IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.02.24

本日から先行発売! IoT多機能LEDライトで震災から身を守る
地震が来る前に“ブザー”や“自動点灯”でお知らせ

ブラザーエンタープライズ(以下BEP)は、スマートフォンと連動したIoT多機能LEDライト「MAmoria it」を5月より発売。これに先駆け、全国のauショップで本日から先行発売が開始された。

東日本大震災以降、災害に備える家庭も増えた。「防災意識と備えの実態調査(2017年2月マクロミル調べ)」によると、83%もの人が何かしらの備えをしているという。今回紹介するIoT 多機能LEDライト「MAmoria it」も備えておくと便利な製品だ。

「MAmoria it」は、BEPが遊戯機器で培ったライト技術を生かし、揺れを感知して自動で点灯する多機能LEDライト「マモリア」シリーズの第3弾。専用アプリをダウンロードすると、スマートフォンから緊急地震速報や毎日の天気情報を入手して知らせてくれる。

大きな地震は“ブザー”と“ライト”でお知らせ

緊急地震速報をスマートフォンが受信すると、MAmoria itと同期してブザーが鳴る。さらにLEDライトも点灯して揺れる前に知らせてくれるので、スマートフォンやMAmoria itのブザーが聞こえにくい年配の方や、耳の不自由な方でも、慌てずに対処できる。また、従来のシリーズ同様、BEP独自技術の検振装置を内蔵しているため、震度4相当の揺れがあった場合も自動で点灯し、地震による急な停電時でも足元や周辺を明るく照らしてくれる。

ホルダーから外すと懐中電灯に

今日は何色? LEDの色で知らせてくれる毎日の天気

毎日の天気情報をスマートフォンが入手しMAmoria itと同期。晴れの場合は赤色、曇りの場合は白色、雨の場合は青色、雪の場合は黄色に点滅するので、スマートフォンを見なくてもMAmoria itを見れば天気が分かる。

晴れの日は赤色に点灯

さらに、MAmoria itにスマートフォンをタッチするか、ボタン長押しすると、お天気カレンダーがスマートフォンに表示され、今日・明日・明後日の3時間ごとの天気や1週間の天気情報が分かる。

スマートフォンでタッチすると天気情報を表示

電池残量チェック不要。少なくなったらスマホへ通知

MAmoria it本体の電池残量が少ないことをスマートフォン経由で知ることができるため、いざという時、電池切れで機能しないという心配は無い。

今回の製品ではLEDライトをIoT化することで、大きな地震が来る前に音だけではなく点灯して知らせてくれるようになった。今後もさまざまな防災グッズがIoT化されることで、より精度の高い防災が行えるようになるだろう。

■製品仕様
名称:MAmoria it
発売予定日:オンライン発売:5月予定、auショップ:2月24日
希望小売価格:3,980円(税抜)
取扱い:auショップ(au+1 collection SELECT)およびオンライン販売
電源:単三形乾電池×2本
重量:本体 約140g(電池含む)
:ホルダー約75g
点灯保持時間:検振時 約30分
検振の目安:震度4相当

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT人気記事ランキング|ソニーのディープラーニング統合開発環境「Neural Network Console」無償提供開始、NTTデータら「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を発足、など[8/14-8/20]
家庭向けIoTの集大成!? “スマートホーム”を携帯キャリア各社が手掛ける意味とは【俺たちのIoT】
川崎重工のPaaSによる運用基盤--「ビジネスモデル変革」に必須システム
ソルティスター、IoTにおけるエッジコンピューティング向けミドルウェアがAzureと連携
バルテス、IoTセキュリティ診断 本格サービス開始
ゼネテック、モニタリングサービス「GC遠隔稼働監視ソリューション「GC遠隔稼働監視ソリューション」提供開始
アグレックス、“IoTの先”の導入を支援する「IoC PoCサービス」
製造業のビジネスモデル変革も促す IoTデバイスのセキュリティ基盤
サイバー犯罪者は狙っている!「つながる工場」の守り方
ドイツの工作機械メーカー発のIoTプラットフォーム「AXOOM」で始める”ものづくり”の改革 ー株式会社エフエーサービス 麻生氏インタビュー
アドバンテック×日本ラッド、IIoT分野でのソリューション販売で協業を発表
ソニー、視覚的にディープラーニング設計・評価ができる開発環境。IoT対応に強み
不動産テックのライナフ、スマートロックと室内端末の無線通信について特許を取得
定期継続ビジネス向けプラットフォーム「Bplats®」を提供するビープラッツ株式会社 IoT事業者向けサービス事例「PaPeRo i コラボマーケットプレイス」[PR]
ソラコム買収だけではない、KDDIがIoTビジネス拡大に打った"先手"
アドバンテックと日本ラッドがインダストリアルIoT分野での協業を発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。