IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.03.10

電池交換不要 シチズンの新スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がこの秋に発売

Powered by

シチズンは、新IoTプラットフォームサービス「Riiiver」に対応するスマートウォッチの新モデル「Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)」を2019年秋に発売します。 「Riiiver」を通じて様々な端末と接続可能。腕時計のボタンを押すだけで配車サービスが利用できたり、スマートスピーカーなどのIoT機器の操作もできるとしています。 また、光発電エコ・ドライブを搭載することで、電池交換を必要としないのも特徴です。さまざまなデータを読み取りやすくするため、盤面には視認性の高いカラーリングが施されています。 ▲左から順に「BZ7005-74E」と「BZ7007-61E」 ▲左から順に「BZ7000-60L」と「BZ7005-74X」 Riiverは、腕時計からスマホやWebサービスの機能を呼び出す連携プラットフォーム。トリガーとなる行為を起動する機能を組み合わせて、好みのアクションを設定できます。また、Riiver上で選んだデータを腕時計の盤面に表示する機能も用意します。 たとえば「腕時計の用意されたボタンを押したら配車サービスで車を呼ぶ」、「運動をはじめて200kcal消費したら音楽を再生する」といったアクションを設定できるとしています。 Eco-Drive Riiiverの専用アプリではRiiverとの連携のほか、時計本体に搭載されている活動量計、光量計機能の設なども可能。スマートフォンとの接続にはBluetoothを利用します。 ケースとバンドがステンレス製でケース径は43.2mm、厚みは12.6mm。風防はサファイアガラスを採用し、10気圧防水にも対応します。4つのデザインが用意され、価格はいずれも4万8600円です。 なお、本製品は3月10日(現地時間)に米国テキサス州オースティンで開催される「サウス・バイ・サウスウェスト 2019」にて展示されます。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

エッジAIのエイシング、三井住友海上キャピタルから3億円を資金調達
デジタルトランスフォーメーション(DX)なんて言っているからダメなんじゃないか?
ディープインサイト、組み込み型エッジAIを提供
物理セキュリティも注力、レノボ初のエッジサーバー「ThinkSystem SE350」
富士通総研、埼玉県内企業向けAI・IoT活用支援サイトを構築
そのスマート家電は、来年も“スマート”なのか? IoT機器に常在する「サポート終了」というリスク
ホームネットとビレッジハウス・マネジメント、LEDとSIMを一体化IoT電球「ハローライト」のテスト導入
ローカル5Gとは何か? 総務省の狙いやNEC、パナソニック、東芝の動きなどを解説
IoT/AIを超高齢社会にどう生かすか? 「先駆者」としての障がい者
ICUの遠隔化で緊急医療体制を進化
災害・BCP対策、医療×AI/IoTで病院はどう変わる?
1億画素スマホや5Gスマホは日本に来る? シャオミに日本市場参入の意図を聞く
「半導体が産業の主役に」SEMICON Japan 2019の狙い
漁業、農業へのAI、IoT活用は実用段階へ--KDDIが手がける5つの事例
日立ソリューションズ、「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」にデータ分析支援機能を追加
強化学習によってIoT機器が自ら最適な無線チャネルを選択 東京理科大

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。