IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.03.02

タクシーの支払いの常識が変わる!? IoTでスマートな支払いを
"目的地へ到着前に"支払手続きを完了させるタクシー配車アプリ

タクシーに乗車し、急いでいた場合や荷物が多い場合などは、降車時の支払いでなんとなく慌ただしさを感じてしまうもの。乗車から目的地に到着するまでなら、もっとスマートに支払えるのに……。と考えている人は多いのではないだろうか?

タクシーの支払いの常識を変えたいという想いから、JapanTaxiが提供しているタクシー配車アプリ「全国タクシー」の新機能として、IoTサービス「JapanTaxi Wallet」(ジャパンタクシー ウォレット)を2017年3月1日にリリースした。

 

JapanTaxiは「IT×交通、モビリティ・イノベーション」をテーマに、タクシーを中心とした交通・モビリティ分野のソフトウェア・ハードウェア開発を行っている企業。「移動」で人を幸せにすることを目指し、ソフトとハードの両面で「タクシーの乗車体験」というユーザエクスペリエンスを徹底的に追及しているという。

今回リリースされたJapanTaxi Walletは、「全国タクシー」アプリと東京23区・武蔵野市・三鷹市で運行する日本交通のタクシー4,100台に設置されているIoT(Internet of Things)型デジタルサイネージに連動し、目的地に向かう乗車中に支払い手続きを完了することができる機能。

利用方法

【1】 全国タクシー内にて決済手段の登録
各種クレジットカードやキャリア決済が選択可能。

【2】 乗車中に支払い手続き
タブレット端末が搭載された日本交通の車両にて、タブレット端末下部に表示されている「JapanTaxi Wallet」ボタンをタップ。表示されたQRコードを全国タクシーアプリで読み取ることで支払い手続きが完了する。

①タブレット下部の「JapanTaxi Wallet」ボタンをタップ

②表示されるQRコードを全国タクシーで読み取る

③支払い手続きが完了

「全国タクシー」アプリ内メニューJapanTaxi Walletから読み取り画面を立ち上げることができる

【3】 目的地に着いたら降車
目的地に到着したら降りるだけ。紙のレシートは従来通り渡されるが、Web上で領収書を発行することも可能。

 

今後については、支払い機能のみならず、タクシー利用者にとってメリットになるような機能を搭載していく予定となっている。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「日本発の海中光LAN」で世界をリード、JEITAが新産業を支援する「共創プログラム」とは? 
ドア全体が巨大な液晶に 未来の扉「未来ドア UPDATE GATE」
ドローンをあらゆる角度からセキュアに、「ドローンセキュリティガイド」の意義
CEC、工場IoTデータを可視化する「Visual Factory」を提供開始
セールスワン、IoT/RFIDと連携した点検管理ソリューション「StampFlow」を提供開始
OKIが考える「高度IoT社会」とは――常務執行役員・坪井氏が講演
多様なIoT無線をサポートするアドバンテックの「M2.COM」
de:code 2018の基調講演で披露された「Visual Studio」「Visual Studio Code」の新機能
SAPジャパン、業種別・テクノロジー別のSAP Leonardoアクセラレーターパッケージを国内で本格提供開始
企業IT
広島県、AIやIoTなどの実証実験の場「ひろしまサンドボックス」を始動 | IT Leaders
インテルとC3 IoTが提携--AIアプライアンス提供へ
コネクシオ、IoTシステムを迅速・簡単に構築するためのテンプレート
シーイーシー、工場IoTデータを可視化する「Visual Factory」を発表
戦略から実践へ--北米最大規模「IoTワールド2018」開催
パートナー企業とIoTビジネスを共に創るNTTコム

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。