IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.11.27

インテル、PC向けの5Gモデム開発でMediaTekと協力

Powered by

Joan Cros/NurPhoto via Getty Images クアルコムとの競走に敗れ、スマホ向けモデム(通信用チップ設計)事業の大半をアップルに売却したインテル(Intel)。一方で次世代モバイル通信5Gについては、PCやIoT、自動運転車向けの設計能力を保持する方針を示していました。今回、インテルは新たなパートナーとしてMediaTekと提携し、PC向けの5Gモデム開発に挑むことを発表しました。 2019年に登場した5Gスマホのほとんどはクアルコム製のチップを搭載するなど、5Gモデム市場はクアルコムが席巻している状況。MediaTekは低価格なスマホ向けの5Gモデムを発表しており、2019年内の市場投入を見込んでいます。同社にとって今回の提携は、PC市場向けへの参入の道を開き、市場を拡大することになります。 両社の提携の成果は、2021年の初頭に5Gモデム搭載のノートパソコンとして市場に投入される見込み。DellやHPといったメーカーが採用することになるとしています。また、両社はFibocomと協力して、M.2モジュール(SSDなどによく使われる拡張カード規格)に搭載できる5Gモデムの開発も進めます。 インテルは一度は5G事業を縮小していますが、すべてのものがインターネットにつながる時代、PCにとっても5Gが重要なことはかわりません。MediatTekの技術を得ることによって、自社での開発に膨大な費用を掛けることもなく、PC向け市場に5Gを導入することができます。 5Gモデムで先行しているライバル、クアルコムはマイクロソフトとタッグを組み、インテルの本丸であるPC向けのプロセッサー技術でも同社を脅かしつつあります。インテルとMediaTekの協力は、両社にとってのライバルであるクアルコムを強く意識したものと見ることができます。 関連記事: アップル、インテルのスマホ向け通信モデム事業の『大半』を買収 クアルコム、5G対応を一気に拡大。2020年のSnapdragonはミドルレンジも5Gモデム統合 MediaTek、5G通信対応のモデムチップ「Helio M70」正式発表

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

IoT機器の定期健診サービス「Edge Trust Health Check」、ユビキタスAIコーポレーション | IT Leaders
CTC、小売店舗のAI/IoT活用をトータルに支援する「CTC DX Solution for Retail」を提供 | IT Leaders
AIとIoTを併用する企業は期待以上の価値を獲得--“AIoT”の目的は増収
シャオミの日本向け製品は1万円を切る本格炊飯器も!
学習も推論もできるエッジAI「KAIBER engram」実演
土の中で分解する紙で作ったIoT機器、大阪大学の春日貴章氏らの研究グループが開発
家族の運転を IoTで見守るサービス…オートバックス「くるまないと」発売へ
AIなどの最新技術で“スマートストア”展開を総合的に支援――、CTCがサービス提供
「異常発生を家族に通知」──クルマの運転、IoTで見守り オートバックスが月額980円で提供
IoT向けWi-Fi「11ah」が実証実験 LPWAで初、2.3kmで動画伝送
アライドテレシス、IoTデバイスの集約などに適した産業用インテリジェントスイッチ
AIとIoTの企業利用に関する最新調査と知っておくべき言葉遣い
SOUSEI Technology、住宅IoTに特化した企業ネットワーク「HOME OSアライアンス」設立
「Formula E」レーシングカーにも搭載、GHSのRTOS
遠隔モニタリングを手軽に、P2Pプラットフォーム
IBM、ドローンによる置き引きの防止技術で特許取得--荷物の高度で持ち去りを監視

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。