IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.11.03

手のひらサイズの極小スティック型真空パックツール「Portable Vacuum Stick」

Powered by

食材を長持ちさせ酸化や乾燥、冷凍焼けから食材を守り鮮度を維持するのに便利な真空パック器ですが、こんな悩みはありませんか? ・大きくて置き場所に困っている ・家の中でしか使えない ・専門袋の買い足しに費用がかさむ Portable Vacuum Stick 最大の特徴 ▶持ち運び簡単な超小型サイズを実現!  160mm x 40mm(iPhoneX同等サイズ) ▶50kpaパワフル吸引 ▶ボタンを1回押すだけの超簡単操作 ▶センサー内蔵、真空完了で自動停止 ▶何度でも繰り返し使える専用袋付き ▶Type-C充電対応、フル充電で最大1時間連続使用が可能 ●高さ160mm x 直径40mmで持ち運びに最適 真空パック器とは思えない、高さ160mmx直径40mmの片手に収まるコンパクトサイズ。 キャリーバッグや普段使いのハンドバッグにも荷物を増やすことなく収納できます。 バッグの中からサッと取り出し可能。更に質量はたったの185gで負担がかかることもありません。 キッチンの隅に置いていても邪魔にならず、携帯にも最適!まさに理想の真空パック器です。 ●パワフルで使いやすさNo.1 片手に収まるコンパクトサイズにも関わらず、吸引力50kpaのパワフル吸引!自宅で使う分にも十分なほどの吸引力です。 60kpaの強い吸引力で、外出先でも自宅でも、食材の新鮮な美味しさをより長く維持することができます。 ●ボタンを1回押すだけの超簡単操作 専用袋のエアーバルブに「真空棒」をセットし、本体上部にあるボタンを軽く1回押すだけで、袋内の空気を抜き真空状態にすることができます。 ボタンを押し続ける必要もなく、誰でも簡単に使用可能。 真空終了後は真空状態をより良く保つために、プルーのエアーバルブ部分を指で押し、平らにしてください。 ●センサー内蔵、真空完了で自動停止 小さな本体にも関わらず、真空センサーが内蔵されており、真空度が標準値より-25kpaに達すると真空を自動停止してくれます。 真空のしすぎによる袋破損などの事故を防ぐことができ安心です。 ●自動停止じゃ物足りない!より完璧な真空 自動停止後、ボタンを押し続けることで真空の継続が可能です。 「まだ真空が物足りない・・・」そう思ったときに、より完璧な真空を求めてコントロールすることができます。 ※真空のしすぎは袋破損の恐れがありますので、十分にご注意ください。 ●何度も繰り返し使用可能な専用袋 保存する食材の大きさに合わせて使い分けできる、3種類のサイズの専用袋がそれぞれ3枚ずつ付属しています。 洗浄して何度でも繰り返しの使用ができるため、エコにもなり、専用袋代金を大幅に抑えることができ一石二鳥です。 ※画像はイメージです。実際の袋は異なる可能性がございます。予めご了承ください。 ●コードレスで便利なType-C充電対応 PCやモバイルバッテリーなど、さまざまな場所から充電ができるType-C対応。 約6時間のフル充電で約1時間連続で使用することができます。(安全のため、1回で20分以上の使用はおやめください。) ※使用状況や環境により異なる場合がございます。 充電口をふさぐカバーもついており、汚れが溜まる心配はありません。 また、充電中はボタン周囲のインジケータライトが青色に点滅して知らせてくれます。 ●精選された材質のみを採用 「Portable Vacuum Stick」本体には耐摩擦性や耐衝撃性、加工性などの機械的特性バランスに優れたABS材質を採用。 耐熱性もあり、火元の多いキッチンでも安心して保管することができます。 ●もう食材を無駄にしない! 日本の食品廃棄物等は年間2,759万トン、そのうち食べられるのに捨てられる食品「食品ロス」の量は年間643万トンと推計されており、日本の人口1人当たりの食品ロス量は年間約51キログラムです。 つまり、毎日、大型トラック(10トン車)トラック約1,700台分の食品を廃棄していることになります。 (*政府広報オンライン 令和元年資料 https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/4.html) その廃棄、真空保存で大幅に減らすことができます! ●食材の鮮度維持に最適!通常3~5倍賞味期限を長持ちさせます! 食材が傷むすべての原因は、「空気との接触」にあります。 つまり、食材を空気に触れさせない=真空状態にすることが賞味期限を延ばすことに繋がります。 真空で保存することで、食材の酸化、乾燥、菌の繁殖等を防ぐことができ、賞味期限を約3~5倍も延ばすことが可能です ▲アウトドアでも食材ロス無しに。 BBQやパーティなど、外出先での食事の残り物も安全に持ち帰ることができます。 ▲フレッシュな果物をおやつに。 子供の遠足や運動会、長い旅路など、果物もみずみずしいまま持ち運べます。 ▲もちろんキッチンにも最適。 低温加熱調理などの料理の幅も広がり、収納にも便利なコンパクトサイズ。 ▲食材だけでなく、衣類の圧縮にも。 かさばるダウンなどの上着もコンパクトに収納することができます。 旅行の荷造りや衣替えにもお使いいただけます。(※大きなサイズの専用袋は付属しておりません。) ▲大切なカメラをいつまでも美しく。 酸化を防止し、いつまでもきれいな状態で保管できます。 ■2019年10月 クラウドファンディング開始 ■2019年12月 クラウドファンディング終了 ■2020年2月 日本国内配送予定 ※注意事項 本商品は新鮮な食材の呼吸をサポートし、短時間の密封鮮度維持を可能にする商品です。 真空後、専用袋の口が確実に封じられていることを十分にお確かめください。 真空後は空気漏れを防ぐため、エアーバルブが平らになるよう押してください。 Q:水に濡れても平気ですか? A:防水機能は備わっておりません。濡れた手でも使用できますが充電口に水が入らないようにご注意ください。 Q:どのくらい真空すればいいのか分かりません。 A:本商品は自動停止機能が搭載されており、真空度が標準値より-25kpaに達すると自動的に停止するのでご安心ください。停止後、真空し足りないと感じた場合は、ボタンを押し続けることで更に真空することができます。 Q:液体や粉類の真空はできますか? A:本体が吸い込こまれ、故障の原因になるためできません。 Q:市販の真空パック袋に対応していますか? A:エアーバルブが搭載されている真空パック袋にはすべて対応しております。 Q:乾電池は必要ですか? A:本体にバッテリーが内蔵されており、Type-C充電式のため乾電池は不要です。 Q: 保証や返品・交換について A:本製品は1年間の保証期間を設けております。取扱説明書に従った使用状態での商品不良に対して、当社にて送料を負担したうえで商品の交換対応を行います。(お客様の故意・過失等で生じた故障は除きます。) miaomiaoce社は「温度測量」を軸にし、体温計市場、クールチェーン市場、畜産業という市場を開拓しました。 Xiaomiのエコロジーチェーンの一員としてハイコスパ商品を提供しながら、中国随一のエコロジーチェーンからのサポーターを受け高品質の実現、さらに異なるレベルの販売ルートを通じて、急速を拡大をしつつあります。また、医療機器関連する認可も取得し、安定性がさらに向上しています。 研究開発チーム21人は主にノキアとマイクロソフトの出身であり、46項の特許権を持っており、ハードとソフトの両面から研究開発を進んできました。設立してから3年あまり、Xiaomiをはじめとする有名企業から投資を受け、マイクロソフトクラウド、ノキア5G(NB]-Iot)等の最先端技術企業と常に協力関係にあります。 みなさま、こんにちは。AFUと申します。ページを最後までご覧頂きました皆さま、ありがとうございます! 2015年に阿芙株式会社を立ち上げ、主にAmazonなどのECサイトでネットショップを運営しています。2017年からクラウドファンディング事業を展開しており、日本のクラウドファンディングにて、傘の部門 1~3位まで独占を達成。モバイルバッテリー部門 1位などPC周辺機器、アウトドアグッズ、ファッション小物、生活雑貨、電動アシスト自転車など、多くのメーカーブランド商品の独占販売権を獲得しております。現在、日本の大手クラウドファンディング運営サイトを通じて既に130件以上のプロジェクトを立ち上げました。総計2億5千万円以上の金額が集まり、中には複数のプロジェクトは1000万円以上や2000万円以上達成したプロジェクトともあります。 さらに、GREEN FUNDINGのパートナーとなり「AFUストア」の運営を開始。驚きと感動のお声をいただいたオリジナル商品を揃え、暮らしが豊かになる良品を皆様にお届けできるように引き続き頑張ります。 ここをクリックして、AFUストアのほかのプロジェクトをチェック!

