IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.03.03

LINEがバーチャルホームロボットを共同開発! 目指すはAmazon EchoとGoogle Home超え
「Gatebox」開発のウィンクルを子会社化

理想の嫁と暮せるバーチャルホームロボット「Gatebox」開発元を子会社化

LINEが、「理想のキャラクターを嫁にできる!」と世界中から注目を集める、夢のバーチャルホームロボット「Gatebox」を開発しているウィンクルを子会社にした。

両社は最新のプロジェクション技術とセンシング技術を搭載する「Gatebox」および、ウィンクルの技術開発力とノウハウを生かしながら、LINEが保有する各種サービスや、クラウドAIプラットフォーム「Clova」と連携し、キャラクターとのより自然なコミュニケーションの実現やスキルの増大に取り組んでいく。

 

ウィンクルは、好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボットとして、2016年12月に日本と米国を対象に「Gatebox」を限定300台で予約販売開始。価格が29万8,000円(税別)と、IT関連ガジェットとしてかなり高価な価格設定だったにも関わらず、予約開始後わずか5日で200台、1か月経たないうちに300台が完売し、大きな話題を呼んでいた。

予約販売と同時に公開したプロモーションムービーは瞬く間に世界中のメディアに取り上げられ、現在ではYouTubeで150万再生を超えている。

 

スマートホーム市場やロボット産業が大きな盛り上がりを見せるなか、これからはAmazon EchoやGoogle Homeに代表されるようなホームロボットの家庭への急速な普及が予測される。

ウィンクルの代表 武地氏は、以前インタビューを行った際に、今後の展開として「量産体制を確立させ、より凄い体験ができるようにしたい」と語っていた。今回のLINEとの提携に伴い、ウィンクルは大規模な人材募集を行いGateboxの開発体制を大幅強化。既存のホームロボットを超える圧倒的なプロダクトへ成長させていくという。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ウフルがIoT基盤のサービス「enebular」のエンタープライズ・プランを発表
AIやロボティクス、IoT、ARなどが世界ICT投資を加速--IDC予測
米IICとIVIが産業用IoT推進で合意、共同テストベッド実施など5項目
IoTセンサーを利用した会議室の効率化対策システム─サテライトオフィス | IT Leaders
NEC、IoTシステムのエッジ層やデバイス層を保護--データ発生源から暗号化
大日本印刷、蘭ジェムアルトとIoTセキュリティ分野で協業
自動車・医療分野で急務のセキュリティ課題とは?企業の実践者たちがIoT時代のセキュリティ対策を語る
京大とローム、Wi-SUN FAN搭載IoTゲートウェイを用いBluetooth搭載機器から移動しても広範囲に情報収集できるシステムを開発
BOMなしで生産スケジュールを自動生成 - 日立、「Lumada」に産業向けソリューションを追加
日立、多品種少量生産工場が対象のソリューション2種を発表
日立情報通信エンジニアリング、IoT機器向けデータ保護ソリューション
サムスン、eSIM内蔵の追跡タグ Connect Tag発表。NB-IoTとGPSに対応し正確な位置情報を把握可能
会議室の利用効率化をIoTで手軽に実現、「ビジネスパック」をサテライトオフィスが提供
imecとADI、次世代IoTデバイスに向けた共同開発契約を締結
SAPジャパンがデジタルビジネスを推進する新サービス発表 | IT Leaders
国内IoT市場、2020年に1兆3800億円規模--適用分野は多様化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。