IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.02.17

ファーウェイとドイツポストDHL、IoT分野で提携
市場規模1.9兆米ドルのコネクテッド・ロジスティクス市場に注力

ファーウェイは2月14日、国際物流・郵便大手のドイツポストDHLサプライチェーンと、産業グレードのIoTデバイスとインフラストラクチャを活用した広範なサプライチェーン・ソリューションを展開することに合意したことを発表した。

IoTは世界の物流業界において、2025年までに最大1.9兆米ドルの経済価値を生み出す可能性を秘めており、物流各社はネットワークに接続された安価なセンサーやデバイスを活用することで、サプライチェーン・プロセスをより最適な形で監視および最適化することが可能になる。

ファーウェイとDHLは今回の合意を受けて、移動体通信をベースとしたIoT技術に焦点を当てて共同イノベーション・プロジェクトを進め、最小限の消費電力で遠隔地にある大量のデバイスとの通信を実現していく。

接続性が向上することにより、倉庫業務、貨物輸送、ラスト・ワンマイルの配送における重要なデータの提供や可視化が可能となり、より統合された物流バリュー・チェーンを実現できる見込みとなっている。DHLサプライチェーンの最高執行責任者兼最高情報責任者であるマルクス・フォス(Markus Voss)氏は次のように述べている。

「コネクテッド・ロジスティクス・ソリューションへの支出額は、2020年に現在の2倍以上になると期待されており、DHLをはじめとした多くの物流企業がすでに自社のサプライ・チェーンにおいて、高度な資産追跡から自動運転車による配送などあらゆる面でのIoT活用を模索し始めています。今回の合意を通じて、世界有数のIoTデバイスとネットワーク、さらにはエンドー・ツー・エンドのサプライチェーン管理における知見を融合することで、ファーウェイとDHLの両社はオペレーションやビジネスにおける複雑な課題に対処することができるようになるでしょう」

ファーウェイは今回の合意を踏まえ、DHLがファーウェイのIoTデバイスと、通信に関する専門知識を備えた人材、ネットワーク・インフラストラクチャを活用できるようにするとともに、より高度なセンシングや自動化機能を倉庫業務、貨物輸送、ラストワンマイルの配送サービスに導入するための継続的な取り組みを進めていく。

また両社は欧州と中国での商用パイロット・プロジェクトなどを通じて、こうしたイノベーションの成果の商用化と販売に向けた取り組みでも協力していくという。ファーウェイ法人向けICTソリューション・グループ プレジデント兼ファーウェイ・ジャパン代表取締役会長である閻力大(エン・リダ)は、次のように述べている。

「ファーウェイは、クラウド-パイプ-デバイスにまたがる強みを活かし、オープン性、柔軟性、弾力性、安全性を備えた基盤を構築し、顧客企業が実際のサービス・シナリオに応じて容易にアプリケーションを統合・開発できるように支援しています。今回の提携は、グローバル・サプライチェーンにおける効率性、安全性、顧客サービスをこれまでには不可能だった方法で向上する機会をもたらすとともに、重要なイノベーションが期待される今後数年でIoTが物流業界の将来をどう再定義するかを決定づけるものとなるでしょう」

ファーウェイはデバイスとセンサーをどこからでも接続できるネットワークと、IoT空間におけるビッグデータの処理を最適化するクラウド・コンピューティング・インフラストラクチャの提供に注力している。現在はDHLのほか、通信や製造業界をリードする企業との協業を通じて、IoTがもたらす市場トレンドやビジネス・チャンスへの対応を進めている。

あわせてお読みください

AD

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日
AD

あわせてお読みください

IoTニュース

富士通やNECら、「IoTおもてなしクラウド OPaaS.io」を構築
ソラコム、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」を欧州でサービス提供開始
Colt、NECネッツエスアイの 「IoTプラットフォームサービス on Azure」で協業
日立、製造現場でのIoT活用 最前線 -B-EN-G IoT Forum 2017 / mcframe Day 2017 レポート
独HERE、自動運転車向け地図プラットフォームをクラウド提供、IoT分野での活用も視野に Intelが出資、Microsoft、NVIDIA、パイオニアとも提携
IoTがもたらすセキュリティの変化に、企業はどう対応していくべきか
IoTの「Things」入門 [4] BLEは2へんげ
富士通やNECなど、利用者の属性情報を仲介するIoTおもてなしクラウド「OPaaS.io」の運用開始
スカイディスクと台湾Kiwitec、LoRaWANを使用したIoT関連製品・サービスの研究開発に関する基本合意書締結
セコムとKDDI、次世代移動通信システム「5G」の技術実証で提携
IoTシステムなど組み込み機器向け、セキュリティ重視の「KasperskyOS」が提供開始へ
ソフトバンク傘下のARM、NB-IoT向けモデム提供へ
進むスマートグリッド。IoTとクラウドを組み合わせたIBMの電力計測システム
センシグナル、IoT向け通信プラットフォーム「NETDWARF」を開発
国内IoT市場は2021年までに11兆円規模に成長──IDC調査
そのIoTデバイス、本当に10年動きますか? キーサイト・テクノロジー インタビュー②[PR]

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。