IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.02.09

IoTで“お・も・て・な・し” 浅草おもてなしプロジェクト
指先ひとつでストレスフリーな決済を実現する「Touch&Pay」

経済産業省はが訪日外国人を対象に「IoT活用おもてなし実証事業」を2016年10月より開始している。

この取り組みは、IoTを活用しながらサービス事業者同士が情報を共有・活用して質の高いサービスを提供できる仕組み「おもてなしプラットフォーム」を構築し、訪日外国人の旅行者数・旅行消費額増大を目指すというものだ。

2020年に開催される東京オリンピックまでに社会実装をすることを目標に、関東・関西・九州の3地域で実証を行いながら、より良いサービスを受けられる環境整備が進められている。

そんな中、株式会社株式会社Liquidは、プロジェクト協力企業と共同で、2017年2月10日・11日に訪日外国人旅行者の受入れを想定した「浅草おもてなしプロジェクト」モニターツアー(以下、おもてなしツアー)の実施をスタートさせる。

ツアーでは、羽田空港から隅田川船着場までの移動に舟運を活用することで、羽田空港から浅草六区までの新たな動線を創出。また、『興行街』として再生を進める浅草六区と浅草奥山の協力を得て、エンターテインメント分野を中心に、「通信」・「通貨」・「言語」・「認証」・「体験プログラム」という観点から整備された訪日外国人旅行者のための受入れ環境を体験できる。

今回のおもてなしツアーにおいて、羽田空港から墨田川船着場までの移動中、「IoT活用おもてなし実証事業」の委託を受けたシステム「Touch&Pay」を利用したパスポート・指紋登録サービスが提供される。

「Touch&Pay」は事前に指紋の登録をすることにより、指紋認証で決済をおこなったり、チェックインを行ったりと、指先ひとつでストレスフリーな手続きを実現してくれるというものこれによって、浅草に到着した訪日外国人観光客は、飲食やお土産を購入する際に、指先をタッチするだけでスムーズな決済が可能となる。

Touch&Pay使用の様子

さらに、訪日外国人観光客が購入した免税対象商品を「Touch&Pay」の認証機能を応用し、一括免税を可能とするサービスを検証実施。観光において、面倒な手続きである免税手続きを簡単に行うことができるようになり、「おもてなし」を実現していくという。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ドコモが考える「エッジコンピューティング」、地産地消型IoTから開始
IoT/AIによる、小売業の「買われ方」の変化 [Premium]
各種社会リスクの軽減のため、超ビッグデータプラットフォームを構築-京大
サイバー攻撃の被害は物理世界におよぶ - 境界線を超えるIoT
スマートスピーカーとも連携! IoTリモコン「Nature Remo」
AppleとGEが提携、iOS上で動作する「Predix」の産業用IoTアプリの開発を加速
デバイスの進化に柔軟に対応するIoT基盤のエンタープライズ版を発表―ウフル | IT Leaders
【特別企画】インテリジェントホームがGoogle Homeとの連携でもっと直感的に - イッツ・コミュニケーションズ、スマートコントローラーを10月6日より提供開始
日立産業制御、設置するだけでIoT機器などのデータ通信を保護する暗号化アプライアンス「S.COATBOX/DS」
ドコモ、VR空間を複数人でリアルタイム共有できるシステム
AIとIoTを活用した新たな自動車アフターマーケットのカタチ…オートバックスセブン
ウフルがIoT基盤のサービス「enebular」のエンタープライズ・プランを発表
AIやロボティクス、IoT、ARなどが世界ICT投資を加速--IDC予測
米IICとIVIが産業用IoT推進で合意、共同テストベッド実施など5項目
IoTセンサーを利用した会議室の効率化対策システム─サテライトオフィス | IT Leaders
NEC、IoTシステムのエッジ層やデバイス層を保護--データ発生源から暗号化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。