IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2016.11.30

スマートロック採用がアパート経営のメリットに
孫を鍵っ子にしないスマートホームで家族の生活に安心を <PR>

BY

外から家のカギや家電をコントロールし、オートメーション化を実現するスマートホーム。ケーブルテレビ局のイッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)では、スマートホームのひとつである「インテリジェントホーム」を提供しています。

そんなインテリジェントホームのサービスは、人々の生活に何をもたらすのでしょうか。そこで、サービスの1つであるスマートロック(電子錠)を導入した、賃貸アパートオーナーである川崎市の磯崎賢治さん宅を訪問。導入したきっかけと、使ってみての感想を聞きました。

磯崎さんは賃貸用アパートを所有しており、自宅とアパートの玄関ドアにスマートロックを取り付けています。「アパートはセキュリティとして、自宅は学校帰りに来てくれる孫のために重宝している」とのこと。実際にどんなメリットがあるのでしょうか。詳しいお話を聞きました。

オーナーにとって便利。スマートロックでセキュリティ向上

ーー磯崎さんの自宅はアパートと隣り合っており、どちらにもスマートロックを導入しているとうかがっています。契約した理由はどんなものだったのでしょうか。

磯崎さん:まず、アパートにスマートロックを導入しようと考えました。というのも、シリンダー式のドアは、ピッキングされたりスペアキーを作られたりする恐れがどうしてもあったためです。スマートロックは暗証番号による開閉がメインなので、そういう心配が減ると思ったんですね。

ーー以前から、アパートのセキュリティが気になっていたということですね。

磯崎さん:そうですね。それと、シリンダー式の場合は、アパートの入居者が退去するたびにシリンダーを交換しなければいけません。前の入居者が合いカギを持ったままだと、入れてしまいますから。ただ、そのたびにシリンダー交換をすると、ドア自体も傷むし、工事の手間もかかります。でもスマートロックなら、暗証番号をクリアして初期設定に戻せばいいだけですから。その点でも良いと思いましたね。

ーースマートロックでは、暗証番号を入力することでカギの開閉が行えます。設定も都度変えられるので、そういった有効性もあるかもしれません。ちなみに、入居者の方からは何か反応がありましたか?

磯崎さん:入居者には直接聞いていませんが、不動産屋にとっては、入居者を募集する上でプラスになるみたいですよ。PRポイントとして反応があるようです。1戸3000円程度で、価格的にも大きくないですよね。私もアパートに導入したところ、それが気に入って自宅につけたくらいですから(笑)。

台風の日、孫が無事に帰っているかスマホで分かる

ーー続いて、今お話された自宅でのスマートロックについても教えてください。

磯崎さん:私の娘が近くに住んでいるのですが、シングルマザーなんです。小学3年生の女の子がいて、その子が学校から帰る頃には、娘はまだ外で働いています。だから、孫は家に1人。そこで、よく留守番代わりにウチに来るんです。ただ、私も仕事をしていて、普段は孫が来る前に帰れるのですが、たまに夕方過ぎまで長引くことがある。女房も夜まで仕事です。そうすると、孫がウチに来ても誰もいなくて、中に入れなくなってしまいます。

ーーその場合は、お孫さんにカギを持たせるくらいしか方法がないですよね。

磯崎さん:そうですね。ただ、子どもにカギを持たせるのは、個人的にかわいそうで嫌だったんです。私たちが小さい頃は「カギっ子」と呼ばれましたし、自分もその1人でいい思い出がありません。孫は「早くカギを持ちたい」なんて言っていましたが、あまり持たせたくなかった。それでずっと悩んでいたところ、アパートにスマートロックを入れて、「じゃあ自宅にもつけちゃおう」と。すべては孫のためですよ(笑)。

ーー導入して、お孫さんは喜んでいますか?

