IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.12.13

「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より

Powered by

IoTを活用した店舗開発のShowcase Gigと森トラストは、スマホを使ってコーヒーを注文すると、ロボットが客の元まで配達してくれるサービスの実証実験を、2019年1月7日から2019年6月末までの期間中、東京・港区にある城山トラストタワー1階のカフェで実施します。 実証実験では、モバイルオーダー&ペイプラットフォームの「O:der」とSavioke Inc.が開発した自律走行型デリバリーロボット「Relay」を活用します。 O:derは、Showcase Gig社が開発したモバイルオーダーサービス。スマホアプリで事前注文と事前決済を行えます。 Relayは、米国企業Savioke Inc.が開発した自律走行型搬送ロボット。センサーマッピングによる自律走行が可能で、障害物を避けて移動したり、エレベーターを使用したフロア移動なども可能です。 利用手順としては次のようになります。 ユーザーはまず初めに、iOSやAndroid向けに提供される専用アプリ「O:der」を立ち上げ、店舗を選択。店内のテーブルやオフィスに設置されたQRコードを読み取った後、アプリから商品や数量を指定して注文と決済を行います。すると、注文された商品を収納した Relayが、店内のテーブルやオフィスの入口まで自律走行して、ユーザーの元まで商品を届けに来ます。 Relayのタッチパネルに暗証番号を入力することで商品を受け取れます。 実証実験では、「O:der」と「Relay」を組み合わせることで、店員の注文業務と商品提供業務を削減し、それによるオフィスビル利用者の利便性や高層ビルにおけるデリバリーサービスのニーズ、店舗の運営効率や事業性などを検証します。店に並ぶ人も減り、店の回転率向上にも繋がるとしています。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も
中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方
これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供
IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。