IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.08.29

au、名古屋グランパスと「新しいサッカー観戦体験」で協力。横浜ベイスターズに続く連携

Powered by

携帯電話サービスauを展開するKDDIは、プロサッカーチームの名古屋グランパスエイトと「新しいサッカー観戦体験」の提供に向けて協力すると発表しました。 auとの取り組みは、サッカー観戦でスタジアムに訪れた人がより快適に過ごせるようにするもの。具体的にはVR技術などを使って、試合の間に選手とコミュニケーションできる体験を提供したり、スタジアムの飲食店をキャッシュレス化したり、トイレの利用状況を表示するIoT化したりといった取り組みが含まれます。 今回の連携は来年春の5Gサービス提供を見据えたものとしており、5Gの本格展開後、より多彩なサービスが提供される見込みです。 KDDIでは8月27日にもプロ野球の横浜DeNAベイスターズと同様の連携を発表しています。また、大学生スポーツとの連携も発表しています。 KDDIの高橋誠社長は28日の発表会の中で、次世代モバイル通信「5G」に展開を見据え、新サービスで体験できるコンテンツの目玉となるコンテンツとしてスポーツを紹介。そのために、スポーツ団体と協力していくことを説明しました。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには
仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT
自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ
除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ
他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法
荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売
KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設
スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ
センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携
レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売
センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充
マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders
IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ
5Gで「未来の工場」を実現、ドコモ・ノキア・オムロンが共同実験
エンジニア養成のジーズアカデミー、法人向けオープンイノベーション支援プログラム提供
レノボ、ハーフラックサイズのIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。