IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.03.04

人間の表情から感情を認識するAI。凸版印刷とシーエーシーが感情AIの共同開発
感情AIを活用したビジネスを2017年4月以降に開始

目まぐるしいスピードで進化し続ける世界の最先端テクノロジー。AIにおいてはAmazon Echoやソフトバンクのペッパーなどが登場し、私たちにとっても身近なものとなりつつある。

現在、新たに注目を集めている感情AIは、その名の通り人間の感情を推定・認識するAIだ。膨大な人間の表情データをもとに、その表情がどのような感情を示しているのかを機械学習によって分析してデータベース化し、そのデータベースと照合することで人間の表情から感情を認識するシステムになっている。

欧米では、すでにに多くの企業が市場調査、広告、自動車、ゲーム、ソーシャルロボット、医療などさまざまなビジネスに感情AIを利用しており、今後は日本でも幅広い分野での活用が見込まれている。

そんな中で2016年12月より、凸版印刷とシーエーシーは、マサチューセッツに本社を置くアフェクティバが提供する感情AIのサービスと、ソフトウエアを活用した共同開発をスタート。

今回カメラで表情を測定することで、感情に合わせた映像を出す、クーポンを発券する、商品をおすすめするなど、プロモーションでの活用を想定した体験用デモアプリケーションを開発した。3月7日から開催されるリテールテックJAPANのトッパングループブースで公開するという。

両社は共同開発の成果をもと、感情AIを活用したプロモーションやイベント分野でのビジネスを、2017年4月以降に開始する予定だ。

感情AIのサービスと、ソフトウエアを提供したアフェクティバは、MIT(マサチューセッツ工科大学)から誕生した感情AI市場におけるリーディングカンパニー。世界75ヵ国で400万人以上の表情を分析し、500億件に上る感情データポイントを収集しており、起業として世界最大級の表情と感情のデータを蓄積しているという。現在において、1,400以上のブランドで消費者の感情テストに用いられるなど、感情AIの市場を牽引する存在となっている。

アフェクティバの提供する感情認識ソフトウエア(イメージ)

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ネクスト・フィールド、宇都宮市でLoRaWANの実証実験、参加企業を一般公募 | IT Leaders
経産省、「生活製品におけるIoT等のデジタルツールの活用による生活の質の向上に関する研究会」報告書を公表
最新の産業用ロボット×IoTを体感できる展示場開設
GoogleのAIY Projectsがラズパイ同梱版にアップデート。段ボールIoTがこれ1つでおけまる
NEC、IoTデバイスへの不正アクセスを可視化・遮断する組み込みソフト | IT Leaders
エフセキュア、IoT&スマートホーム向けにセキュリティ機能搭載Wi-Fiルーター「F-Secure SENSE」を発表
手作りIoTからの脱却!IoT専業ベンダーによる、IoT技術者を目指す方のためのテクノロジーセミナー、開催決定![PR]
Arm、セキュアなIoTデバイス実現のため、SoCソリューション「Arm SDK-700 System Design Kit」を発表
IoTデバイス向けセキュリティ「Azure Sphere」、組み込みチップやLinux OSを提供 | IT Leaders
次世代のIoTセキュリティ標準として目指すべきものとは何か
大和ハウス、AI・IoT・ロボットを活用した物流施設「Intelligent Logistics Center PROTO」の稼働スタート
IoTがもたらす変革に期待を寄せる一方で8割以上が決断力不足を実感――ガートナーが日本企業のIoT推進を調査
NEC、IoTのエッジやデバイスの不正アクセスを見える化し遮断する「IoT Device Security Manager」を提供開始
マイクロソフト、IoT専用Linux「Azure Sphere OS」を発表
筑波大 立本教授が語る、「エコシステム」の意味とは
フジテックCIOに聞く自社アプリ開発戦略、コミュニティ参加に出張費まで出す理由

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。