IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.09.16

不動産の内覧を立ち合いなしで。実証実験が9月20日から開始。

2016年9月20日(火)より2017年1月の約6カ月間、賃貸住宅の空室内覧時における、不動産管理・仲介会社や借主の利便性向上を目的とした実証実験が始まる。

実験を行うのは賃貸管理会社の東急住宅リース株式会社(以下 東急住宅リース)と、情報・通信事業者のイッツ・コミュニケーションズ株式会社(以下 イッツコム)、IoTを活用したスマートライフ事業を展開するConnected Design株式会社(以下 コネクティッド・デザイン)の東急グループ3社だ。

対象賃貸住宅は、神奈川県横浜市青葉区にある総戸数36戸の「メゾン・1・39・4」。イッツコムが展開しているIoTサービスの「インテリジェントホーム」で使用されているスマートロックとホームゲートウェイを、コネクティッド・デザインが開発した「Connected API」で操作し、遠隔でのスマートロックの開閉および時限式の鍵の発行などを行う。

実験を通じて、賃貸集合住宅における空室の管理業務の効率化、立会いなしに借主が内覧できる利便性などを実証していく。

賃貸住宅の内覧は、借主が管理会社へ行き、営業社員と同行して内覧することがほとんど。不動産管理・仲介業を営む会社にとって、鍵の管理や不動産内覧時に発生する鍵の受け渡しのわずらわしさは課題になっていた。

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

未来投資戦略2017(デジタルヘルス用語)
スマートシティのフォーマットを、島根県益田市から -IoT益田同盟による、市民/在県企業向けIoTサービスレポート
どんな家電でもIoT対応になる!? 不思議なコンセント拡張機器『intelliPLUG』
紛失防止タグ「MAMORIO」は失くさないためのIoT追跡ツール
Wi-RANシステムによる遠隔地及び中継地の情報同時収集試験成功
ダイキン工業に聞くIoT戦略、現場で実現した「25年前からの発想転換」とは
自動車産業に変革をもたらすデータ爆発 - インテルが自動運転に注力する理由
サムスン、IoT向けプロセッサ「Exynos i T200」の量産を開始
ドコモ、横浜市らとIoTスマートホームを活用した未来の家プロジェクト開始
旅行者向けIoTデバイス「TATERU Phone」の多言語音声翻訳機能を実証実験
NEC、AIで製造現場の検品業務を省力化するソリューションを販売開始
セゾン情報、IoTの接続検証施設「HULFT IoT PoC Lab.」を開設
IoTで重要なのは「データをためておくこと」--オープンイノベーションコミュニティの成果
アパートにIoT機器を手軽に導入できるキット、大家さん向けに展開 
【特別企画】富士通クラウドテクノロジーズ - ニフティクラウド&IoTのブースが盛況
Mobility × IoT × FinTechベンチャーのGMS  フィリピン国パラニャーケ市と提携

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。