IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.01.30

innovators 情熱のカラクリ 第4回:Wistiki SAS リュサト3兄弟
人生にとって無駄なものは“モノを探す時間”

先日こちらの(きっかけは飼い猫の迷子。フランスで大反響のIoTとは)記事で紹介した、フランスWistiki SASの探し物スマートアクセサリー「Wistiki(ウィスティキ)」。墨田区の「アサヒビール スーパードライホール」などを手がけた世界的なクリエーター、フィリップ・スタルク氏によるデザインが注目されているIoT製品だがその開発にはフランス人3兄弟によるこだわりが詰められている。

創業者のリュサト3兄弟 左からブリュノ氏/ユーゴ氏/テオ氏

こだわり抜いた素材はシャネルの香水と同じ

WistikiはスマートフォンやタブレットのBluetooth機能と連動させることで、音や地図上などで探し物をサポートしてくれるスマートアクセサリー。防水加工された素材の一部にはシャネルの香水と同じ素材が使われるなど、質感と機能美を追求したデザインはラグジュアリーブランドを手がける企業で行われている。ファッションの一部としても手に取りたくなるWistikiは、機能だけでなくデザインにまでこだわり抜いたメイドインフランスの製品だ。

Wistiki by Starck 「アッハ!」

2013年の創業後、2014年にクラウドファンディングを立ち上げると目標額の400%を達成。さらにその翌年にはスマートアクセサリーのマーケットシェア90%以上を獲得するなど、フランスで大反響を呼んだWistiki。続々と増えてきている他社の探し物を発見してくれるデバイスやサービスと、一体何が違うのだろうか?

新製品発表会のため来日していた創業者のリュサト3兄弟に、開発の経緯やこだわりについて、詳しく話しを聞くことができた。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も
中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方
これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供
IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。