IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.09.13

「ヘルスケアIoTコンソーシアム」発足
個人のヘルスケア情報を安心して流通できる世の中へ

東京大学や北海道大学、広島市立大学、ニューチャーネットワークス、インタセクト・コミュニケーションズなどは9月9日「ヘルスケアIoTコンソーシアム」を設立した。ヘルスケア情報を個人が自分の意思と権限で流通させ、健康増進に向け個人に合わせた行動変容をアシストする社会基盤づくりの確立を目指す。

生態情報を収集するウェアラブルセンサーとそれによって収集されるデータには、多くの可能性があると言われている。しかし、集まったデータはユーザーのみが活用するのではなく、サービス提供者側も利用することになる。この利用実態について、ユーザー側が知ることはできないなどの課題がある。

これら課題を解決するため、健康データ流通における横断プラットフォームの開発をするなどが同コンソーシアムの具体的な活動内容。データ流通に伴うAPI等の共通化や標準化企画なども行っていくという。

ヘルスケアIoTコンソーシアム
http://healthcareiotcons.com/

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、IoTデバイス向けにeSIMプラットフォームを運用開始
シスコ、オープンなIoTデータファブリック「Kinetic」を紹介
ヤフー、IoTセンサーによるコミュニケーション活性化の実証実験
日本郵船とNTT、船舶IoTに関する共同実験を開始
徳島県からIoTサービス事業を創出--日本IBMや地元企業が共同施策
コノル、スマホタッチでつながるIoT製品「CORONA」でNFC導入をサポート
シスコのIoTプラットフォーム「Kinetic」、国内でも年内に提供開始へ
東急が渋谷にIoTスマートホームの体験スペース、帰宅すると自動的にエアコン作動(ニュース)
富士通とアジラ、町田市でIoTを活用した帰宅困難者の見守り実験
レオパレス21、IoTとLoRaによる見守りシステムの実証実験
ソフトバンク、ウエアラブル端末などのIoTデバイス向けにeSIMプラットフォームの運用を開始
進化する「goo」のAI、次はIoTで“あうんの呼吸”実現へ 
ビッグデータ時代のものづくりに必須--米FlyDataが産業IoTで日本参入
オフィスレイアウトの変更でコミュニケーションは活性化するか?――ヤフーがIoTセンサーで可視化へ
IoT機器を標的にしたメキシコからの攻撃が急増、横浜国大とBBSSが報告 
ユニ電子とインフォテリア、IoTセンサーから取得したデータの管理で協業

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。