IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.09.16

不動産の内覧を立ち合いなしで。実証実験が9月20日から開始。

2016年9月20日(火)より2017年1月の約6カ月間、賃貸住宅の空室内覧時における、不動産管理・仲介会社や借主の利便性向上を目的とした実証実験が始まる。

実験を行うのは賃貸管理会社の東急住宅リース株式会社(以下 東急住宅リース)と、情報・通信事業者のイッツ・コミュニケーションズ株式会社(以下 イッツコム)、IoTを活用したスマートライフ事業を展開するConnected Design株式会社(以下 コネクティッド・デザイン)の東急グループ3社だ。

対象賃貸住宅は、神奈川県横浜市青葉区にある総戸数36戸の「メゾン・1・39・4」。イッツコムが展開しているIoTサービスの「インテリジェントホーム」で使用されているスマートロックとホームゲートウェイを、コネクティッド・デザインが開発した「Connected API」で操作し、遠隔でのスマートロックの開閉および時限式の鍵の発行などを行う。

実験を通じて、賃貸集合住宅における空室の管理業務の効率化、立会いなしに借主が内覧できる利便性などを実証していく。

賃貸住宅の内覧は、借主が管理会社へ行き、営業社員と同行して内覧することがほとんど。不動産管理・仲介業を営む会社にとって、鍵の管理や不動産内覧時に発生する鍵の受け渡しのわずらわしさは課題になっていた。

あわせてお読みください

AD

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日
AD

あわせてお読みください

IoTニュース

富士通やNECら、「IoTおもてなしクラウド OPaaS.io」を構築
ソラコム、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」を欧州でサービス提供開始
Colt、NECネッツエスアイの 「IoTプラットフォームサービス on Azure」で協業
日立、製造現場でのIoT活用 最前線 -B-EN-G IoT Forum 2017 / mcframe Day 2017 レポート
独HERE、自動運転車向け地図プラットフォームをクラウド提供、IoT分野での活用も視野に Intelが出資、Microsoft、NVIDIA、パイオニアとも提携
IoTがもたらすセキュリティの変化に、企業はどう対応していくべきか
IoTの「Things」入門 [4] BLEは2へんげ
富士通やNECなど、利用者の属性情報を仲介するIoTおもてなしクラウド「OPaaS.io」の運用開始
スカイディスクと台湾Kiwitec、LoRaWANを使用したIoT関連製品・サービスの研究開発に関する基本合意書締結
セコムとKDDI、次世代移動通信システム「5G」の技術実証で提携
IoTシステムなど組み込み機器向け、セキュリティ重視の「KasperskyOS」が提供開始へ
ソフトバンク傘下のARM、NB-IoT向けモデム提供へ
進むスマートグリッド。IoTとクラウドを組み合わせたIBMの電力計測システム
センシグナル、IoT向け通信プラットフォーム「NETDWARF」を開発
国内IoT市場は2021年までに11兆円規模に成長──IDC調査
そのIoTデバイス、本当に10年動きますか? キーサイト・テクノロジー インタビュー②[PR]

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。