IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.04.02

スマートホーム市場は2019年に27%の成長。今後Appleが伸びてくるとも(IDC予測)

Powered by

AmazonのEchoデバイスやGoogleのGoogle Home、それ以外にも数多くのIoT・スマートホーム製品が世に出ていますが、日本ではいまひとつ普及が進んでいる印象はありません。しかし、世界的には拡大傾向が続いているようです。 市場調査会社のIDCが、2019年のスマートホーム製品出荷台数は全世界で8億3270万台に達し、前年比26.9%増になるとの予測を発表しました。 スマートホームデバイスとしては、ホームモニタリング/セキュリティや照明関連、スマートスピーカーも含まれており、中でもビデオエンターテイメントがマーケットシェア43%を獲得するとの予測です。これはFire TVやChromecast、Apple TVなどのことだと考えられます。 また、市場を支配しているのは基本的にAmazonとGoogleの2社ですが、Appleが今後数年で勢いを増すとも予想しています。iOSやmacOSデバイスの人気から、多くの消費者をエコステムに取り込むだろうとのこと。 IDCのリサーチマネージャーJitesh Ubrani氏は、2018年は新規顧客の獲得を目的としていたものの、2019年にはより統合的な体験を提供するため、多くのデバイスとの接続が進むと指摘します。 つまり、すでに十分な普及が進み、次のステージに移行するとのと予測ですが、冒頭に書いた通り、日本ではさほど普及していない印象があります。実際のところ、昨年末に行われたスマートスピーカーに関する調査では、日本での普及率は6%ほど。対して、米国では成人への普及率は26.2%に達しているとのことです。 関連記事: 米国スマートスピーカーユーザーが6600万人を突破。アマゾンのシェアが6割超 ただ日本ではApple製品の人気が根強いだけに、Appleがスマートホームに本腰を入れてくると、一気に普及する可能性もありそうです。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も
全米最大のホームセンター「ホームデポ」が発見した“3種のスマートホームユーザー”
日本郵船が取り組む「船舶IoT」とは何か?主要システム「LiVE」「SIMS」の役割とは
エクストリームネットワークス、IoTデバイスを安全にネットワークにつなぐアダプタなどを発表 | IT Leaders
【CES Asia 2019】開幕。自動車技術の出展に日産やデンソーが初参加
マクニカ、IIoT×AIを活用したセンシングを提案
日立がIoTプラットフォームLumadaを使って2年で2兆円を目指す
ビジネスプロセス変革の最前線に「変貌するBPM」─iBPM、そしてケースマネジメントへ | IT Leaders
今さら聞けないIoTの裏の“裏”
Cognitive Servicesに3つの新サービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。