IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.07.23

「mouse スマートホーム」の製品販売が終了 サービスも2022年6月30日終了に

Powered by

マウスコンピューターは7月22日、2017年から提供してきたIoT機器「mouse スマートホーム」の製品販売を突如終了し、クラウドサービスの提供も2022年6月30日に終了することを発表しました。 サービス終了後は、スマートフォンアプリの利用ができなくなり、「mouse スマートホーム ルームハブ」に登録しているmouseスマートホーム製品や家電製品などのコントロールができなくなります。 mouse スマートホームは、台湾EQL社と共同開発した製品で、mouse スマートホーム ルームハブを中心に、家電製品のコントロールやショックセンサー、ドアセンサー、スマートプラグ、モーションセンサー、スマートプラグなどといった製品と連携して、通知やコントロールできるもの。2017年に発売されて以降、2018年5月28日の「ショックセンサー」の発売を最後に製品は追加されてきませんでした。対象となる製品は以下のとおりです。 mouse スマートホーム スターターキット 「SK01」 mouse スマートホーム ルームハブ  「RH01」 mouse スマートホーム ショックセンサー 「SS01」 mouse スマートホーム スマートLEDライト 「LL01」 mouse スマートホーム スマートプラグ  「SP01」 mouse スマートホーム モーションセンサー 「MS01」 mouse スマートホーム ドアセンサー  「DS01」 mouse スマートホーム スマート空気清浄機 「AP01」 mouse スマートホーム PM2.5センサー 「PS01」 スマートホームを実現する製品はいくつかありますが、クラウドサービスが終了してしまうと、コントロールが全くできなくなってしまうことは非常に痛い問題でしょう。ほかのアプリからでもコントロールできるのであればいいのですが、現状はそのようなことはないようです。 クラウドサービスはどこからでもアクセスできて非常に便利ですが、サービスが終了してしまうとそれまでの投資が無駄になってしまうという危険性も併せ持っています。生活を便利にする、快適にするツールも"ただの箱"になりかねないので、囲い込みを考えずに汎用性をもたせて、さまざまなサービスから利用できるようにしてほしいなどと、いろいろ考えさせられる発表でしょう。 なお、この件に関する問い合わせはマウスコンピューターのサポートへ。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

河川水位監視や路線バス運行管理も、オートバックスセブンの見守りIoT…CEATEC 2019
アクセルラボ、スマートホーム向けIoT機器の展示やコンセプトルームを展開【CEATEC 2019】
「CEATEC 2019」レポート。ANAが初出展でアバター技術を披露
日立ソリューションズ東日本、製造業向けの生産性向上IoT/データ分析ソリューション「WellLine」
「5Gで何が変わる?」ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのトップが激論 #CEATEC
大成建設、建物の運用・保守業務をAIとIoTで効率化、日本マイクロソフトと協業 | IT Leaders
【CEATEC】AI+IoTプラットフォームを提供するTuyaが、多彩なIoT製品を展示
マイクロソフト、大成建設、NXPジャパンが協業--IoTデータ活用体制を拡大
AIロボにひとめぼれ オートバックスセブン発IoTプラットフォーム構想の本気度
企業のデジタルシフトはIoT、5G、サブスクリプションが牽引。マインドセットを転換せよ──ITRのアナリストが提言
“IoTファーストクラスシート”登場 乗客の眠りを検知しCAに報告 機内食で起こされず快適な旅
アルプスアルパインはCASEやインターフェイス技術を訴求へ…CEATEC 2019
シャープ、AIoT活用しスマートライフのプラットフォーマーに−−2つの子会社設立
家庭向けにIoT社会で息を吹き返す、パナの「IoT-PLC」
インフォマート、IoTを活用した在庫管理ソリューションサービス
「いまはベンチャーが大手を選択する時代」超先端分野で東芝がNextremerと組んだ理由

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。