IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.04.27

京セラ、スマホ事業を数年で見直しの方針

Powered by

京セラの谷本秀夫社長は、4月26日に開催された2019年3月期決算説明会にて、今後の携帯電話事業の展望について「携帯電話事業を続けるか、他(分野)へ行くのかはここ2〜3年の課題」とコメントし、数年後に見直す方針をしめしました。 国内のスマートフォンメーカーの撤退や事業売却などが相次ぐ中、京セラは国内でスマートフォン製造工場を持つ数少ないメーカーになっています。2019年度には、投入機種数を絞ったことから販売台数は減少したものの、スマートフォン事業単体で黒字を確保したとしています。 一方で、来年2020年には日本でも次世代のモバイル通信「5G」がスタート。世界でも本格的な普及が始まります。そうした環境の変化の中で、京セラは数年後の携帯電話事業の見直しを検討しているようです。 谷本社長は「(スマートフォン事業の単体黒字を)2〜3年は維持できると思うが、5Gの本格展開後は不透明」とコメント。続けて「一般的な予想として、5Gが早期に普及しないのではないかという見解がある。5Gで使われる"コンテンツ"が何になるのか、今の段階でははっきりしていない。5Gスマートフォンは高価になる傾向があるので、ゆっくりとした普及になるのではないか」と見立てを示します。 加えて谷本氏が懸念するのは『スマホの次』の展開について。5GではIoT機器向けの仕様も盛り込まれており 、数年後には自動車や家電、家具といった、これまで通信機能が無かった機器にもモバイル通信が組み込まれるようになります。 そうしたIoT社会の到来を前提として谷本氏は「そもそも携帯電話がいつまでみんなが使うかが良く分からない。 何にでも通信機能がついたとき、携帯電話をわざわざ持ち歩くようにはならないのではないか、主力の事業にはならないと思っている」と話しました。 一方で、京セラは5G時代に向けた技術開発は進めているとも説明。5Gスマートフォンについて「作る技術は身につけようと思っている。製品化するかどうかはまだ決めていない」(谷本氏)と話しました。 京セラはスマートフォン向けの部品製造も行っていますが、こちらはすでに需要が落ち着いており、今後も縮小傾向にあるという見通しです。一方で直近では5G導入に向けた基地局装置の需要が旺盛で、京セラでは5G基地局に必要なコンデンサーや発振器などが好調な売れ行きとしています。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

[製造業: 5/28]DXを活用した製造業の未来 製造現場のデジタルツイン構築からDXの活用事例(無料/ウェビナー)

トレンドマイクロが2020年の事業方針を発表、“新たな時代”に対応したセキュリティソリューションを提供へ

マクニカ・損保ジャパン・SOMPOリスク、製造業向けにIoT製品のデータを活用した専用保険のサービスを提供

トレンドマイクロ、クラウドを保護する新製品ブランド「Trend Micro Cloud One」を発表 | IT Leaders

OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始

マクニカ、損保ジャパン、SOMPOリスク、IoT製品のデータを活用した保険サービスを提供

京セラと慶應義塾大学、3軸水晶ジャイロセンサーを活用して卓球ラケットの角度や軌道を可視化するシステム「IoT on Table Tennis」を開発

CTCら、体温検知デバイスを発売--AIによる顔認識機能も

ロボット活用で安心・安全と生産性向上へ--QBIT、コロナ対策ソリューション

オーリック・システムズ・ジャパンのビッグデータ分析基盤「Pivotbillions」、540億件の位置情報データから移動パターンを抽出可能に

IoT人気記事ランキング|FAがわかれば製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビューなど[5/18-5/24]

NTTドコモなど、医療機関・患者向けの ICT・IoT 活用における協業検討を開始 VR・ARによるバーチャル外出支援に取り組む

サイバーリンク、アドバンテック社と提携し、AI 顔認識エンジン「FaceMe(R)」をリテール、ホスピタリティ、セキュリティの AI/IoT アプリケーションに統合

IoTの重要性がさらに高まるコロナ後の世界

第四のスマートスピーカ「Josh.ai」、狙うはハイエンド住宅特化のホームIoT市場

[セキュリティ:5/29]今すぐ対策 安全かつ効率的なテレワーク開発環境を構築する方法(無料/ウェビナー)

伊藤忠テクノソリューションズとIdein、AIによる顔認識機能を活用した体温検知デバイスの販売開始

ソニー、NTTドコモ、エムスリーが医療機関・患者向けのICT・IoT活用で協業の検討を開始

二酸化炭素濃度を測定し換気を促す、KDDIとエコモットの法人向けIoTパッケージ

京葉ガスとセンスウェイ、建物内温度や外気温を可視化して空調を制御する空調IoTソリューションを共同開発

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

[製造業: 5/28]DXを活用した製造業の未来 製造現場のデジタルツイン構築からDXの活用事例(無料/ウェビナー)
トレンドマイクロが2020年の事業方針を発表、“新たな時代”に対応したセキュリティソリューションを提供へ
マクニカ・損保ジャパン・SOMPOリスク、製造業向けにIoT製品のデータを活用した専用保険のサービスを提供
トレンドマイクロ、クラウドを保護する新製品ブランド「Trend Micro Cloud One」を発表 | IT Leaders
OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始
マクニカ、損保ジャパン、SOMPOリスク、IoT製品のデータを活用した保険サービスを提供
京セラと慶應義塾大学、3軸水晶ジャイロセンサーを活用して卓球ラケットの角度や軌道を可視化するシステム「IoT on Table Tennis」を開発
CTCら、体温検知デバイスを発売--AIによる顔認識機能も
ロボット活用で安心・安全と生産性向上へ--QBIT、コロナ対策ソリューション
オーリック・システムズ・ジャパンのビッグデータ分析基盤「Pivotbillions」、540億件の位置情報データから移動パターンを抽出可能に
IoT人気記事ランキング|FAがわかれば製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビューなど[5/18-5/24]
NTTドコモなど、医療機関・患者向けの ICT・IoT 活用における協業検討を開始 VR・ARによるバーチャル外出支援に取り組む
サイバーリンク、アドバンテック社と提携し、AI 顔認識エンジン「FaceMe(R)」をリテール、ホスピタリティ、セキュリティの AI/IoT アプリケーションに統合
IoTの重要性がさらに高まるコロナ後の世界
第四のスマートスピーカ「Josh.ai」、狙うはハイエンド住宅特化のホームIoT市場
[セキュリティ:5/29]今すぐ対策 安全かつ効率的なテレワーク開発環境を構築する方法(無料/ウェビナー)

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。