IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.03.02

タクシーの支払いの常識が変わる!? IoTでスマートな支払いを
"目的地へ到着前に"支払手続きを完了させるタクシー配車アプリ

タクシーに乗車し、急いでいた場合や荷物が多い場合などは、降車時の支払いでなんとなく慌ただしさを感じてしまうもの。乗車から目的地に到着するまでなら、もっとスマートに支払えるのに……。と考えている人は多いのではないだろうか?

タクシーの支払いの常識を変えたいという想いから、JapanTaxiが提供しているタクシー配車アプリ「全国タクシー」の新機能として、IoTサービス「JapanTaxi Wallet」(ジャパンタクシー ウォレット)を2017年3月1日にリリースした。

 

JapanTaxiは「IT×交通、モビリティ・イノベーション」をテーマに、タクシーを中心とした交通・モビリティ分野のソフトウェア・ハードウェア開発を行っている企業。「移動」で人を幸せにすることを目指し、ソフトとハードの両面で「タクシーの乗車体験」というユーザエクスペリエンスを徹底的に追及しているという。

今回リリースされたJapanTaxi Walletは、「全国タクシー」アプリと東京23区・武蔵野市・三鷹市で運行する日本交通のタクシー4,100台に設置されているIoT(Internet of Things)型デジタルサイネージに連動し、目的地に向かう乗車中に支払い手続きを完了することができる機能。

利用方法

【1】 全国タクシー内にて決済手段の登録
各種クレジットカードやキャリア決済が選択可能。

【2】 乗車中に支払い手続き
タブレット端末が搭載された日本交通の車両にて、タブレット端末下部に表示されている「JapanTaxi Wallet」ボタンをタップ。表示されたQRコードを全国タクシーアプリで読み取ることで支払い手続きが完了する。

①タブレット下部の「JapanTaxi Wallet」ボタンをタップ

②表示されるQRコードを全国タクシーで読み取る

③支払い手続きが完了

「全国タクシー」アプリ内メニューJapanTaxi Walletから読み取り画面を立ち上げることができる

【3】 目的地に着いたら降車
目的地に到着したら降りるだけ。紙のレシートは従来通り渡されるが、Web上で領収書を発行することも可能。

 

今後については、支払い機能のみならず、タクシー利用者にとってメリットになるような機能を搭載していく予定となっている。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減
家中の家電をIoTで操作! パナソニックのスマートHEMSは何ができるようになった?
セキュアIoT特集とは何か
ウェアラブルIoTのデータ収集から解析までワンストップで提供
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第3回 IoT/5G時代の自動運転で新たな車載半導体の始動
月額12円からのセキュアIoT通信SIM、さくらインターネットが提供

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。