IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2016.08.29

食事だけじゃなく健康管理も! ペットとの暮らしが快適になるIoT自動給餌機

BY

平成27年度の犬猫飼育実態調査によると、全国で4世帯のうち1世帯は犬か猫を飼っているといわれている。特に最近は、猫を飼う人が増加傾向にあるようだ。

データで見ると、猫の飼育数は飼育頭数でいくとほぼ同じになりつつある(猫の場合、多頭飼いが多いようだ)。一方で、共働きが増えるなどし、ペットの面倒を細々と見切れなくなっている状況もあり、この課題をIoTで解決する取り組みが増えつつある。具体的には「餌やり」だ。

一般社団法人ペットフード協会による平成27年度の犬猫飼育実態調査

多頭飼いでも、ICチップ利用で1つの給餌機で管理できる「Catspad」

ネットワーク接続することによって、スマートフォンのアプリから給餌、給水の時刻を設定したり、ボウルが空になったら給餌することが可能。

また、自動給餌給水機能だけでなく、食べた餌の量を自動的に計測して記録する機能も備えられている。これによって、今まで把握することが難しかったペットの食事量を、データとして管理してくれるため、食べ過ぎや食欲の低下を把握し、体調不良や病気に対して素早い対処が可能となる。

この機能は専用の首輪か皮下に入れるICチップで猫を個別認識するため、猫の写真、名前、年齢などの情報を登録しておけば、多頭飼いの場合でもアプリ上で各猫ごとに管理できるという。

Catspad製品ページ
http://catspad.com/en/home/

世界初の猫顔認識技術を搭載した「CATFI」

さらにはCATFIは給餌トレイの重量を自動計測しており、猫が食事を食べ終えその場を離れると、再びトレイの重量を計測。その重量差から1回の食事で餌と水をどれだけ摂取しているかを記録してくれる。データはクラウドに自動保存されるため、飼い主はスマートフォンのアプリ上から日々の食事記録を確認できる。

外部との連携サービスも可能! カメラ付きスマート給餌機「Pixoo」

ピクスーはスマホアプリから給餌と見守りできる無線LANとカメラが搭載された犬猫用自動給餌機。現在はクラウドファンディング「MotionGallery」にて、9月21日まで先行予約受付中だ。

現在はフードの配達オーダー、トリミングやペットのお預かりサービス、動物病院などの予約サービスを提供しているが、サービスラインナップは、今後も順次追加される予定なのだとか。

Pixoo製品ページ
http://www.pixoo.io/

忙しい毎日を送る飼い主の不安や悩みを解消してくれるIoT。これからさらにペット業界の中でその規模を拡大していき、愛するペットとの幸せな暮らしをもたらしてくれるのではないだろうか。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。