IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.03.03

LINEがバーチャルホームロボットを共同開発! 目指すはAmazon EchoとGoogle Home超え
「Gatebox」開発のウィンクルを子会社化

理想の嫁と暮せるバーチャルホームロボット「Gatebox」開発元を子会社化

LINEが、「理想のキャラクターを嫁にできる!」と世界中から注目を集める、夢のバーチャルホームロボット「Gatebox」を開発しているウィンクルを子会社にした。

両社は最新のプロジェクション技術とセンシング技術を搭載する「Gatebox」および、ウィンクルの技術開発力とノウハウを生かしながら、LINEが保有する各種サービスや、クラウドAIプラットフォーム「Clova」と連携し、キャラクターとのより自然なコミュニケーションの実現やスキルの増大に取り組んでいく。

 

ウィンクルは、好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボットとして、2016年12月に日本と米国を対象に「Gatebox」を限定300台で予約販売開始。価格が29万8,000円(税別)と、IT関連ガジェットとしてかなり高価な価格設定だったにも関わらず、予約開始後わずか5日で200台、1か月経たないうちに300台が完売し、大きな話題を呼んでいた。

予約販売と同時に公開したプロモーションムービーは瞬く間に世界中のメディアに取り上げられ、現在ではYouTubeで150万再生を超えている。

 

スマートホーム市場やロボット産業が大きな盛り上がりを見せるなか、これからはAmazon EchoやGoogle Homeに代表されるようなホームロボットの家庭への急速な普及が予測される。

ウィンクルの代表 武地氏は、以前インタビューを行った際に、今後の展開として「量産体制を確立させ、より凄い体験ができるようにしたい」と語っていた。今回のLINEとの提携に伴い、ウィンクルは大規模な人材募集を行いGateboxの開発体制を大幅強化。既存のホームロボットを超える圧倒的なプロダクトへ成長させていくという。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。