IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.02.26

長時間滞在で管理者に通知も! KDDIがIoTで効率化
トイレの利用状況がスマホでわかるIoTクラウドサービス開始

さまざまなものがインターネットとつながり続々とIoT製品が登場する中、良く耳にするモノの1つがトイレのIoTではないだろうか。そんななかで、KDDIが2017年3月以降にトイレのIoTサービス提供を法人向けにスタートさせる。

トイレの利用状況をリアルタイムに可視化して、空室管理

IoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」は、トイレの扉に開閉センサーを設置し、リアルタイムにトイレの利用状況を可視化、トイレ待ち時間の短縮とトイレ清掃タイミングの最適化など、効率的な運用に貢献するサービス。

 

施設管理者は専用の管理画面から、トイレごとの利用率や利用時間を把握でき、利用実態の把握やトイレ清掃間隔の適正化など、効率的な運用を可能にしてくれる。これにより、従来に比べて40~50% の節水が可能になり、地球環境にも優しい上にコスト削減が図れるという。

また、トイレのドアが閉まってから30分後に管理者にアラームを鳴らすなどの設定をすることで、万が一の場合、事故の早期発見や犯罪などのトラブル防止にもなるとのこと。

滞在時間で水量をコントロールして節水管理

KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」は、トイレの配管のフラッシュバルブと個室内コントローラーが連動し、最適な流量で水量をコントロールできるサービス。

 

トイレブース内にセンサーを設置し利用者が滞在する時間を計測。滞在時間の長さに応じて大用・小用を判断し、それぞれに必要な水量を流し分けることで、ムダな洗浄水を削減してくれる。

トイレの利用データを測定しクラウドに保存することで、管理者は節水量や節電量を閲覧でき、導入前後の用水量や節減金額を見える化することで、導入効果を正確に把握することができる。

トイレをIoT化すれば、確かに管理やメンテナンスなどは非常に快適になる。しかし、可視化するのなら管理者と利用者、互いの顔が見えない大型施設や安全対策の必要な介護施設などが最適だろう。もし全員の顔がわかる規模感のオフィスで導入した場合、「あの人トイレ長いのよね」「意外と頻尿?」と思われたらどうしよう……なんて考えてしまい、安心してトイレに入れなくなってしまいそうだ。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT人気記事ランキング|ソニーのディープラーニング統合開発環境「Neural Network Console」無償提供開始、NTTデータら「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を発足、など[8/14-8/20]
家庭向けIoTの集大成!? “スマートホーム”を携帯キャリア各社が手掛ける意味とは【俺たちのIoT】
川崎重工のPaaSによる運用基盤--「ビジネスモデル変革」に必須システム
ソルティスター、IoTにおけるエッジコンピューティング向けミドルウェアがAzureと連携
バルテス、IoTセキュリティ診断 本格サービス開始
ゼネテック、モニタリングサービス「GC遠隔稼働監視ソリューション「GC遠隔稼働監視ソリューション」提供開始
アグレックス、“IoTの先”の導入を支援する「IoC PoCサービス」
製造業のビジネスモデル変革も促す IoTデバイスのセキュリティ基盤
サイバー犯罪者は狙っている!「つながる工場」の守り方
ドイツの工作機械メーカー発のIoTプラットフォーム「AXOOM」で始める”ものづくり”の改革 ー株式会社エフエーサービス 麻生氏インタビュー
アドバンテック×日本ラッド、IIoT分野でのソリューション販売で協業を発表
ソニー、視覚的にディープラーニング設計・評価ができる開発環境。IoT対応に強み
不動産テックのライナフ、スマートロックと室内端末の無線通信について特許を取得
定期継続ビジネス向けプラットフォーム「Bplats®」を提供するビープラッツ株式会社 IoT事業者向けサービス事例「PaPeRo i コラボマーケットプレイス」[PR]
ソラコム買収だけではない、KDDIがIoTビジネス拡大に打った"先手"
アドバンテックと日本ラッドがインダストリアルIoT分野での協業を発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。