IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.03.09

AIで新入社員の不満をスコア化。最新テクノロジーで離職を防げ!
ソラスト、FRONTEOの人工知能KIBITを活用し、新入社員の離職を防ぐ取り組みを開始

超高齢化社会を迎えている日本は、働き手となる生産年齢人口が今後大きく減少していくといわれている。また、新卒社員の場合、3人に1人以上が3年以内には離職していくともいわれており、企業にとっては人材の確保と定着が大きな課題といえるだろう。

そんな中、医療事務関連サービスを展開するソラストは、AIを活用することで新人社員の離職を防ぎ、定着率を高めていくのだという。この取り組みに活用されるのが、FRONTEOが独自に開発した人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」だ。

KIBITは人工知能関連技術のLandscapingと行動情報科学を組み合わせ、FRONTEOが独自開発した日本発の人工知能エンジン。人間の心の「機微」(KIBI)と、情報量の単位である「ビット」(BIT)を組み合わせ、「人間の機微を理解する人工知能」を意味している。テキストから文章の意味を読み取り、人の暗黙知や感覚を学ぶことで、人に代わって、判断や情報の選び方を再現することができる。

今回の取り組みにおいて、KIBITはソラストがこれまで実施してきた社員への面談記録のテキストデータを解析・学習。不安や不満を抱えている傾向がある社員のコメントを、退職につながりやすい順にスコア化してあらわしていく。これによってフォローが必要な対象者を効率的に抽出し、その後のフォロー面談につなげることが可能となる。

 

FRONTEOは、今後KIBITを活用する領域のさらなる拡大を目指し、不正の発見などリーガル分野から、営業機会の発見、情報の選別などビジネス・インテリジェンスでの利用。心の動きや行動傾向を読み取るヘルスケアでの利用に加え、ソラストとの取り組みによって人事分野での活用機会を増やしていくという。

パターン化された職業は、AI、IoT、ロボット、ビッグデータなど成長が著しいテクノロジー分野によって、将来的に人の仕事が奪われていくともいわれている。しかし、このように人事分野での活用機会が増えることによって、テクノロジー、企業、人、全ての関係性がWin-Winとなり、より最適な働き方の形も見えてくるのではないだろうか。

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

紛失防止タグ「MAMORIO」は失くさないためのIoT追跡ツール
Wi-RANシステムによる遠隔地及び中継地の情報同時収集試験成功
ダイキン工業に聞くIoT戦略、現場で実現した「25年前からの発想転換」とは
自動車産業に変革をもたらすデータ爆発 - インテルが自動運転に注力する理由
サムスン、IoT向けプロセッサ「Exynos i T200」の量産を開始
ドコモ、横浜市らとIoTスマートホームを活用した未来の家プロジェクト開始
旅行者向けIoTデバイス「TATERU Phone」の多言語音声翻訳機能を実証実験
NEC、AIで製造現場の検品業務を省力化するソリューションを販売開始
セゾン情報、IoTの接続検証施設「HULFT IoT PoC Lab.」を開設
IoTで重要なのは「データをためておくこと」--オープンイノベーションコミュニティの成果
アパートにIoT機器を手軽に導入できるキット、大家さん向けに展開 
【特別企画】富士通クラウドテクノロジーズ - ニフティクラウド&IoTのブースが盛況
Mobility × IoT × FinTechベンチャーのGMS  フィリピン国パラニャーケ市と提携
IoTで生活を快適に 横浜市×ドコモ「未来の家プロジェクト」実証実験開始
エッジ型IoTをノンプログラミングで――、インフォテリアのIoTプラットフォーム「Gravio」
インターネットに対応したドリルの安全性は?

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。