IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.03.26

IPAが「自動車の情報セキュリティへの取組みガイド」第2版を公開

2013年に第1版が公開されていた「自動車の情報セキュリティへの取組みガイド」の第2版が、2017年3月23日に公開された。

ガイドラインでは“「繋がる」自動車に情報セキュリティを”というサブタイトルがつけられている。自動車における情報処理技術の活用が進む中、いくつかの点で悪意ある攻撃の機会や脅威の増加という状況が高まっており、自動車の情報セキュリティの重要性が高まってきている。

自動車製造のメーカーだけでなく、自動車内でのユーザー体験を提供しようとするベンチャー企業なども、ガイドラインを読みこなし、安全なサービスを提供するようにしていきたい。

情報処理の観点から見た「自動車」における、セキュリティのポイントは以下の通り。

自動車システムのソフトウェア化・ネットワーク化
自動車を動かすだけでなく様々な機能を実現するために、汎用的なOSを搭載したり、ネットワーク機能の搭載といった「自動車システムのオープン化」が進んでおり、それまでの閉じた環境でのシステムでなく、パソコンと同じ仕組みのため、不正アクセスなどの攻撃の難易度を低下させる可能性が高まっている。

スマートフォンの普及
自動車とスマートフォンを連携させたシステム、サービスの提供が進んでいる。スマートフォンは高機能のアプリケーションを容易に搭載できるため、パソコンと同様のセキュリティ脅威を考慮した上で、自動車との連携を行う必要がある。

自動車システムの新しい利用形態の出現
カーシェアリングなどの新しいサービスが展開され、自動車の位置を知るためにGPSを使うことも増加しているが、不正アクセスされることで使用中の自動車がどこに立ち寄っているかといったプライバシーの侵害につながってしまう。

IPA
http://www.ipa.go.jp/security/iot/emb_car2.html

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開
IoT市場の急成長で熱視線--注目すべきエッジコンピューティング企業10社
オールジャパンで船舶IoT――NTTがエッジコンピューティングで参画
オプティム、カメラ画像解析サービス「OPTiM AI Camera」と定量データ解析サービス「OPTiM AI Prediction」を提供
思った以上に大変? IoTで集めたデータとクラウドの橋渡しに取り組む京セラ
シンプル・堅牢なエッジで日本のインダストリアルIoTを加速、日本ストラタステクノロジー
箱根湯本の老舗「ホテル おかだ」に聞く 旅館業×IoTのカギは現場にあり
Bluetoothで個人情報がバレる危険性
「見える化」のさらに先へ――SASが提案するIoT時代のデータ駆動型企業とは
IoT機器とセコム駆けつけを1つに、ソニーが月額制スマートホームサービス
KDDI、キッザニアで5G/IoTが普及した未来の職業体験を提供
IoTハッキングの危険な実情を実例から解説~SIOTPスキルアップセミナー第1回から~
チャットワークがIFTTTに対応し、600以上のサービスと連携へ
Azure MLに「自動化された機械学習」が登場
スプレッドとNTT西日本、AIやIoTを用いた共同実験を植物工場で実施
なぜPoCは失敗するのか? 「つながる町工場」3社の事例にみる成功の条件

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。