IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
2016.12.16

Cerevo、既存の自転車をIoT化するセンサーデバイス「RIDE-1」発売、走行・姿勢データを可視化・共有 

Powered by

 株式会社Cerevoは15日、自転車に取り付けることで走行データを取得・蓄積し、スマートフォンアプリやクラウドサービス上で可視化できるセンサーデバイス「RIDE-1」を発売した。同社直販サイトでの販売価格は2万4800円(税別)。19日より順次出荷予定。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

スマートハウス

IoTデバイスは民泊を助けるのか? SQUEEZEがIoTの検証実験を開始

スマートハウスの考えが広まる中、オーナーが遠隔で物件管理していることが多い民泊物件ではIoTの利用が急激に伸びている。

2017.01.03
テクノロジー

「俺の嫁装置」を最新TECH&著名デザイナーで実現

2016年1月にコンセプトムービーをYouTubeで公開し、「俺の嫁装置がついに開発された…!」と全国のオタクはもちろん、世界中で大きな注目を集めた世界初のバーチャルホームロボット「Gatebox」。あれから約1年の開発期間を得て限定予約販売が2016年12月14日(水)よりスタートした。

2016.12.21
スマートハウス

貸会議室で鍵の受け渡しを不要にするスマートロックの実証実験

貸会議室やレンタルスペースの運営でネックとなるのが、鍵の受け渡し。その手間や人的コストを削減と安全性の向上に期待できるのが、スマートロックだ。実証実験が始まった。

2016.12.20
イノベーション

自動車がタダになる?IT企業が一変させる自動車業界

これまでの模索と、来たるべきIoT時代の自動車向けサービスでは、何が異なり、どのような展開が予期されるのだろうか。主な相違点としては、「広告型ビジネスモデルを成立させたIT大手の参入」、そして「所有から利用へ、有人から無人へ」、すなわちシェアリングサービスの普及と自動運転による無人化の2点が挙げられる。

2016.12.13
スマートハウス

韓国メーカー、「コネクテッドホーム」に全力投球

今年1月にラスベガスで開催された家電見本市「CES 2016」や、9月にベルリンで開催された「IFA 2016」では、各国の家電メーカーがネットに繋がる家電に力を入れ始めたことが目にとまりました。今回は、CESやIFAにおける韓国メーカーの取り組みをご紹介しましょう。

2016.10.31

注目連載

innovators 情熱のカラクリ
いまさら聞けないIoTの基本のキ
大辻雄介の「教育のIoT思議」

記事一覧

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。