IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.03.14

窓閉めたっけ? 外出先からLINE Botで戸締りチェックできるleafee Premium
Strobo社 LINE Botに対応したスマートホームセキュリティを発表

「leafee mag(リーフィー・マグ)」は、窓に貼るだけで家中の窓の戸締まりをスマホでチェックできるIoT窓センサー。ホームセキュリティの導入には高額な費用がかかるものという印象があるが、本製品の価格は1,980円(税抜)とお手頃で、本体以外に必要な機器はスマホだけという手軽さが人気となっている。

leafee magの販売を行うIoTスタートアップStrobo社は、防犯への意識が高まる一方で、若い世代や一人暮らし世帯、転居の多い家庭にとって最適なホームセキュリティサービスがないことに着目し、3月14日に新たなサービス「leafee Premium」を発表した。

注目の機能はLINE Bot連携

 

leafee Premiumは「若い世代・一人暮らしのためのホームセキュリティ」をコンセプトに、leafee magのセンサー状態のチェックや開閉時の通知を遠隔でも受け取ることができるプレミアムサービス。

ホームセキュリティというと、小さい子どもを持つファミリー世帯や高齢者の見守りとして導入される傾向にあるものの、leafee Premiumは若い世代が取り入れやすいようにLINE Botと連携し、LINEアプリ上でleafeeの機能の多くを活用することができる。

1. センサーが開閉を検知したらLINEで通知
leafee magが設置場所の開閉を検知するとユーザーのLINEへ通知する。

2.センサーの変化履歴をLINEでチェック
窓やドアの開閉履歴をLINEのチャット画面で確認できる。帰宅前に確認することで、万が一の侵入者との鉢合わせを防ぐことにも活用可能。

3. LINEアプリで家の戸締まりを確認
Botに話しかけたり、メニューでボタンを押せば戸締まり状態を確認できる。

4.LINEグループを作れば家族で使える
LINEグループを作り、leafee Botと家族を追加すれば専用アプリ をインストールしていない家族もBotに話しかけることで、センサーの状態を確認することができる。

 

【leafee Premiumサービス提供情報】
提供予定時期: 先行公開4月、正式公開年内(4月から段階的に提供機能と公開範囲を拡大していく予定)
月額料金: 980~2,000円程度(複数プラン提供予定)
Web: http://leafee.me

備考:
・当面iPhoneからのみ利用可能
・利用にはleafee Hubが必要

【leafee Hub情報】
提供予定時期: 先行公開版を4月に提供開始予定、正式版は年内提供

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減
家中の家電をIoTで操作! パナソニックのスマートHEMSは何ができるようになった?
セキュアIoT特集とは何か
ウェアラブルIoTのデータ収集から解析までワンストップで提供
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第3回 IoT/5G時代の自動運転で新たな車載半導体の始動
月額12円からのセキュアIoT通信SIM、さくらインターネットが提供
スカイディスク、設備機器のAI異常診断学習モデルをAPIで提供開始
CES2018で感じた、コンシューマー向けIoTの課題と5Gへの期待
アプトポッド、自動車の研究開発向けIoTクラウドサービスパッケージ 「Visual M2M Automotive Pro」をリリース

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。