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

日立ソリューションズ、「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」にデータ分析支援機能を追加
強化学習によってIoT機器が自ら最適な無線チャネルを選択 東京理科大
慶大、複数のIoTデバイスをMRでプログラミングする「ReallifeEngine」発表
NTT Com、IoTの導入検討支援・設計構築・保守運用をワンストップで提供 | IT Leaders
リンクジャパン、ベッドに固定できるIoT体温センサー アプリや見守りサービスと連携
案件化数は以前の40倍に!さくらインターネットがMA活用に成功した理由とは
ASUS、組み込み&IoT展示会「ET&IoT Technology 2019」に出展
宮古島は「エネルギー自給率向上」を目指し、再エネ+IoTをフル活用
NTT Com、IoTプラットフォーム「Things Cloud」の導入検討支援・設計構築・保守運用をサポートするサービスを提供
GoogleがFitbit買収、関心が落ちていたウェアラブルになぜ注力するのか(佐野正弘)
WiMS/SaaS経費精算システム、第13回ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2019 ASP・SaaS部門(基幹業務系分野)にて『ベスト連携賞』を受賞
ドコモが目指すSDGs IoT×5Gと人生100年時代
セルラー系LPWAの活用した新型の鳥獣罠センサー、実証実験開始
竹中工務店、建設現場で「IoT火災報知システム」を実証--約5分で全員の避難完了
AIとIoTでスマートファクトリー化を支援--マクニカとALBERTが資本提携
【Day1詳細決定】日本初、IoTセキュリティ関連団体・企業が集結し、安心安全なIoT社会構築のヒントを提案──ジャパンセキュリティ・サミット2019

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。