IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.02.09

6800円のネット接続カメラなど6製品 +Styleが発売

Powered by

プラススタイル株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:近藤 正充、以下「+Style」)は、自社ブランドのスマートカメラ3製品と、スマートセンサー3製品を2019年2月15日より順次発売します。発売に先立ち、+StyleのWebサイト(https://plusstyle.jp/)やAmazonなどで本日から予約の受け付けを開始します。 +Styleは「はじめよう!ミライ生活」をコンセプトに、ネットに接続することでさまざまな新しい価値をユーザーに提供する、IoT機器を数多く用意しています。IoT機器の利便性は認知が徐々に広がる一方で、多くのユーザーが「価格が高い」「設定が難しい」「いろいろなアプリが必要」といった不満を抱えています。 こうした不満に対して+Styleは、さまざまなジャンルの製品を一つのアプリで操作可能、便利で簡単なIoTのオリジナル製品を用意。「スマートアロマミストポッド」など発売済み家電や、今回登場したスマートカメラ、スマートセンサーを組み合わせることで「スイッチ要らず、機器の操作を意識しなくて良い世界」「話しかけるだけでさまざまな機器が動いてくれる世界」という少し先のミライ生活を実現し、人々のより豊かな生活をサポートします。 2018年10月発売の「スマートアロマミストポッド」は、これまでもスマートスピーカーと連携して音声による電源ON/OFFが可能でしたが、今回登場したスマートセンサーを活用することで、「起床して廊下を歩いたら、リビングにあるスマートアロマミストポッドの電源をONにする」「ドアが開いたら、スマートアロマミストポッドの電源をOFFにする」といった連携動作が可能になります。+Styleでは今後も、センサーを活かした家電製品の自動化によるライフスタイルの革新を提案してまいります。 今回発売するスマートカメラ3製品は、ご家庭内のさまざまなシーンでご利用いただけるカメラです。外出時にも玄関のようすを動画で確認、来訪者の応対が可能な「スマートビデオドアホン」、壁や天井に取り付けられる「スマートセキュリティカメラ」、フレキシブルアームによって家中どこにでも設置しやすい「スマートホームカメラ(フレキシブルアーム)」は、いずれもHD画質での撮影が可能※です。 ※スマートビデオドアホンは1280×720pの撮影となります。また、撮影環境やネットワーク環境に応じて録画・再生画質が変化する場合があります。 高画質なストリーミング映像や録画映像を+Styleアプリで確認できるため、外出先から自宅の状況を確認したり、遠隔地にいる家族とのコミュニケーションも可能になります。また、動き(モーション)検知機能も搭載しており、アプリへの通知や、動きを検知した際の写真・動画撮影※も設定可能です。 ※製品によって、撮影可能な項目は異なります。 ほかに、「スマートセキュリティカメラ」「スマートホームカメラ(フレキシブルアーム)」の2製品は、スマートスピーカーの音声操作に対応。GoogleのChromecastやAmazon Echo Spotと連携して、カメラ映像を確認することが可能です。 一方のスマートセンサーは、「スマートセンサー(人感)」「スマートセンサー(漏水)」「スマートセンサー(ドア・窓)」の3製品を発売します。人やペットの動きの検知と、水漏れの検知、ドア・窓の開閉検知が可能で、+Styleアプリに対してそれぞれの状況をリアルタイムで通知します。自宅に誰もいない状況におけるドアや窓の開閉検知による防犯対策、洗濯機のノイズ外れやトイレの水漏れといった漏水の早期対応などにご使用いただけます。 +Style販売価格(税込み) 「スマートビデオドアホン」 1万1,800円 「スマートセキュリティカメラ」 7,800円 「スマートホームカメラ(フレキシブルアーム)」 6,800円 「スマートセンサー(人感)」 3,780円 「スマートセンサー(漏水)」 3,580円 「スマートセンサー(ドア・窓)」 2,980円 「スマートビデオドアホン」主な仕様 「スマートセキュリティカメラ」主な仕様 「スマートホームカメラ(フレキシブルアーム)」主な仕様 「スマートセンサー(人感)」主な仕様 「スマートセンサー(漏水)」主な仕様 「スマートセンサー(ドア・窓)」主な仕様 スマートフォンアプリ「+Style」について アプリ名:+Style(プラススタイル) 価格:無料 対応OS:【iOS】iOS 8.0以上 【Android】Android 4.4以上 ダウンロードURL 【 iOS 】https://itunes.apple.com/jp/app/+Style/id1435558396 【Android】https://play.google.com/store/apps/details?id=com.plusstyle.cn スマートスピーカー連携アプリ・スキルについて Google アシスタントアプリ名:Plus Style Amazon Alexa スキル:+Style 価格:無料 +Styleについて +Styleは、見たことのない"ミライ"の商品が集まるIoTショールームです。大量生産されていない、まだ生まれたてのプロダクトから、今注目のスマート家電やロボット、ドローン、スマートウォッチまで、さまざまなスマート製品を取り揃えています。また、人々の生活を豊かにする想いを込めて誕生した+Styleのオリジナル製品も続々登場。「はじめよう!ミライ生活」をコンセプトに、ユーザーにとって"安くて便利"なミライ生活の実現を目指していきます。 +Styleは、プラススタイル株式会社の登録商標です。 Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。 TM and (C) 2018 Apple Inc. All rights reserved. Apple、Appleのロゴ、iPhoneはApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 AndroidTM、Google アシスタントは、Google LLCの商標です。 このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。 企業プレスリリース詳細へ PRTIMESトップへ

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

意義あり? 誤解?--IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏
PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来
IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」
ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」
ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】
IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集
スマホ上でIoTデバイスの開発、「obniz PoCキット」+Styleで販売
Society 5.0で加速する「デジタルガバメント」、クラウドこそが成否の鍵だ
「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」の応募を受付中、8月20日まで
徐々に広がる産業用IoTとエッジコンピューティング
ドローンやウエアラブル、新時代のデバイス9種を「生かし切る」3つのポイント
IoTの最先端を行き、通信の民主化を果たす――、「SORACOM Discovery 2019」開催 新サービス/デバイスの発表も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。