IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2017.01.05

今のVRに足りないのは、触感だ──「世界初」VRに触感を与える靴&手袋をCerevoが発表

Powered by

日本発のIoTスタートアップCerevoは、世界初をうたう触感センサー搭載VRシューズ&グローブ「Taclim」を開発しました。発売は2017年秋頃で、価格は10〜15万円程度。 振動で触感を再現、コントローラーとしても使える Taclimは、左右それぞれの手で持つグローブ部と、靴のように装着するセンサー部がセットになった、入出力両対応のVRデバイスです。 それぞれに日本電産セイミツとの協業による、超大型のタクタイル・デバイスを合計8つ搭載。タクタイル・デバイスとは、例えるなら最近のMacBookやiPhone 6s / 7シリーズが搭載するTaptic Engine(タプティックエンジン)のようなもの。通常のバイブレーションとは異なり、非常の細かな振動により、人間に擬似的な触感を与えることができます。 Taclimでは、VR空間の映像や音声に合わせて、シューズとグローブが触感をフィードバック。砂漠や草原、水辺といった地面を踏みしめた時の触感の違いや、キャラクターが装着している靴の種類による感覚をVR世界で再現できるとしています。また、装着者の手足の動きを内蔵する9軸センサーが捉え、VR空間内に反映するVR用入力デバイスとしても機能します。 Taclim向けの開発環境はUnityプラグインとして提供。また、触感データについては、いくつかの基本的な触感をサンプルデータとして公開するほか、独自の触感データを開発することも可能。安価にTaclimを体験できるBluetooth Editionのほか、多数の参加者が集まるイベントなどの業務用に、電波が混雑した環境でも安定した通信が行える920MHz帯に対応したSub-giga Editionの2モデルを用意します。 今のVRに足りないのは、触感フィードバック Cerevo代表取締役社長の岩佐琢磨氏は、Taclimについて次のように説明します。 「決定的にVRに足りないのは、体に対して触感フィードバックを与えたり、体の動きをVRに反映する、入出力デバイス。誰でも買える形で、触感のフィードバックを受けられる靴、そしてグローブの組み合わせを開発した。(中略) 面白いのはインプットとアウトプットを両方できる点。私がこれを履いて上段蹴りをすると、キャラクターが飛ぶ。私が走ると、VRの世界でもキャラクターが走る」(岩佐氏) Cerevoは、米ラスベガスで1月5日から開催される国際見本市 CES 2017にTaclimのプロトタイプを出展。ゲーム制作会社のジェムドロップが1月末にリリース予定のPlayStation VR向けタイトル「ヘディング工場」を題材に、同社がTaclim向けに新規開発したVRゲーム「Taclim demonstration with Headbutt Factory」をデモ環境として用意します。なお同タイトルはTaclim発売時にも無償提供予定としています。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

AD

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日
AD

IoTニュース

セキュアOS「KasperskyOS」が登場、その主な特徴は?
IoTプラットフォーム「SORACOM」欧州でのサービス提供開始
Colt、NESICの「IoTプラットフォームサービス on Azure」に閉域網接続
【定点観測】Alphabet傘下のWaymo社、業界標準より90%安いLiDARセンサーを開発 ーIoTモジュール 1月のアップデート
KDDIが2020年に始める「5G」、ビジネスIoT飛躍のきっかけに?
【特別企画】生産ラインから取得したデータを活かす! MotionBoardで実現する製造業IoTとは?
GSMAのLPWA、野生生物保護プロジェクトを支援、セント・アンドリューズ大学がアザラシ追跡用スマートタグを開発中
経済産業省、日印IoT分野の協力に係る覚書へ署名
エッジコンピューティング型IoT導入パッケージ--NSW、PTC、HPEの3社
富士通やNECら、「IoTおもてなしクラウド OPaaS.io」を構築
ソラコム、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」を欧州でサービス提供開始
Colt、NECネッツエスアイの 「IoTプラットフォームサービス on Azure」で協業
日立、製造現場でのIoT活用 最前線 -B-EN-G IoT Forum 2017 / mcframe Day 2017 レポート
独HERE、自動運転車向け地図プラットフォームをクラウド提供、IoT分野での活用も視野に Intelが出資、Microsoft、NVIDIA、パイオニアとも提携
IoTがもたらすセキュリティの変化に、企業はどう対応していくべきか
IoTの「Things」入門 [4] BLEは2へんげ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。