IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.11.10

携帯基地局に「カメラ」設置 ソフトバンクが法人向け新サービス

Powered by

ソフトバンクは、携帯電話の基地局にネットワークカメラを設置し、自然災害などへの対応に役立てる「スマート情報カメラ」を2019年春より開始します。 この「スマート情報カメラ」は、同社が運用する全国の携帯基地局にネットワークカメラを設置し、リアルタイム映像やアーカイブ映像を配信するもの。 見通しが良く、さらに回線や電源も確保できる基地局はカメラ設置に適しているといい、自治体における防災対策や、放送局の情報・お天気カメラ、交通状況のモニタリングなどに役立てられるといいます。 ▲河川氾濫・火山噴火など自然災害の初動対応にも役立てられる プランは2種類、次世代IoTにも活用へ 法人向けサービスとして展開し、官公庁や放送局、鉄道や高速道路会社などの顧客を想定します。 プランは「専有パターン」と「共有パターン」の2種類。「専有パターン」は、ユーザーが必要とするロケーションにカメラを設置し、その映像をユーザーが独占するもの。映像の所有権もユーザーに帰属するほか、パン・チルト・ズームなどカメラ操作も可能です。 「共有パターン」は、あらかじめ全国の基地局に設置されたカメラを複数ユーザーで利用するもの。映像の所有権はユーザーに帰属せず、カメラの操作権もありません。利用料金は1台あたり月額5万円を想定します。 また、カメラの設置から回線の確保、保守管理までをソフトバンクが一括で提供。映像はリアルタイムで配信されるほか、クラウドサーバーに最大48時間分が自動保存されます。 ▲基地局に設置するカメラ。ソニービジネスソリューション製で、解像度はフルHD(専有パターンの場合) まず2019年春より「専有パターン」の提供を開始し、準備が整い次第「共有パターン」のサービスを展開予定。また、将来的には映像を基に解析・予測に役立つ次世代IoTサービスの提供も視野に入れます。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

NI+C、ミツフジのウェアラブルIoT「hamon」と「IBM Maximo Worker Insights」を組み合わせた安全管理・見守りソリューションを提供
NTTデータCCS、Beacon/IoT分野でAC&Mと資本・業務提携 | IT Leaders
“産業と社会を変えるデジタライゼーション”がテーマ「第5回 IoT/AI ビジネスカンファレンス」開催レポート
AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(前編)
JEITAがサーバ需要の「質の変化」を解説、IoT・AI・機械学習の台頭で何が変わるか
東芝“新中計”は踏み込み不足、構造改革を遅らせる「内輪の論理」
NTTデータCCS、ビーコン/IoTソリューション分野でAC&Mと提携、位置測位サービスを拡充
TrustZone対応マイコン、声を拾う加速度センサー STが展示
IIJ、フルMVNOサービスでLTE-Mの接続確認を実施
宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから
魅力あるIoTエッジの開発アプローチに垣間見るプラットフォーム提供の在り方
NTT東が中小工場向けIoTパッケージ――トライアルでは4%の稼働率向上を実現
AIによる自律化、クラウド化、そしてサービス化が進むストレージの現在と未来
環境発電で動作するコントローラー、ルネサスがSOTBを初適用
KDDI、富士山遭難者救助にドローンを活用
ヤマザキマザック、IoTを活用したコネクテッドサービス「Mazak iCONNECT」を2019年4月より提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。