IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.03.09

AIで新入社員の不満をスコア化。最新テクノロジーで離職を防げ!
ソラスト、FRONTEOの人工知能KIBITを活用し、新入社員の離職を防ぐ取り組みを開始

超高齢化社会を迎えている日本は、働き手となる生産年齢人口が今後大きく減少していくといわれている。また、新卒社員の場合、3人に1人以上が3年以内には離職していくともいわれており、企業にとっては人材の確保と定着が大きな課題といえるだろう。

そんな中、医療事務関連サービスを展開するソラストは、AIを活用することで新人社員の離職を防ぎ、定着率を高めていくのだという。この取り組みに活用されるのが、FRONTEOが独自に開発した人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」だ。

KIBITは人工知能関連技術のLandscapingと行動情報科学を組み合わせ、FRONTEOが独自開発した日本発の人工知能エンジン。人間の心の「機微」(KIBI)と、情報量の単位である「ビット」(BIT)を組み合わせ、「人間の機微を理解する人工知能」を意味している。テキストから文章の意味を読み取り、人の暗黙知や感覚を学ぶことで、人に代わって、判断や情報の選び方を再現することができる。

今回の取り組みにおいて、KIBITはソラストがこれまで実施してきた社員への面談記録のテキストデータを解析・学習。不安や不満を抱えている傾向がある社員のコメントを、退職につながりやすい順にスコア化してあらわしていく。これによってフォローが必要な対象者を効率的に抽出し、その後のフォロー面談につなげることが可能となる。

 

FRONTEOは、今後KIBITを活用する領域のさらなる拡大を目指し、不正の発見などリーガル分野から、営業機会の発見、情報の選別などビジネス・インテリジェンスでの利用。心の動きや行動傾向を読み取るヘルスケアでの利用に加え、ソラストとの取り組みによって人事分野での活用機会を増やしていくという。

パターン化された職業は、AI、IoT、ロボット、ビッグデータなど成長が著しいテクノロジー分野によって、将来的に人の仕事が奪われていくともいわれている。しかし、このように人事分野での活用機会が増えることによって、テクノロジー、企業、人、全ての関係性がWin-Winとなり、より最適な働き方の形も見えてくるのではないだろうか。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「IoTの雄」ソラコム、通信大手の中でKDDI傘下の道を選んだ理由
IoTレンタル自転車「Mobike」札幌でスタート-地元企業と協業し駐輪場を設置
テープストレージ市場の縮小も見直し気運に期待--IDC調査
IoT時代、メトロネットワークはどう革新されるか?
Mobike、IoT自転車によるシェアバイクサービスを札幌市で開始
IoT人気記事ランキング|コマツのIoTプラットフォームLANDLOG、リンクジャパン、既存エアコンをIoT化するデバイスeRemote proなど[8/7-8/13]
自動運転の海洋版「自動運航船」、超ド級規模で出航へ
IoTで富士山登山者数を見える化 - KDDIと御殿場市が実証実験
アキバで買った50円のセンサーで4億円の削減効果! 中小製造業のIoT成功例
各種IoTモジュールを差し替え可能なスマート壁コンセント「Swidget」
充電&トラッキング機能搭載! 日本初の国産スマートラゲージ「マックスパス スマート」先行販売開始
5年以内に世界には44兆個のカメラが存在する社会になるという予測
KDDIとつくる“日本発グローバル基盤”--「ソラコムらしさがなくなることはない」
NTTデータ、MIRACLE LINUXらとIoT×エッジコンピューティング分野で協業
JVCケンウッド、次世代IoTソリューションとしてタクシー配車システム開発
KDDI、富士登山をサポートするIoTを活用した実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。