IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
イノベーション
2016.08.31

大手企業がイノベーションを起こすには?
<IoT H/W BIZ DAY2 トークセッション(3)>

BY

8月26日(金)に開催された、ハードウェアイノベーションの最先端がわかるIoTカンファレンス「IoT H/W BIZ DAY2」。

イベント内では、大手製造企業でイノベーションを推し進めるパナソニック メカトロニクス事業部 事業開発センター中村雄志氏(以下、中村氏)、村田製作所 新規事業推進部 新規事業推進4課 オープンイノベーション推進チーム マネージャー牛尾隆一氏(以下、牛尾氏)、そして三井不動産 31VENTURES アクセラレーター 光村圭一郎氏(以下、光村氏)が加わり、日本の大手企業の視点でイノベーションの新手法を語り合うセッションが行われた。

2016年のサウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)にも出展された、パナソニックがQUANTUMと連携してエナジーハーベスター技術を応用したコンセプトのチャージレスのスマートボタン「eny」とコードレスキー「Jo」。開発のきっかけは、中村氏がQUANTUMと社外のハッカソンで個人的に知り合ったことからだという。

新しい取り組みを社内を巻き込み、成長させていく方法

企業でIoT事業をはじめるにあたり、社内だけの知見で完結することは難しい。こうした社外の人とのつながりから、イノベーションは生まれる。しかし、日本の場合、大手企業になればなるほど、社外の人とのつながりを事業に活かす考えを持つ人は少ない。そのため社内調整は困難を極める。

自社を巻きこむテクニックは、どういったものだろうか? パナソニックの中村氏は次のように体験談を話す。

「泥臭いけれど、自分なりにコラボの組み方の資料をつくって何度も説明しに行きました。あとは上司がGOかNOを決断するまえに、相手側と話してもらう機会をつくって意気投合してもらうような演出をしましたね。部署としてはスタートアップとの取り組みが初めてでした。そのため段階的に理解してもらう必要があり、最初はスモールスタートでした。1カ月、2カ月と期間を区切り、その後じゃあお金と時間をかけてやろうという話になりました」

パナソニックの中でもこういった取り組みができるという事例を作りたい中村氏。ハードルは高いがイベントごとで終わらせないために、経営企画や人事とも連携をはかり事業開発と組織改革にも取り組んでいるという。

新しい価値は社内の人間だけで考えていても生まれない

「新しい価値を生み出そうとしても、社内の人間だけで考えていたらなかなか新しいものは生まれてきません。2社、3社が協力すれば、世界初の面白い事業になるのではないかということで、具体的には日本の国内の大手企業と連携した活動を足掛け5年ほどやっています」と語るのは村田製作所の牛尾氏だ。大手企業同士が連携することで、ベンチャーでは実現が難しいイノベーションも起こせるのではないかと考える。

大手企業間同士が連携を組むメリットは見えやすい。しかし、一方で大手企業同士だからこその課題感もある。牛尾氏は次のように話す。

「2社間で何ができるか探しましょうという話なのに、先にNDA(秘密保持契約)を結んでしまったせいでなかなか話が進まなかったことがありました。結局、前の年の1月に企画がスタートして、契約書が完成したのは翌年の1月でした。大手企業同士だと、あらゆることでスピード感がなかったり、お堅いところでつまづくことが多いですね。

NDAの内容について、一番意識しているのは″隠し事をしていたら議論なんてできない″という点です。そこで、会議の場に出てくる話は全部NDAにする! という契約内容にしてもらいました。法務部の人からみたら考えられないものでしたが、世界で初めてのことをやりたいからという思いもあり、押しきりました。最初は大変でしたが、大手として前例があると次回からはスムーズになるもので2件目以降は1週間でできるようになりましたよ」

イノベーションにオープンは必要条件?  相手はベンチャーが望ましい?

左からパナソニックの中村氏、村田製作所の牛尾氏、三井不動産の光村氏

「大手でも、ベンチャーとでも、一緒にやるのであれば、お互いにないものを補い合うという関係性は絶対に必要です」。そう語るのは、“スタートアップと大企業の事業共創の実現”をミッションとしている三井不動産の光村氏。

「一緒に取り組む相手としてベンチャーが望ましいかといえば、望ましくない場合もあるし、望ましい場合もあります。大手は実績主義だし、儲かるっていう確信がないとなかなか動けない。対してベンチャーは先んじて動ける。チャレンジングであってもどんどんやっていく。僕らが気づいたときにはすでにベンチャーがやっていたりするので、そこは一緒にやるというのが望ましいと思いますが、大規模な経済が動く場合は大手間同士でいいという感覚もあります」。

日本が世界に誇る製造業大手の中で、新しいイノベーション手法が動き出している。

最後に村田製作所の牛尾氏は、現在、同社の企業間連携による取り組みで、来年にも″世界初″となるプロダクトを発表できそうだと話した。とかく速度が遅いと言われる大企業だが、外部との窓口役として活発に動く社員が増えれば、その速度は加速し、イノベーションが起きやすくなるのかもしれない。大企業とはいえ、結局は中の人のモチベーションが、新しいモノやコトを生み出す。

パナソニック
http://www.panasonic.com/jp/home.html

村田製作所
http://www.murata.com/ja-jp

三井不動産 31VENTURES
http://www.31ventures.jp/

あわせてお読みください

注目連載

innovators 情熱のカラクリ
いまさら聞けないIoTの基本のキ
大辻雄介の「教育のIoT思議」

記事一覧

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。