IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.03.10

電池交換不要 シチズンの新スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がこの秋に発売

Powered by

シチズンは、新IoTプラットフォームサービス「Riiiver」に対応するスマートウォッチの新モデル「Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)」を2019年秋に発売します。 「Riiiver」を通じて様々な端末と接続可能。腕時計のボタンを押すだけで配車サービスが利用できたり、スマートスピーカーなどのIoT機器の操作もできるとしています。 また、光発電エコ・ドライブを搭載することで、電池交換を必要としないのも特徴です。さまざまなデータを読み取りやすくするため、盤面には視認性の高いカラーリングが施されています。 ▲左から順に「BZ7005-74E」と「BZ7007-61E」 ▲左から順に「BZ7000-60L」と「BZ7005-74X」 Riiverは、腕時計からスマホやWebサービスの機能を呼び出す連携プラットフォーム。トリガーとなる行為を起動する機能を組み合わせて、好みのアクションを設定できます。また、Riiver上で選んだデータを腕時計の盤面に表示する機能も用意します。 たとえば「腕時計の用意されたボタンを押したら配車サービスで車を呼ぶ」、「運動をはじめて200kcal消費したら音楽を再生する」といったアクションを設定できるとしています。 Eco-Drive Riiiverの専用アプリではRiiverとの連携のほか、時計本体に搭載されている活動量計、光量計機能の設なども可能。スマートフォンとの接続にはBluetoothを利用します。 ケースとバンドがステンレス製でケース径は43.2mm、厚みは12.6mm。風防はサファイアガラスを採用し、10気圧防水にも対応します。4つのデザインが用意され、価格はいずれも4万8600円です。 なお、本製品は3月10日(現地時間)に米国テキサス州オースティンで開催される「サウス・バイ・サウスウェスト 2019」にて展示されます。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

IoT・AI・ブロックチェーン全部入りのセンサーシステムをアステリアが発表 〜登録済みの人物を監視カメラで判別しスマホ経由で来場案内などが可能
300万円で導入できるAI+IoT環境のPoCパッケージ、HPCシステムズとラトナが共同で提供 | IT Leaders
スマート社会を実現するACCESSのIoTブランド「WAVEE+」
コネクシオ、ARとIoTを活用した設備保全ソリューションを提供開始
IIJとアドバンテック、IoT分野での協業を発表
アステリア、AI搭載IoT統合エッジウェアの新バージョン「Gravio 3」を提供開始
東京大学と日本IBM、産学連携で革新的な社会モデルの創出を目指す研究プログラム新設 〜先端デジタル技術と人文社会科学の融合で社会モデルをデザイン・構築
ありふれた元素、わずかな温度差で熱電発電するモジュール
5Gの本質はIoT、「経済原理によって、セキュリティ対策がおろそかになってはいけない」
台湾アドバンテックとIIJ、産業機械のリモート監視や稼働状況の可視化を支援するIoT基盤を提供 | IT Leaders
ハードウェアエコシステムから日本発スマートシティまで最先端Techを学べる1日
東京大学と日本IBM、先端デジタル技術と人文社会科学を融合した 社会モデルの創出で連携 | IT Leaders
クアルコムと富士通、ドコモ向け5G機器の接続試験を完了
介護プラットフォームのウェルモ、11.7億円の資金調達--AD損保やコニカミノルタら
バンダイナムコと北欧スタートアップFurhatが目指す「人間とアニメキャラクターの現実世界での交流」
東芝×AIスタートアップのコラボに迫る 先端技術がもたらすオープンイノベーションの今【8/26セッション観覧募集中】

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。