IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.02.01

IoTもランクイン。2017年の「情報セキュリティ10大脅威」
機能だけでなくセキュリティ面の技術向上が求められている

情報処理推進機構(IPA)は1月31日、「情報セキュリティ10大脅威 2017」を発表した。

「情報セキュリティ10大脅威 2017」は、2016年に発生した社会的に影響が大きかった情報セキュリティ事案の中からIPAが候補を選出し、10大脅威選考会が「個人」と「組織」という異なる視点でランク付けしたもの。
「10大脅威選考会」は、情報セキュリティ分野の研究者や、企業の実務担当者など約100人の専門的な知識を持ったメンバーでそろえられている。

「情報セキュリティ10大脅威 2017」の個人と組織別のランキング(出典:IPA)

今年の1位は去年と同じく、個人が「インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用」、組織が「標準型攻撃による情報流出」となる中、2位はどちらもランサムウェアによる被害がランクインしている。
ランサムウェアによる被害は、個人は去年と同様の結果だが組織は7位からの大幅アップ。業種規模問わず感染する可能性があるランサムウェアは、個人、企業を問わず大きな脅威となっている。

また、今年はIoT機器の脅威が個人では10位に、組織では8位に初めてランクイン。
2016年に「Mirai」と呼ばれるマルウェアにより、IoT機器が大規模なDDoS攻撃に使われた事案では、IoT機器のメーカーがリコールに迫られたり、標的となったDNSサーバを利用していたネットサービスが、数時間にわたって接続しにくくなるなど被害が広範囲にわたった。「個人」の場合は、機器への適切な設定が必要であることを知らなかったため、DDoS攻撃の踏み台になってしまったり、ネットができなくなるなどの影響があったという。

ものすごいスピードで進むIoT社会において、機能面だけでなく、セキュリティ面においても技術向上を図る必要がありそうだ。

なお、今回のランキングに関する詳しい解説は、3月上旬に公開予定となっている。

IPA 「情報セキュリティ10大脅威 2017」の順位を発表
https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2017.html

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンクのNB-IoT戦略――月額10円~で全国展開
NECら、加古川市でスマートシティプロジェクト - 見守りサービス導入
IoTデバイス・サービスを顧客とマッチング、ソフトバンクが約140社と「パートナープログラム」
IoT時代のビルシステム向けセキュリティ対策、NTTセキュリティらが提供
Microsoftとタッグを組んだWalmart 対Amazonで譲れるものと譲れないもの
アサヒ電子・TIS・ブリスコラ、脈波・血管年齢を算出するアルゴリズムとデータを収集・活用向けIoTプラットフォーム/APIゲートウェイを共同開発
三井不動産が東京・日本橋でIoT実証実験、センスウェイのLoRaWANを活用
丸紅情報システムズ、IoTデバイス向け軽量暗号「Speck」に対応する暗号鍵保護ソフトウェアを提供
OKI、IoTやAIを活用しビジネスモデルの再構築を支援する店舗デジタル変革製品を提供 | IT Leaders
ソラコム初のピッチイベント、Moffなど注目IoTスタートアップ登壇
IoT人気記事ランキング|NECが少量の収集データで活用可能な機械学習技術を開発、など[7/9-7/15]
「スマートスピーカーに飽きた人にも使って欲しい」──au HOMEが機能拡充、Alexa対応
ソフトバンク、顧客とパートナーをマッチングさせIoTビジネスの拡大を図るプログラム
西松建設、LPWAとIoT技術を用いた農業分野向け計測監視システムの実証実験を開始
GEとMicrosoftが提携を拡大、インダストリアルIoTソリューションを共同で推進
ウォルマートがマイクロソフトと戦略的提携--Azureなど活用、小売のデジタル変革加速へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。