IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.05.21

ワンボードマイコンのArduinoボード、新Nanoファミリー4モデルを発表。9.9ドルから

Powered by

電子工作でよく使われるArduinoボードの新モデルが、5月17日~19日にカリフォルニアで開催されたMaker Fair Bay Area 2019にあわせて発表されました。 Arduinoは、オープンソースのソフトウェアとハードウェアで構成される総合開発プラットフォーム。そのハードウェアであるArduinoボードは各種I/Oポートを備えており、センサーからの情報をもとにモーターを動かすなど、各種電子工作でも広く使われています。 新たに発表されたのはArduino Nano Familyと名付けられた4モデル。名前のとおり、従来のArduino Nanoを置き換える製品群で、フットプリントは従来モデル(18 x 45mm)と同じです。 もっとも安価で、従来製品を置き換えるのがArduino Nano Everyで9.9ドル。IoT向けのArduino Nano 33 IoTが18ドル。Bluetooth Low Energyに対応したArduino Nano 33 BLEが19ドル。BLEに温度や湿度など各種環境センサーを追加したArduino Nano 33 BLE Senseが29.5ドルとなります。 米国ではすでに予約受付中で、Everyと33 IoTが6月中旬、33 BLEと33 BLE Senseが7月中旬発売予定です。 なお、センサーで記録したデータを保存したり、イベントのトリガーなどに使えるArduino IoT Cloud専用SIMも発表されています。無料登録で10MBを最長90日間利用可能。それ以降は月額1.5ドルで5MBを利用可能になります。残念ながら契約は米国居住者のみ。 今のところ、Arduino IoT Cloud以外には接続できないとのことですが、今年の後半には広くインターネットに接続可能になるとしています。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

IoT・AI・ブロックチェーン全部入りのセンサーシステムをアステリアが発表 〜登録済みの人物を監視カメラで判別しスマホ経由で来場案内などが可能
300万円で導入できるAI+IoT環境のPoCパッケージ、HPCシステムズとラトナが共同で提供 | IT Leaders
スマート社会を実現するACCESSのIoTブランド「WAVEE+」
コネクシオ、ARとIoTを活用した設備保全ソリューションを提供開始
IIJとアドバンテック、IoT分野での協業を発表
アステリア、AI搭載IoT統合エッジウェアの新バージョン「Gravio 3」を提供開始
東京大学と日本IBM、産学連携で革新的な社会モデルの創出を目指す研究プログラム新設 〜先端デジタル技術と人文社会科学の融合で社会モデルをデザイン・構築
ありふれた元素、わずかな温度差で熱電発電するモジュール
5Gの本質はIoT、「経済原理によって、セキュリティ対策がおろそかになってはいけない」
台湾アドバンテックとIIJ、産業機械のリモート監視や稼働状況の可視化を支援するIoT基盤を提供 | IT Leaders
ハードウェアエコシステムから日本発スマートシティまで最先端Techを学べる1日
東京大学と日本IBM、先端デジタル技術と人文社会科学を融合した 社会モデルの創出で連携 | IT Leaders
クアルコムと富士通、ドコモ向け5G機器の接続試験を完了
介護プラットフォームのウェルモ、11.7億円の資金調達--AD損保やコニカミノルタら
バンダイナムコと北欧スタートアップFurhatが目指す「人間とアニメキャラクターの現実世界での交流」
東芝×AIスタートアップのコラボに迫る 先端技術がもたらすオープンイノベーションの今【8/26セッション観覧募集中】

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。