IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.02.01

IoTもランクイン。2017年の「情報セキュリティ10大脅威」
機能だけでなくセキュリティ面の技術向上が求められている

情報処理推進機構(IPA)は1月31日、「情報セキュリティ10大脅威 2017」を発表した。

「情報セキュリティ10大脅威 2017」は、2016年に発生した社会的に影響が大きかった情報セキュリティ事案の中からIPAが候補を選出し、10大脅威選考会が「個人」と「組織」という異なる視点でランク付けしたもの。
「10大脅威選考会」は、情報セキュリティ分野の研究者や、企業の実務担当者など約100人の専門的な知識を持ったメンバーでそろえられている。

「情報セキュリティ10大脅威 2017」の個人と組織別のランキング(出典:IPA)

今年の1位は去年と同じく、個人が「インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用」、組織が「標準型攻撃による情報流出」となる中、2位はどちらもランサムウェアによる被害がランクインしている。
ランサムウェアによる被害は、個人は去年と同様の結果だが組織は7位からの大幅アップ。業種規模問わず感染する可能性があるランサムウェアは、個人、企業を問わず大きな脅威となっている。

また、今年はIoT機器の脅威が個人では10位に、組織では8位に初めてランクイン。
2016年に「Mirai」と呼ばれるマルウェアにより、IoT機器が大規模なDDoS攻撃に使われた事案では、IoT機器のメーカーがリコールに迫られたり、標的となったDNSサーバを利用していたネットサービスが、数時間にわたって接続しにくくなるなど被害が広範囲にわたった。「個人」の場合は、機器への適切な設定が必要であることを知らなかったため、DDoS攻撃の踏み台になってしまったり、ネットができなくなるなどの影響があったという。

ものすごいスピードで進むIoT社会において、機能面だけでなく、セキュリティ面においても技術向上を図る必要がありそうだ。

なお、今回のランキングに関する詳しい解説は、3月上旬に公開予定となっている。

IPA 「情報セキュリティ10大脅威 2017」の順位を発表
https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2017.html

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ
AWS re:Invent 2017 MLとIoTの発表: Amazon SageMaker, AWS DeepLens, IoT Device Manager
IoT人気記事ランキング|国際ロボット展レポート、スマートウォッチwena wristの新モデル発売など[12/4-12/10]
ウフル八子知礼氏に聞く、ものづくり企業が「IoTプラットフォーム」を構築すべき理由
グラモ、スマートスピーカーと連携、IoTスマートホーム自動制御システムを開発
路線バスの危険運転を顔認識で防ぐ、KDDI開発のIoTソリューション
[12/19] IoTパートナーコミュニティフォーラム 2017 虎ノ門ヒルズにて開催[PR]
NEC、IoTプラットフォーム「Predix」を活用した肥料プラントの運転・保全最適化システムをTOYOに納入
クアルコムとバイドゥが提携--スマホやIoT機器の音声AIアシスタントを改良へ
アマゾン、エッジデバイス向けに6つのIoTサービス群を発表
“泥にまみれて”農業IoTを実践する--IIJの取り組み

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。