磯崎さん:喜んでいます。家族の中で一番喜んでいますね。誰もいないときでも自分で開けられるし、暗証番号を入れる操作も楽しいみたいですね。「ジィジ、暗証番号を入れるときは人に見られないようにしなきゃダメだよ」なんて、僕に教えるくらいですから(笑)。小さい子は、こういう操作が楽しいみたいですね。

ーー磯崎さん自身は、スマートロックのメリットをどの辺りに感じているでしょうか。

磯崎さん:スマホで玄関ドアの開閉履歴を見られるのは便利ですよね。仕事が遅いときも、ちょっとチェックすれば、孫が来ているかわかりますから。娘も仕事をしていると子どもの様子が気になるようで、ありがたいみたいです。特に台風の日は、仕事で遅くなると、孫が心配ですからね。

番号の入力方法にも、システムの安全性を実感

ーースマートロックの使用感についてはいかがですか?

磯崎さん:いいと思ったのは、暗証番号を入力するときに、数字がランダムに表示されること。毎回同じ順番で数字が出ると、指紋がついたり跡が残ったりして、バレますからね。仮に手の動きを他人に見られても、それでは暗証番号がわからないので安心です。

ーースマホでの操作についても、良かった点や改善して欲しい部分があれば教えてください。

磯崎さん:特に困っていることはないですかね。もともとスマホは好きで、いろいろなアプリも入れています。操作面もわかりやすいし、難しさはないですよ。仕事で暇なときにチェックして、孫が来ているか見るのは楽しいですね。

ーーそのほか、たとえば「平日の13時〜15時に解錠したらスマホにメールを送る」などのルール設定もできます。よりお孫さんの状況を知りやすくなるかもしれません。

磯崎さん:なるほど、そういうこともできるのですね。まあでも、現状の使い方で満足しているので、このままでいいですかね。工事のとき、カギの形状が特殊で何度か業者に来てもらったのですが、それでも取り付けてもらえて良かったと思います。今では、職場の同僚にもスマートロックを勧めているくらいですから(笑)。

さまざまな家族形態がある中で、家庭が抱える悩みはそれぞれ異なります。また、「子どもにカギを持たせたくない」という考えの人もいます。それら1つ1つの悩みに対し、臨機応変に対応できるツールとして、インテリジェントホームがあるのかもしれません。

インテリジェントホームサービスの詳細は以下を参照ください。

【インテリジェントホーム】
http://www.itscom.net/service/smart/intelligenthome.html

【記事に登場したデバイス】
http://www.itscom.net/service/smart/device.html

■ 本商品に対するお問合せ
http://www.itscom.net/special/ih_vendor/

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

フリービットら4社、「LoRaWAN」を用いたIoT事業化実証実験を共同で実施
ローム、京都大学、NextDrive、日新システムズ、国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイの開発に成功
インテルとハネウェル、物流業界のスマート化を目指して協業
NTT東日本、農業IoT共同実証実験を開始
日立、IBM z Systemsをベースとした新メインフレーム環境を2018年度から提供
NTT東、「ミリ波」と「Wi-Fi」を活用した畜産IoTの実証実験――センサー不要で牛はストレスフリー
「IoT × Subscription Day – IoTビジネスを創る、つなげる – 」 ユニアデックス株式会社協賛セミナー6/22開催[PR]
スマートリモコンで「外付けIoT」、すぐにはIoT化が難しい生活家電をIoT化【俺たちのIoT】
IoT人気記事ランキング|主要メーカーの自動運転車プロジェクト、三越伊勢丹とソフトバンクによる期間限定ストアなど [5/15-5/21]
フリービットなど4社、仙台市でIoTサービスの事業化に向けたLoRaWANの実証
ドローンワークスが「IoTビジネス共創ラボ」に参画、「ドローンワーキンググループ」を立ち上げ
コニカミノルタがIoTプラットフォームを手がける理由
三菱電機、ROE10%以上の成長経営指標は4年連続達成--IoT関連で新事業創出へ
ロームとACCESSのWi-SUNモジュール活用した「スマートハウス向け電力マネージメントソリューション」、Askey製IoTゲートウェイに採用
増加する窓口業務に人工知能で対応、担当者の負担を軽減するチャットボット ーJapan IT WEEK春 −3
SAP on Azureにみる基幹システムのためのAzure【第12回】 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。