IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.12.05

米ベライゾン、5Gスマホを2019年前半に発売 サムスン製

Powered by

米国の通信大手ベライゾンは、次世代移動通信「5G」に対応したスマートフォンを2019年前半に発売すると発表しました。 端末はサムスン製となる予定。詳細な仕様は明かされていませんが、クアルコムの次期Snapdragonプロセッサを搭載したハイエンドモデルとなる見通し。時期的にサムスンの次期主力スマートフォン「Galaxy S10」(仮称)シリーズの1モデルとなる可能性もありそうです。 また製品発表に先駆けて、米国時間12月4日〜6日に開催される開発者向けイベント「Qualcomm Tech Summit」において、次期Snapdragonプロセッサや5G NRモデム、RFトランシーバーを統合したアンテナモジュール、RFフロントエンド等を搭載したPOC(proof-of-concept)を公開するとしています。 ベライゾンは、2018年10月より固定回線を置き換え用の宅内向け「5G」サービスをヒューストン・インディアナポリス・ロサンゼルス・サクラメントで提供するなど、5G商用化で先行しています。 5Gは数Gbps級の超高速通信、数ms級の低遅延、多数のIoTに対応する超多接続が特徴の次世代移動通信です。日本では2019年9月にプレサービスが開始され、2020年春に商用サービスが開始予定。従来の4Gは主に「ヒト」に対するサービスだったのに対し、5Gでは建設機械の遠隔操作や自動運転など「モノ」に対するサービスの広がりも期待されています。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表
DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用
経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」
マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業
ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で
IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験
IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業
デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン
IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用
【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか
【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演
あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?
KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」
「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供
5Gにおける「NB-IoT/LTE-M」の位置付け
加賀市がIoTを活用した除雪車運行システムを採用、状況の可視化や報告の省力化を実現

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。