IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.02.17

ファーウェイとドイツポストDHL、IoT分野で提携
市場規模1.9兆米ドルのコネクテッド・ロジスティクス市場に注力

ファーウェイは2月14日、国際物流・郵便大手のドイツポストDHLサプライチェーンと、産業グレードのIoTデバイスとインフラストラクチャを活用した広範なサプライチェーン・ソリューションを展開することに合意したことを発表した。

IoTは世界の物流業界において、2025年までに最大1.9兆米ドルの経済価値を生み出す可能性を秘めており、物流各社はネットワークに接続された安価なセンサーやデバイスを活用することで、サプライチェーン・プロセスをより最適な形で監視および最適化することが可能になる。

ファーウェイとDHLは今回の合意を受けて、移動体通信をベースとしたIoT技術に焦点を当てて共同イノベーション・プロジェクトを進め、最小限の消費電力で遠隔地にある大量のデバイスとの通信を実現していく。

接続性が向上することにより、倉庫業務、貨物輸送、ラスト・ワンマイルの配送における重要なデータの提供や可視化が可能となり、より統合された物流バリュー・チェーンを実現できる見込みとなっている。DHLサプライチェーンの最高執行責任者兼最高情報責任者であるマルクス・フォス(Markus Voss)氏は次のように述べている。

「コネクテッド・ロジスティクス・ソリューションへの支出額は、2020年に現在の2倍以上になると期待されており、DHLをはじめとした多くの物流企業がすでに自社のサプライ・チェーンにおいて、高度な資産追跡から自動運転車による配送などあらゆる面でのIoT活用を模索し始めています。今回の合意を通じて、世界有数のIoTデバイスとネットワーク、さらにはエンドー・ツー・エンドのサプライチェーン管理における知見を融合することで、ファーウェイとDHLの両社はオペレーションやビジネスにおける複雑な課題に対処することができるようになるでしょう」

ファーウェイは今回の合意を踏まえ、DHLがファーウェイのIoTデバイスと、通信に関する専門知識を備えた人材、ネットワーク・インフラストラクチャを活用できるようにするとともに、より高度なセンシングや自動化機能を倉庫業務、貨物輸送、ラストワンマイルの配送サービスに導入するための継続的な取り組みを進めていく。

また両社は欧州と中国での商用パイロット・プロジェクトなどを通じて、こうしたイノベーションの成果の商用化と販売に向けた取り組みでも協力していくという。ファーウェイ法人向けICTソリューション・グループ プレジデント兼ファーウェイ・ジャパン代表取締役会長である閻力大(エン・リダ)は、次のように述べている。

「ファーウェイは、クラウド-パイプ-デバイスにまたがる強みを活かし、オープン性、柔軟性、弾力性、安全性を備えた基盤を構築し、顧客企業が実際のサービス・シナリオに応じて容易にアプリケーションを統合・開発できるように支援しています。今回の提携は、グローバル・サプライチェーンにおける効率性、安全性、顧客サービスをこれまでには不可能だった方法で向上する機会をもたらすとともに、重要なイノベーションが期待される今後数年でIoTが物流業界の将来をどう再定義するかを決定づけるものとなるでしょう」

ファーウェイはデバイスとセンサーをどこからでも接続できるネットワークと、IoT空間におけるビッグデータの処理を最適化するクラウド・コンピューティング・インフラストラクチャの提供に注力している。現在はDHLのほか、通信や製造業界をリードする企業との協業を通じて、IoTがもたらす市場トレンドやビジネス・チャンスへの対応を進めている。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマートファクトリーのプラットフォーム化と要素技術 —第2回スマート工場EXPOレポート1
工場のIoT、セキュリティもまずは「可視化」から —第2回スマート工場EXPOレポート2
ソフトフロントジャパンとエコノミカル、トータルIoTソリューションサービス「まとめてIoT」を提供開始
2018年グローバルヘルスケアの8大トレンド(ニュース)
CES2018で感じた、コンシューマーIoTにおける“繋ぐ”価値の必要性
マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。