IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.06.26

シチズンが考える光発電スマートウオッチ『Eco-Drive Riiiver』(8/31まで)

Powered by

「機能」を選ぶ・つくる・シェアする 『Riiiver(リィイバー)』とは、さまざまなデバイスを基点に、ヒト・モノ・コトを繋げるIoTプラットフォームです。『Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)』は、そのIoTプラットフォームであるRiiiverに対応した次世代のスマートウォッチです。Riiiverと連携することで、自分の好きな「機能」をEco-Drive Riiiverに設定することができます。また気分やシーンに合わせて「機能」を入れ替えたり、またスマートフォン用アプリ『Riiiver』を利用することで、誰でも簡単に「機能」自体をつくることもでき、それを共有することもできます。 持ち運べるRiiiver起動ボタン Eco-Drive Riiiverは、物理ボタンを持っているため、暗闇でも、何かほかの作業をしている時でも、ノールック操作を可能にします。また常に身に着けておけば、デバイスを取り出す必要がなく、Riiiver連携の起動アクセシビリティに優れています。(Riiiverの詳細はこちら▼) GreenFunding限定販売 2019年秋ごろ一般発売予定の『Eco-Drive Riiiver』を、GreenFunding限定特別価格にて先行販売いたします! (Riiiverの詳細はこちら▼) ▶光発電技術『エコ・ドライブ』 Eco-Drive Riiiverは、シチズンの光発電技術「エコ・ドライブ」で動作するスマートウォッチです。定期的な電池交換やケーブル充電は不要です。 Eco-Driveについて: https://citizen.jp/core-technology/eco-drive/index.html ▶自動で時刻修正 スマートフォン用アプリ『CITIZEN Eco-Drive Riiiver』をダウンロードして利用します。Bluetoothでスマートフォンと連動させ、アプリ経由でEco-Drive Riiiverの時刻を自動修正します。 ▶時計のアップデート可能 スマートフォン用アプリ『CITIZEN Eco-Drive Riiiver』をダウンロードして利用します。Bluetoothでスマートフォンと連動させ、アプリ経由でEco-Drive Riiiverのファームウェアを最新版へアップデートすることができます。 *BluetoothRのワードマークとロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標です。 ▶100年の歴史ある時計会社 私達のブランド名であるシチズンが示す市民とは、"日々挑戦し、変化を起こし続ける人々"です。私達はその意志ある人々に向けた腕時計を作るために、「時間とはなにか」ということを常に問い続けてきました。そして、時代ごとに変化する社会やライフスタイルに向き合いながら、その時代の最先端のテクノロジーを融合して、時計の本質を探究してきました。 ▶マニュファクチュール 私たちシチズンは、部品から完成時計まで自社一貫製造する世界でも数社しかいないマニュファクチュールです。Eco-Drive Riiiverのムーブメント(時計の駆動装置)も、精巧な部品をゼロから自社でつくりあげ、シチズンの時計職人の手で一つ一つ組み立てています。 シチズンについて: https://citizen.jp/about/index.html ▶アクティビティ 腕時計に内蔵された加速度センサーにより、日々の歩数、消費カロリーを計測。アプリ上で、数値化された活動量を確認できます。目標設定をすることで、毎日の達成率も分かりやすく管理できるので、モチベーションアップにもつながります。 ▶ライトレベル-グラフ 文字板に差し込む光を感知し、腕時計の発電量を表示。1日分の充電に必要な発電量を100%として、充電達成度を数値で確認できます。日、週、月ごとの発電量を細かく把握できるので、不意の充電不足を防止できます。 ▶ライトレベル-マップ スマートフォンと連動し、時計が浴びた光の道筋をマップ上で表示。日々の行動履歴や移動した経路を視覚的に確認することができます。 Riiiver(リィイバー)について Riiiverとは さまざまなデバイスを基点に、ヒト・モノ・コトを繋げるサービスです。『Eco-Drive Riiiver』はそのデバイスの一つを担います。Riiiverと繋がることで、自分の欲しい「機能」を製品にセットすることが可能です。またその「機能」はスマートフォン用アプリ『Riiiver』を利用することで、誰でも簡単につくることもできます。 各ネーミング Riiiverでは、IoTデバイスや多様なサービスをつなげる機能アイテムのことを「iiidea(アィイデア)」と呼び、そのiiideaを作り上げるパーツとなる機能モジュールのことを「Piece(ピース)」と呼びます。Pieceは、T(トリガー)・S(サービス)・A(アクション)の3つに分類されます。 オープンなIoTプラットフォーム Riiiverは、様々なデバイスやサービスを繋げることのできるオープンな性質をもったIoTプラットフォームです。Riiiverと連携することで、デバイスの機能を自分なりの使い方にカスタマイズすることができます。これまで製品に合わせていたライフスタイルから、製品の方をライフスタイルに合わせることが可能となります。人種・性別・世代を問わず、多くの人が思い思いの「時(ライフスタイル)」を楽しまれることを私たちは期待しています。 針の動きもカスタマイズ可能 開発ストーリー @SXSW2019 Eco-Drive Riiiver 製品仕様 支援プラン比較 FAQ Q. Riiiverは無料で使えますか? A. Riiiverは基本的に無料で使用可能です。また、より便利な機能が使用可能の課金プランも検討をしております。 Q. Riiiverは海外で使えますか? A. Riiiverは日本、アメリカ合衆国、カナダで使用可能です。 Q. Riiiverとの連携方法を教えてください。 A. Eco-Drive Riiiverにiiidea(機能)を設定する・入れ替えるための「CITIZEN Eco-Drive Riiiver」アプリと、iiidea(機能)をつくる・シェアするための「Riiiver」アプリの2種類をダウンロードしていただく必要があります。「CITIZEN Eco-Drive Riiiver」アプリでEco-Drive RiiiverをスマートフォンとBluetooth接続することで、時計やRiiiverの様々な機能をご利用になれます。 Q. iOS、Andoroidで使えますか? A. Eco-Drive Riiiverの専用アプリ「CITIZEN Eco-Drive Riiiver」はiOS12以上・Android 8.0以上、Bluetooth 4.2以上の端末に対応しています。「Riiiver」アプリはiOS12以上・Android 4.1以上に対応しています。 Q. Riiiverの利用にはEco-Drive Riiiverが必須ですか? A. スマートフォンの「Riiiver」アプリだけでもRiiiverを利用することができます。Eco-Drive Riiiver専用のPiece(時計のボタンを押す など)が組み込まれているiiidea(機能)を利用する場合は、Eco-Drive Riiiverが必要です。 Q. Riiiverが連携できるデバイスやサービスは、Eco-Drive Riiiverの他にどのようなものがありますか? A. WEB APIが公開されている、もしくは弊社が個別に契約をしたデバイスやサービスはRiiiverを通じて連携可能です。今後はWEB APIが公開されていないデバイスやサービスについてもRiiiverの対応化に向けて協議を進めていく予定です。 Q. Eco-Drive Riiiverの重さはどのくらいですか? A. 重量は約「110g」です。ただし、重量は目安で実際の重量と異なる場合がありますのでご了承ください。 その他 Riiiver公式サイト:https://riiiver.com/ Riiiver開発者用サイト:https://developer.riiiver.com/

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート
IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道
ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション
より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ
“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには
仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT
自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ
除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ
他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法
荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売
KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設
スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ
センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携
レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売
センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充
マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。