IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.04.13

リアルに泳ぐ魚型ロボット「MIRO-5」発売。+Styleから

Powered by

見たことのない"ミライ"の商品が集まるIoTショールーム「+Style(プラススタイル)」は、本物の魚のように体を動かして泳ぐロボット「MIRO-5」(出品者:JBS、メーカー:AIRO Inc.)を、2019年5月20日に発売します。販売開始に先立ち、予約受け付けを本日より開始します。なお、一般消費者向けとして初めて、+Styleが日本国内向けに販売します。 MIRO-5は、手のひらサイズのロボットフィッシュです。体が複数のパーツで構成されており、スクリューではなく関節を動かして遊泳するほか、浮き袋の制御により上下方向にも遊泳可能です。遊泳時の動きについては、下記動画をご確認ください。 レーザーセンサー4個と自動遊泳アルゴリズムを搭載し、前方と左右、下方の4方向の障害物を感知・回避します。なお、アルゴリズムによる自動遊泳に加えて、Androidアプリで泳ぐ方向を手動で操作可能です※。 ※iOSアプリは2019年5月以降に公開予定 2000mAhのバッテリーを搭載することで、連続8時間の動作を実現。関節を動かすモーターには、メタル製ギアを採用することで、高い耐久性を備えました。なお、万が一の故障に備えて関節ブロックの交換パーツも付属しており、安心して長期間ご利用いただけます。AIRO Inc.は、MIRO-5のほかに、より大きなMIRO-7やMIRO-9、MIRO-21を開発しており、今後の販売を検討しています。 「MIRO-5」製品画像 「MIRO-5」主な仕様 +Style販売価格(税込み) MIRO-5 (6万4800円) https://plusstyle.jp/shopping/item?id=369&utm_source=pr&utm_medium=shop&utm_campaign=20190412 +Styleについて +Styleは、見たことのない"ミライ"の商品が集まるIoTショールームです。大量生産されていない、まだ生まれたてのプロダクトから、今注目のスマート家電やロボット、ドローン、スマートウォッチまで、さまざまなスマート製品を取り揃えています。また、人々の生活を豊かにする想いを込めて誕生した+Styleのオリジナル製品も続々登場。「はじめよう!ミライ生活」をコンセプトに、ユーザーにとって"安くて便利"なミライ生活の実現を目指していきます。 ・+Styleは、プラススタイル株式会社の登録商標です。 ・このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。 企業プレスリリース詳細へ PRTIMESトップへ

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

[製造業: 5/28]DXを活用した製造業の未来 製造現場のデジタルツイン構築からDXの活用事例(無料/ウェビナー)

トレンドマイクロが2020年の事業方針を発表、“新たな時代”に対応したセキュリティソリューションを提供へ

マクニカ・損保ジャパン・SOMPOリスク、製造業向けにIoT製品のデータを活用した専用保険のサービスを提供

トレンドマイクロ、クラウドを保護する新製品ブランド「Trend Micro Cloud One」を発表 | IT Leaders

OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始

マクニカ、損保ジャパン、SOMPOリスク、IoT製品のデータを活用した保険サービスを提供

京セラと慶應義塾大学、3軸水晶ジャイロセンサーを活用して卓球ラケットの角度や軌道を可視化するシステム「IoT on Table Tennis」を開発

CTCら、体温検知デバイスを発売--AIによる顔認識機能も

ロボット活用で安心・安全と生産性向上へ--QBIT、コロナ対策ソリューション

オーリック・システムズ・ジャパンのビッグデータ分析基盤「Pivotbillions」、540億件の位置情報データから移動パターンを抽出可能に

IoT人気記事ランキング|FAがわかれば製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビューなど[5/18-5/24]

NTTドコモなど、医療機関・患者向けの ICT・IoT 活用における協業検討を開始 VR・ARによるバーチャル外出支援に取り組む

サイバーリンク、アドバンテック社と提携し、AI 顔認識エンジン「FaceMe(R)」をリテール、ホスピタリティ、セキュリティの AI/IoT アプリケーションに統合

IoTの重要性がさらに高まるコロナ後の世界

第四のスマートスピーカ「Josh.ai」、狙うはハイエンド住宅特化のホームIoT市場

[セキュリティ:5/29]今すぐ対策 安全かつ効率的なテレワーク開発環境を構築する方法(無料/ウェビナー)

伊藤忠テクノソリューションズとIdein、AIによる顔認識機能を活用した体温検知デバイスの販売開始

ソニー、NTTドコモ、エムスリーが医療機関・患者向けのICT・IoT活用で協業の検討を開始

二酸化炭素濃度を測定し換気を促す、KDDIとエコモットの法人向けIoTパッケージ

京葉ガスとセンスウェイ、建物内温度や外気温を可視化して空調を制御する空調IoTソリューションを共同開発

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

[製造業: 5/28]DXを活用した製造業の未来 製造現場のデジタルツイン構築からDXの活用事例(無料/ウェビナー)
トレンドマイクロが2020年の事業方針を発表、“新たな時代”に対応したセキュリティソリューションを提供へ
マクニカ・損保ジャパン・SOMPOリスク、製造業向けにIoT製品のデータを活用した専用保険のサービスを提供
トレンドマイクロ、クラウドを保護する新製品ブランド「Trend Micro Cloud One」を発表 | IT Leaders
OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始
マクニカ、損保ジャパン、SOMPOリスク、IoT製品のデータを活用した保険サービスを提供
京セラと慶應義塾大学、3軸水晶ジャイロセンサーを活用して卓球ラケットの角度や軌道を可視化するシステム「IoT on Table Tennis」を開発
CTCら、体温検知デバイスを発売--AIによる顔認識機能も
ロボット活用で安心・安全と生産性向上へ--QBIT、コロナ対策ソリューション
オーリック・システムズ・ジャパンのビッグデータ分析基盤「Pivotbillions」、540億件の位置情報データから移動パターンを抽出可能に
IoT人気記事ランキング|FAがわかれば製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビューなど[5/18-5/24]
NTTドコモなど、医療機関・患者向けの ICT・IoT 活用における協業検討を開始 VR・ARによるバーチャル外出支援に取り組む
サイバーリンク、アドバンテック社と提携し、AI 顔認識エンジン「FaceMe(R)」をリテール、ホスピタリティ、セキュリティの AI/IoT アプリケーションに統合
IoTの重要性がさらに高まるコロナ後の世界
第四のスマートスピーカ「Josh.ai」、狙うはハイエンド住宅特化のホームIoT市場
[セキュリティ:5/29]今すぐ対策 安全かつ効率的なテレワーク開発環境を構築する方法(無料/ウェビナー)

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。