IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
イノベーション
2016.11.16

「Watson IoT Platform」で手軽にデバイスを制御する

BY

Watson IoT PlatformによるスピーディーなIoT環境の構築

2016年11月16日~11月18日の期間で神奈川・横浜にあるパシフィコ横浜にて開催されている「IoT Technology 2016」。このカンファレンスでは「IBM Watson IoT Platformを使ったIoTのはじめ方」と題するセッションが行われた。こちらの模様についてご紹介していこう。

プレゼンテーションに立ったのは、日本アイ・ビー・エムのWatson IoT事業部 アドバイザリーITスペシャリストのイ・ヘリン氏。

ヘリン氏は世界中でIoT時代が到来している中、どのようなビジネス変革をどうやって起こすかについては業界や企業によってさまざまであり、IoTには、今見えているユースケース以外にもまだたくさんの可能性があるのだと述べる。

日本アイ・ビー・エム Watson IoT事業部 アドバイザリーITスペシャリスト イ・ヘリン氏

「IoTには決まった正解はなく試行錯誤が必要であり、競争の激化に伴いIoTを使った価値創出にもスピードが求められている」とヘリン氏。こうした時代にはIoTを使ったアイディアをどんどん形にして、スピーディーに試行錯誤できるIoT基板が必要となる。

こうした時代へのソリューションとして、同社が提供しているのが「Watson IoT Platform」だ。これは同社のクラウドサービスである「IBM Bluemix」の機能の一部として提供されており、デバイスからのデータを収集し、それを活用するためのさまざまな機能が用意されている。顧客はこれらを部品のように扱い、組み合わせて使うことで、顧客に合ったIoTソリューションをスピーディーに作り上げることが可能となっている。

IBMが提供するWatson IoT Platform

またWatson IoT Platformでは、軽量で高速なプロトコルである「MQTT」が採用されている。MQTTは1999年にIBMとEurotechが開発したものだが、ここでは双方向や1対多の通信が可能であるほか、ヘッダ情報は最小で2バイトであり軽量で省電力。

非同期のために処理が高速で、不安定な環境での通信に強くなっている。また2014年にはOASIS(構造化情報標準促進協会)標準として採用されているなど、オープンな環境での開発が可能だ。加えて扱えるデバイスも数多く、ライブラリなどは「レシピの形で公開されているので、さまざまなIoTデバイスと簡単に接続できる。

なお、実際にIoTデバイスを開発する場合は、各クライアント固有のデバイスを利用することも多いだろう。

そうした場合には、デバイス側にMQTTのクライアント実装ライブラリーである「Paho」を使うことで、MQTTの詳しいプロトコル使用を理解していなくても、MQTTアプリケーションを開発することが可能となっているという。

Pahoは、元々はIBMが開発したものだが、これをオープンソースとしてEclipse Foundationに寄贈した。PahoはCやJava、Pythonなどの多くの言語に対応しており、PCやスマートフォン、組み込み機器など、多くのデバイスで利用できるようになっている。

Pahoを利用した例。Pythonのコードだが、1画面に収まる程度の分量で実装可能

収集したデータを扱うプログラムツールとしては「Node-RED」が用意されている。これは、データの入力や出力、加工、蓄積、分析など、さまざまな機能が用意されているノード群からノードをドラッグ&ドロップして、ノード同士をつなげていくだけで、簡単にアプリケーション作成できるというもの。

またNode-REDには状況に応じた様々なアクションが用意されており、リアルタイムなデータを活用したアラートなどのアクションを簡単に実行することができるようになっている。

このほかWatson IoT Platformでは、ダッシュボード機能を使うことで、IoTのデータを可視化することが可能だ。Node-REDのWebSocketを使って、オープンソースのレポートライブラリと組み合わせることでも、ユーザー専用のダッシュボードを簡単に開発することが可能だ。

収集したデータの分析についてだが、同社の統計分析パッケージである「SPSS」のモデラーで作成した予測モデルを、BluemixのPredictive Analyticsサービスにインポートして、Node-REDからPredictive AnalyticsのAPIを呼び出すことで、リアルタイムのスコアリングができる。これにより例えば、故障の有無とその確信度のスコアリングを行うといったことができるわけだ。

あわせてお読みください

注目連載

innovators 情熱のカラクリ
いまさら聞けないIoTの基本のキ
大辻雄介の「教育のIoT思議」

記事一覧

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。