IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.06.04

スマホで操作できるBluetooth接続の赤外線家電リモコンRS-BTIREX2発売

Powered by

ラトックシステム株式会社は、スマホで家電を操作できるBluetooth接続のスマート家電リモコン「RS-BTIREX2」を出荷開始、本日よりドコモショップにて販売を開始いたします。 スマート家電リモコン BTは、スマートフォンとBluetoothで接続するデバイスです。専用アプリ「BTスマート家電リモコン」におうちの家電を登録し、今ある家電をスマホで操作できるようになります。家電は、赤外線リモコンに対応していれば登録が可能です。本製品を使えば、リモコンを持ち替えたり探し回ったりすることなく、手元のスマホで家電のコントロールがおこなえます。 主要メーカーのテレビ、エアコン、照明ほか、扇風機や電動カーテンなど、450機種を超えるリモコンデータをプリセットとして提供。登録されていないリモコンは、手動での学習が可能です。セットアップは本製品とスマホをペアリングし、プリセットから家電を選択するだけ。簡単設定で使いはじめられます。 本製品は通常のリモコン操作のほか、複数の家電操作をマクロとして登録したり、よく使うリモコンボタンをウィジェットとして追加するなど、スマホならではの機能を搭載しています。 赤外線の有効範囲は上方全方向水平方向に最大360度、飛距離は見通しで最大20m。向きを気にせず設置できます。本体の底面には吊り下げ用ホールを設けており、壁にかけて使うことも可能です。 本製品はドコモテレビターミナルと組み合わせた、テレビ、エアコン、照明の操作に対応しています。NTTドコモ「my daizTM」に話しかけて声で家電を操作したり、外出先から温度・湿度を確認してエアコンを操作することが可能です。 2019年8月には、SiriショートカットとGoogleアシスタントに対応予定。「Hey Siri」や「OK Google」でスマホから家電の操作が可能となります。 ■スマート家電リモコン BT RS-BTIREX2 【特長】 ■スマホで家電を操作 おうちのリモコンをひとまとめ。リモコンを紛失したときや故障したときも操作できて安心 ■簡単セットアップ 本製品とスマホをペアリングし、プリセットから家電を選択するだけ。 ※ドコモテレビターミナルと使用する場合は、本製品とドコモテレビターミナルをペアリングします ■方向や置き場所を選ばない 赤外線は上方全方向に最大20m届くので、向きを気にすることなく設置が可能です。 ■ドコモテレビターミナルと組み合わせて、音声での家電操作も可能 ドコモテレビターミナルと組み合わせて、音声で家電を操作。NTTドコモ「my daizTM」に対応し、テレビ、エアコン、照明の操作が可能です。外出先から温度・湿度を確認して、エアコンをコントロールすることもできます。 【対応OS】 iOS 9.0以降、Android 4.4以降 【対応家電製品】 赤外線リモコンで操作可能な家電製品 【関連URL】 RS-BTIREX2 製品情報(ラトックシステム公式サイト) https://iot.ratocsystems.com/products/rs-btirex2/ 企業プレスリリース詳細へ PRTIMESトップへ

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も
中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方
これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供
IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。