IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.02.26

長時間滞在で管理者に通知も! KDDIがIoTで効率化
トイレの利用状況がスマホでわかるIoTクラウドサービス開始

さまざまなものがインターネットとつながり続々とIoT製品が登場する中、良く耳にするモノの1つがトイレのIoTではないだろうか。そんななかで、KDDIが2017年3月以降にトイレのIoTサービス提供を法人向けにスタートさせる。

トイレの利用状況をリアルタイムに可視化して、空室管理

IoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」は、トイレの扉に開閉センサーを設置し、リアルタイムにトイレの利用状況を可視化、トイレ待ち時間の短縮とトイレ清掃タイミングの最適化など、効率的な運用に貢献するサービス。

 

施設管理者は専用の管理画面から、トイレごとの利用率や利用時間を把握でき、利用実態の把握やトイレ清掃間隔の適正化など、効率的な運用を可能にしてくれる。これにより、従来に比べて40~50% の節水が可能になり、地球環境にも優しい上にコスト削減が図れるという。

また、トイレのドアが閉まってから30分後に管理者にアラームを鳴らすなどの設定をすることで、万が一の場合、事故の早期発見や犯罪などのトラブル防止にもなるとのこと。

滞在時間で水量をコントロールして節水管理

KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」は、トイレの配管のフラッシュバルブと個室内コントローラーが連動し、最適な流量で水量をコントロールできるサービス。

 

トイレブース内にセンサーを設置し利用者が滞在する時間を計測。滞在時間の長さに応じて大用・小用を判断し、それぞれに必要な水量を流し分けることで、ムダな洗浄水を削減してくれる。

トイレの利用データを測定しクラウドに保存することで、管理者は節水量や節電量を閲覧でき、導入前後の用水量や節減金額を見える化することで、導入効果を正確に把握することができる。

トイレをIoT化すれば、確かに管理やメンテナンスなどは非常に快適になる。しかし、可視化するのなら管理者と利用者、互いの顔が見えない大型施設や安全対策の必要な介護施設などが最適だろう。もし全員の顔がわかる規模感のオフィスで導入した場合、「あの人トイレ長いのよね」「意外と頻尿?」と思われたらどうしよう……なんて考えてしまい、安心してトイレに入れなくなってしまいそうだ。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

未来の家はこうなる?「IoTスマートホーム」の快適さを横浜の実証実験で体感してきた!
三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒
ドーワテクノス、ロームの「EnOcean」デバイスを活用したモータ監視IoTソリューションを開発
エージーテック、エッジコンピューティングを実現するIoT向けデータベース「Actian Zen Edge」を販売開始
ウインドリバーが注力するIoT時代に求められる5つの技術トレンド
KDDIや御殿場市など、富士山の登山者数や温湿度の可視化サービス
村田製作所、IoTで工場設備の非稼動要因を見える化する「m-FLIP」を提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。