月よりマルチタッチディスプレイで観光情報を発信する訪日外国人向け実証実験を開始する。

今回の実証実験では、スマートホステル&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH店内に、近隣の観光情報が表示されたマルチタッチディスプレイを設置。画面上に表示された観光地や名産品に触れることで詳細情報を把握することができる。

 

期間中に、時間帯ごとに選択された観光地や名産品の回数を計測することで、訪日外国人の更なる観光の魅力化に向けて活用していくという。なお、今後and factory とKDDIと共同で、ホテルのフロントなどで生体情報等を登録することで、その宿泊者の国籍、性別、年代に合わせた近隣の観光情報を大型タッチディスプレイに配信する「次世代観光体験」の取り組みについても検討を進めていく。

この取り組みにより、情報提供側の一方通行なコンテンツ提供ではなく、個々人に合わせた最適かつインタラクティブなコンテンツ提供が可能となり、ストレスフリーで先進的な『情報発信』により周辺施設への効果的な『送客』及び施設間の『回遊』と、訪日外国人に立ち寄って頂ける魅力的な観光地の実現を目指していく。

【実証実験概要】
実施場所:&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH(東京都台東区日本堤2-4-7)
実施時期:平成29年4月〜平成30年3月

【&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH 概要】
住所:東京都台東区日本堤2-4-7
交通:東京メトロ日比谷線「南千住」駅徒歩6分、「三ノ輪駅」徒歩8分
面積:212.79平米
定員:36名
客室:Dormitory3,000円 / TwinRoom8,000円 / IoT SemiDouble 7,500円  / IoT TwinRoom 8,500円
公式WEBサイト : https://andhostel.jp/asakusanorth/

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

製造業のビジネスモデル変革も促す IoTデバイスのセキュリティ基盤
サイバー犯罪者は狙っている!「つながる工場」の守り方
ドイツの工作機械メーカー発のIoTプラットフォーム「AXOOM」で始める”ものづくり”の改革 ー株式会社エフエーサービス 麻生氏インタビュー
アドバンテック×日本ラッド、IIoT分野でのソリューション販売で協業を発表
ソニー、視覚的にディープラーニング設計・評価ができる開発環境。IoT対応に強み
不動産テックのライナフ、スマートロックと室内端末の無線通信について特許を取得
定期継続ビジネス向けプラットフォーム「Bplats®」を提供するビープラッツ株式会社 IoT事業者向けサービス事例「PaPeRo i コラボマーケットプレイス」[PR]
ソラコム買収だけではない、KDDIがIoTビジネス拡大に打った"先手"
アドバンテックと日本ラッドがインダストリアルIoT分野での協業を発表
IoTで注目される「LPWA」、KDDIが富士山で「見える化」したモノとは
AI時代の生産性向上に対して、日立が示した"社員幸福度"という解
IoT広告が目指す未来 第3回 実証実験から得られた、消費者インサイトとは?
日本イスラエル双方の強みをIoTソリューションでレバレッジIQPの挑戦
「IoTの雄」ソラコム、通信大手の中でKDDI傘下の道を選んだ理由
IoTレンタル自転車「Mobike」札幌でスタート-地元企業と協業し駐輪場を設置
テープストレージ市場の縮小も見直し気運に期待--IDC調査

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。