IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.01.16

レノボが「目覚まし時計」に注力する理由──Matt Bereda氏に聞く

Powered by

パソコン世界最大手のレノボ。同社がCES 2019でもっとも強く訴求したのは「ThinkPad」でも「Yoga」でもなく『目覚まし時計』(Lenovo Smart Clock)でした。その理由は一体何なのか。同社のIoT戦略をレノボのMatt Bereda氏に聞きました。 「Lenovo Smart Clock」は、Google Assistantに対応した目覚まし時計です。寝室での利用を想定したデバイスで、4インチディスプレイを搭載。声で現在時刻を聞いたり、アラームをセットしたり、ニュースや天気予報といった情報を入手可能。高音質なスピーカーを備え、音楽も再生できます。就寝時のスマホ操作が安眠を阻害するといい、本デバイスを使えば声だけで情報を入手できる点をアピールします。 ▲Matt Bereda氏(レノボ・グローバルコンシューマーマーケティング担当副社長) ──レノボはパソコンの世界最大手です。しかしCES 2019ではスマートホームやIoTに注力しているように見えます。その理由を教えてください。 Matt Bereda氏:レノボは単なるPCで世界1位である以上に、スマートホームに力をいれています。現在はプロセッシングパワーをスマートな用途に活かそうということになっていて、ホームはその上で自然な展開と言えます。我々はPCに強く、タブレットやスマートフォンも販売していますが、その最新の展開がスマートホームだと考えています。 これまでもPCにはマイクやカメラがついていましたが、録音したり映像を写すだけのものでした。それがスマートデバイスでは、コンピューターがマイクで拾った音声を処理して、何らかの回答を声やディスプレイで表示することが可能になっています。 ──今回「Lenovo Smart Clock」を開発するにあたり、最大のチャレンジはなんでしたか? Matt Bereda氏:最大のチャレンジはルールを変えることでした。今日、インテル・マイクロソフトとのパートナーシップは極めて完成されています。しかし、スマートデバイスでは例えばGoogleやAmazonとのパートナーシップを締結することになります。 また、プロセッサの処理性能を何に使うのか... という点でも変わります。PCでは生産性やエンターテイメンですが、「Lenovo Smart Clock」ではシンプルなタスクや機能になります。デバイスは使われる環境によって違う形を考える必要がありますし、仮にキッチンにPCが置いてあったとしても、それは一時的に置いているだけであり、長く置かれるものではありません。 我々の「スマートディスプレイ」はキッチンに置かれるべくして作られています。そして今回の「Lenovo Smart Clock」はベッドルームに最適に作られているので、このようにデバイスによって異なる思想を持つ必要がある困難さがあります。 ──将来的に、GoogleやAmazonに頼らない独自のIoTプラットホームを構築する予定はあるのでしょうか? Matt Bereda氏:将来のことはわかりません。現段階ではGoogleやAmazonと協業することに、非常に大きなチャンスがあると考えています。どちらか1社に絞らないことで、機会が広がるんです。さらに、中国市場向けではBaiduとのパートナーシップを締結します。 ──日本のユーザーはデザインを重視します。「Lenovo Smart Clock」にはどのようなこだわりがありますか? Matt Bereda氏:Lenovo Smart Clockでは、周囲にフィットするミニマムなデザインを目指しました。広いベッドや素敵な枕といったベッドルームの雰囲気に馴染む必要があります。その点を考えて筐体の表面にはファブリック(布地)を採用しました。また、大きさも一般的な卓上時計程度の大きさ、つまり、目立ちすぎない小さいものが良いと考えました。 ▲筐体表面には布地を採用し、ベッドルームに溶け込むデザインを実現 ──新しいThinkPad X1シリーズを発表しました。デザイン刷新となった本モデルですが、前モデルからの変更点として見どころを教えてください。 Matt Bereda氏:ThinkPad X1のユニークな点は、Carbonのカーボンに加えてアルミを素材に使っている点です。薄型・軽量化も進めています。アルミは軽くて丈夫な素材で気に入っています。また、色についてもThinkPadに忠誠心のあるユーザーは『必ず黒でなければならない』という意見を持っていて、アイアングレーの色を決める時には非常に紛糾しました。 ▲背面デザインを一新したモデルも選べる「ThinkPad X1 Carbon」(2019) ──今回、2年ぶりとなるOLED搭載PC「Yoga C730」を発表しました。去年、OLEDを搭載したPCをスキップしたにもかかわらず、今年OLED搭載モデルを投入した理由とは? Matt Bereda氏:テクロノジーとは時としてタイミングが重要です。ある世代ではテクノロジーはまだ時期が適切ではなかったりします。正しいタイミングが必要なんです。今はPCでNexFlixのようなエンタメを楽しむ時代になっているので、より多くの人がYouTubeやビデオコンテンツを鑑賞するための良いディスプレイを求めている。そこで、ある製品にまず搭載してみて反応をみることも必要だと考えました。 ▲有機ELディスプレイを搭載した「Yoga C730」

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

鍵のIoTで変わる不動産業界、スマートロック「NinjaLock M」を内覧した
AI・ビッグデータ・ブロックチェーンによる第四次産業革命とは? 〜FLOCの一般向け無料セミナーで学ぶ「教養としてのテクノロジー講座」
高度なIoT機器のセキュリティ検証の低コスト化を支援、ユビキタスAIコーポレーション
STマイクロ、生産設備の予知保全などを可能に
国内IoTエッジインフラベンダー選定基準、「IoTの技術力」「ユーザー業務の理解度」を優先――IDCがユーザー調査
SIGFOXの測位技術で物流資材管理、アルプスのIoTタグ
凸版印刷とACCESS、LPWA新規格「ZETA」で協業
FPGAでエッジAIを高速に、NECが専用ツールをデモ
配送車両の運行状況を自動で収集する物流向けIoTサービス、米国で実証実験
製造現場向けAI×IoTサービス提供のスカイディスク、シリーズCで8社から8.6億円を調達——製造関連3社とAI活用の分野別パッケージ開発で協業
省電力ボードで組み込みビジョンを実現
「IoTの導入=コストダウンや効率化」でこぢんまりしてていいの?――IoTネットワーク、LoRaWANビジネスの現状
東芝情報システム、ソフトの流出や模倣を防止
IoTでウニやナマコを養殖、富士通が実証実験
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第7回)2Gしか通信インフラのない地域向けのLPWA「EC-GSM-IoT」【ネット新技術】
Wi-Fiで1m以下の高精度測位、物流向けに村田が展示

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。