IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.11.10

携帯基地局に「カメラ」設置 ソフトバンクが法人向け新サービス

Powered by

ソフトバンクは、携帯電話の基地局にネットワークカメラを設置し、自然災害などへの対応に役立てる「スマート情報カメラ」を2019年春より開始します。 この「スマート情報カメラ」は、同社が運用する全国の携帯基地局にネットワークカメラを設置し、リアルタイム映像やアーカイブ映像を配信するもの。 見通しが良く、さらに回線や電源も確保できる基地局はカメラ設置に適しているといい、自治体における防災対策や、放送局の情報・お天気カメラ、交通状況のモニタリングなどに役立てられるといいます。 ▲河川氾濫・火山噴火など自然災害の初動対応にも役立てられる プランは2種類、次世代IoTにも活用へ 法人向けサービスとして展開し、官公庁や放送局、鉄道や高速道路会社などの顧客を想定します。 プランは「専有パターン」と「共有パターン」の2種類。「専有パターン」は、ユーザーが必要とするロケーションにカメラを設置し、その映像をユーザーが独占するもの。映像の所有権もユーザーに帰属するほか、パン・チルト・ズームなどカメラ操作も可能です。 「共有パターン」は、あらかじめ全国の基地局に設置されたカメラを複数ユーザーで利用するもの。映像の所有権はユーザーに帰属せず、カメラの操作権もありません。利用料金は1台あたり月額5万円を想定します。 また、カメラの設置から回線の確保、保守管理までをソフトバンクが一括で提供。映像はリアルタイムで配信されるほか、クラウドサーバーに最大48時間分が自動保存されます。 ▲基地局に設置するカメラ。ソニービジネスソリューション製で、解像度はフルHD(専有パターンの場合) まず2019年春より「専有パターン」の提供を開始し、準備が整い次第「共有パターン」のサービスを展開予定。また、将来的には映像を基に解析・予測に役立つ次世代IoTサービスの提供も視野に入れます。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も
全米最大のホームセンター「ホームデポ」が発見した“3種のスマートホームユーザー”
日本郵船が取り組む「船舶IoT」とは何か?主要システム「LiVE」「SIMS」の役割とは
エクストリームネットワークス、IoTデバイスを安全にネットワークにつなぐアダプタなどを発表 | IT Leaders
【CES Asia 2019】開幕。自動車技術の出展に日産やデンソーが初参加
マクニカ、IIoT×AIを活用したセンシングを提案

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。