IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.01.31

株価が高い「攻めのIT経営銘柄」に注目
今年はIoTへの取り組みが評価の大きなポイント

IT急速な進展によって、あらゆるビジネスモデルがものすごいスピードで変革している今、日本企業が世界で勝ち抜いていくためには、サーバの保守や安定したイントラネットの運営などといった「守り」のIT投資にとどまらず、企業価値の向上や競争力強化に結びつく戦略的な「攻めのIT投資」を行っていくことが求められている。

経済産業省はこうした背景のもと、東京証券取引所と共同で上場企業の中から特に優れた「攻めのIT経営」を実践している企業を「攻めのIT経営銘柄」として選定している。

こうして新たなビジネスや価値を創出している企業を評価することで、さらに企業の「攻め」の姿勢を促進し国際競争力を高めていく。これが経済産業省の目的である。

「攻めのIT経営銘柄」は2015年から毎年実施され、今回で3回目となる。
2016年は、システム導入での効率化やクラウドへの取り組みなど、IT投資と体制づくりを評価された企業として大和ハウス工業、東レ、花王、日産自動車などといった多様な業種の企業26銘柄が選定されている。選定された会社の株価が日経平均に比べて高くなる傾向が見られるなど、株式取引の面でも注目度が高い。

今回はシステム導入やクラウドだけでなく「IoT」「ビッグデータ」「AI」の活用が大きな評価基準となっている。過去2年とは異なった分野の企業が選定される可能性もあるのではないだろうか。
最終的な選定の発表は5月下旬を予定している。


経済産業省:
「攻めのIT経営銘柄2017」を実施します!~IT活用により新しいビジネスや価値を生み出す取組を高評価~
http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161220002/20161220002.html

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減
家中の家電をIoTで操作! パナソニックのスマートHEMSは何ができるようになった?
セキュアIoT特集とは何か
ウェアラブルIoTのデータ収集から解析までワンストップで提供
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第3回 IoT/5G時代の自動運転で新たな車載半導体の始動
月額12円からのセキュアIoT通信SIM、さくらインターネットが提供
スカイディスク、設備機器のAI異常診断学習モデルをAPIで提供開始
CES2018で感じた、コンシューマー向けIoTの課題と5Gへの期待
アプトポッド、自動車の研究開発向けIoTクラウドサービスパッケージ 「Visual M2M Automotive Pro」をリリース

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。