IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.08.31

IoTで「農」新事業を効率的に
<IoT H/W BIZ DAY2 トークセッション(1)>

BY

2016年8月26日(金)に開催された、ハードウェアやIoTプロダクト関連のスタートアップ事業者を中心としたビジネスセミナー、展示交流イベントの「IoT H/W BIZ DAY2」。

イベント内では、NKアグリ リコピン人参「こいくれない」生産農家兼エバンジェリストでサイボウズ、ダンクソフト デジタルビジネスプロデューサーの中村龍太氏(以下、中村氏)を中心に、農業とIoTのかかわり方についての話を展開しつつ、IoT成功の鍵についてのセッションが行われた。

トークセッションに登壇したのは、中村氏のほかエンルート代表取締役 伊豆智幸氏(以下、伊豆氏)、アぺルザCEO 石原誠氏(以下、石原氏)。

農業×IoTで年商3億円

中村氏が務めるIoTを活用した野菜の生産を行っているNKアグリは社員数13名という少人数にもかかわらず、年商は約3億円だという。年商の中でも1/3を占めているのが、抗酸化作用のあるリコピンが多く含まれた機能性野菜、リコピン人参「こいくれない」だ。

人参をブランド化するにあたり大きなネックとなるのは、一つの地域につき1か月しか収穫ができないという点。そこでNKアグリでは、南は青森から北は九州まで60の農家と提携を行い、地域ごとに変わる旬を利用し、収穫時期をずらした人参の栽培を行い量産に成功した。

Kintoneとの連携でベストな収穫時期を可視化

人参を栽培するにあたり、環境条件を研究解明しその条件を計測するためのIoTセンサーを全国5カ所に設置。情報を「kintone(※)」と連携させて、成分の含有量が最も高くなるタイミングで収穫を行うことが可能となった。収穫量に合わせた売り場の確保など、量販店への対応も明確にできるからこそ、10〜20日ほど前にゆとりをもって進めていくことができる。結果、去年は500トン収穫できた。

※ kintoneは、開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムを作成できる、サイボウズのクラウドサービス

人参の栽培は去年からスタートしたことだが、10年前だったらこんなに早くできなかったという中村氏。「やりながら仕様を変えていくことができるKintoneのようなサービスは、IT業界でいう超アジャイルなシステムですね」と話す。

kintoneに連携した5つのセンサーは月額で5〜6万円程度。アプリ開発費用は40万円。初期費用に100万円かかっていないのだとか。

「農」という点で、産業用ドローンメーカーのエンルートも、去年から農薬散布ドローンを販売開始し100機を売った。今年はすでに300機の受注があるという。今後はメーカーというよりサービス業へのシフトを考えているという伊豆氏。

「散布ヘリは夏の2カ月しか使いません。その間ドローンオペレーターの人が2カ月で年収を稼ぐのなんてナンセンスな話ですよね。ドローンオペレーターの人はただ農薬を散布するだけでなく、虫の駆除やビニールハウスのちょっとしたメンテナンスなど、さまざまなことに連携して年間を通した仕事をしようとしています。ドローンを売るだけではなく、そういったサービス面を視野にいれていきたい。そのときIoTをドローンのサービスと組み合わせると面白いサービス業ができるのではないか」

IoTを事業として立ち上げる時の難しさとB2Bビジネスの成功

「やりたいことを形にする」ことをベースに事業を推進する両氏が、トレンドのIoTについてどう思うのか。

中村氏は「会社の意向でIoTの新事業を立ち上げなきゃいけないという人の場合、そもそも目的がなくてモチベーションもない。身の回りの課題がIoTで解決できるといっても、身の回りだけなので結局ビジネスにつなげられない——という状況に陥ってしまう場合もある」と話す。

「ドローンもIoTと同じではやり言葉になっている」という伊豆氏。「お客様の中にはドローンを使えばとりあえず儲かるんじゃないかと思っている人もいる。実際にはビジネスに対してどう使うべきかというのを考える必要があるし、テクノロジーを自社だけに頼っていてはいけない。私は常にネット上で新しいものを探すのが好きなので、スタートアップで見かけて、面白い! と思ったら一緒にやろうとメールを送り、パートナーシップをとって連携をとることを大切にしています」

目的があり、それを達成するための手段がIoTであることを強く示唆する両氏に、会場では事業のヒントを探ろうとやってきたビジネスパーソンたちが耳を傾けていた。

エンルート
http://www.enroute.co.jp/home/

アぺルザ
https://www.aperza.co.jp/

NKアグリ
http://www.nk-agri.co.jp/

サイボウズ
http://cybozu.co.jp/

ダンクソフト
http://www.dunksoft.com/

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

AppleとGEが提携、iOS上で動作する「Predix」の産業用IoTアプリの開発を加速
デバイスの進化に柔軟に対応するIoT基盤のエンタープライズ版を発表―ウフル | IT Leaders
【特別企画】インテリジェントホームがGoogle Homeとの連携でもっと直感的に - イッツ・コミュニケーションズ、スマートコントローラーを10月6日より提供開始
日立産業制御、設置するだけでIoT機器などのデータ通信を保護する暗号化アプライアンス「S.COATBOX/DS」
ドコモ、VR空間を複数人でリアルタイム共有できるシステム
AIとIoTを活用した新たな自動車アフターマーケットのカタチ…オートバックスセブン
ウフルがIoT基盤のサービス「enebular」のエンタープライズ・プランを発表
AIやロボティクス、IoT、ARなどが世界ICT投資を加速--IDC予測
米IICとIVIが産業用IoT推進で合意、共同テストベッド実施など5項目
IoTセンサーを利用した会議室の効率化対策システム─サテライトオフィス | IT Leaders
NEC、IoTシステムのエッジ層やデバイス層を保護--データ発生源から暗号化
大日本印刷、蘭ジェムアルトとIoTセキュリティ分野で協業
自動車・医療分野で急務のセキュリティ課題とは?企業の実践者たちがIoT時代のセキュリティ対策を語る
京大とローム、Wi-SUN FAN搭載IoTゲートウェイを用いBluetooth搭載機器から移動しても広範囲に情報収集できるシステムを開発
BOMなしで生産スケジュールを自動生成 - 日立、「Lumada」に産業向けソリューションを追加
日立、多品種少量生産工場が対象のソリューション2種を発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。