IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.02.01

IIJ、フルMVNOサービスでチップ型SIMの提供を開始 IoT機器への組み込みが可能に

Powered by

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、2019年1月31日、フルMVNOとして法人向けに展開している「IIJモバイルサービス/タイプI」において、デバイスへの組み込みが可能なチップ型SIM(MFF2タイプ)の提供を開始しました。 従来は主にスマートフォンなどに搭載可能なカード型SIMを提供していましたが、IoTの普及にともなう機器への組み込み需要に対応し、新たにMFF2(Machine to machine Form Factor 2)規格の小型チップ型SIMの取扱い開始に至ったとのこと。 チップ型SIMのサイズは6x5mm。厚さわずか0.9mmです。動作保証温度は-40度~+105度、保存保証温度は-40度~+125度までとされています。製造段階で機器の基板に組み込むことができるほか、耐衝撃性にも優れているといいます。従来のカード型SIMでは物理的・環境的に対応困難な車載機器や工業製品などIoT/M2M用機器などでも利用でるのが特徴です。 ちなみに、IIJモバイルサービス/タイプIは、NTTドコモのフルMVNOながら、通信におけるコアネットワーク設備の一部である加入者管理機能(HLR/HSS)を自社で保有・運用することにより、利用形態に応じた多彩なプラン、柔軟なサービス展開が行われているモバイルサービス。 このIIJモバイルサービス/タイプIの特長である、SIMの開通および課金開始のタイミングを管理できる"SIMライフサイクル管理機能"により、工場の製造ラインでSIMを製品に組み込み、出荷前に通信テストをしたうえで、出荷後に開通、課金開始する、といった管理が可能とのこと。適切なコストコントロールのもと、製品を製造・販売できるとされています。 なお、チップ型SIMは1リール(3000個)単位での提供となり、4~5か月の納期になるとのこと。IIJモバイルサービス/タイプIの初期費用や回線費用に加えて、1個あたり600円のチップSIM専用の取扱手数料がかかります。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」
ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】
IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集
スマホ上でIoTデバイスの開発、「obniz PoCキット」+Styleで販売
Society 5.0で加速する「デジタルガバメント」、クラウドこそが成否の鍵だ
「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」の応募を受付中、8月20日まで
徐々に広がる産業用IoTとエッジコンピューティング
ドローンやウエアラブル、新時代のデバイス9種を「生かし切る」3つのポイント
IoTの最先端を行き、通信の民主化を果たす――、「SORACOM Discovery 2019」開催 新サービス/デバイスの発表も
「IoT」はなぜガジェットを面白くしていないのか(佐野正弘)
NTT Com、IoT基盤「Things Cloud」がマルチLPWA接続に、LoRaWANとSigfoxに対応 | IT Leaders
長期利用すが必要なIoT機器の信頼性確保を支援、サイバートラストが新サービス「EM+PLS」
IoTプラットフォーム向け通信モジュールを開発

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。