IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.01.30

innovators 情熱のカラクリ 第4回:Wistiki SAS リュサト3兄弟
人生にとって無駄なものは“モノを探す時間”

先日こちらの(きっかけは飼い猫の迷子。フランスで大反響のIoTとは)記事で紹介した、フランスWistiki SASの探し物スマートアクセサリー「Wistiki(ウィスティキ)」。墨田区の「アサヒビール スーパードライホール」などを手がけた世界的なクリエーター、フィリップ・スタルク氏によるデザインが注目されているIoT製品だがその開発にはフランス人3兄弟によるこだわりが詰められている。

創業者のリュサト3兄弟 左からブリュノ氏/ユーゴ氏/テオ氏

こだわり抜いた素材はシャネルの香水と同じ

WistikiはスマートフォンやタブレットのBluetooth機能と連動させることで、音や地図上などで探し物をサポートしてくれるスマートアクセサリー。防水加工された素材の一部にはシャネルの香水と同じ素材が使われるなど、質感と機能美を追求したデザインはラグジュアリーブランドを手がける企業で行われている。ファッションの一部としても手に取りたくなるWistikiは、機能だけでなくデザインにまでこだわり抜いたメイドインフランスの製品だ。

Wistiki by Starck 「アッハ!」

2013年の創業後、2014年にクラウドファンディングを立ち上げると目標額の400%を達成。さらにその翌年にはスマートアクセサリーのマーケットシェア90%以上を獲得するなど、フランスで大反響を呼んだWistiki。続々と増えてきている他社の探し物を発見してくれるデバイスやサービスと、一体何が違うのだろうか?

新製品発表会のため来日していた創業者のリュサト3兄弟に、開発の経緯やこだわりについて、詳しく話しを聞くことができた。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

アクセルラボから1万円台でスマートホームを構築できるキット--Makuakeでプロジェクト開始
LIXIL、スマート宅配ポストをはじめ、IoT化した様々な建材や機器を連携させる「Life Assist(ライフアシスト)」
KDDI、モノの残量が減ると自動発注してくれるIoTサービス「マットセンサー」を提供
コンビニなど異業種も参加、最新技術が集結する「CEATEC」16日開幕
IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
人の流れをビジュアル化するシステムと、免震構造のVR体験が可能な竹中工務店のブース【CEATEC JAPAN 2018】
伊勢の老舗も導入するIoTスケール「スマートマット」が登場
【CEATEC JAPAN 2018】クルマ関連の展示もあり。テクノロジーで実現する未来を感じるCPS/IoTの総合展「CEATEC JAPAN 2018」10月16日開幕
ローソンが実現したい“未来のコンビニの姿”
IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開
IoT市場の急成長で熱視線--注目すべきエッジコンピューティング企業10社
オールジャパンで船舶IoT――NTTがエッジコンピューティングで参画
オプティム、カメラ画像解析サービス「OPTiM AI Camera」と定量データ解析サービス「OPTiM AI Prediction」を提供
思った以上に大変? IoTで集めたデータとクラウドの橋渡しに取り組む京セラ
シンプル・堅牢なエッジで日本のインダストリアルIoTを加速、日本ストラタステクノロジー
箱根湯本の老舗「ホテル おかだ」に聞く 旅館業×IoTのカギは現場にあり

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。