IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.08.29

日本仕様のローコストスマートロック「SESAME mini」がMakuakeで先行発売

Powered by

日本国内では2015年に一般発売が始まったスマートロック。自宅の玄関扉やオフィスのエントランスの扉に取り付けることで、スマホでの鍵の開閉を可能にするIoT製品だ。ハブとなる機器を室内に別途設置しておけば、遠隔での解錠/施錠ができる製品もある。 国内では、フォトシンスの「Akerun」、ライナフの「Ninja Lock」、ソニー子会社が手がける「Qrio」などが有名だ。発売当初はアーリーアダプターの個人利用も多かったが、現在ではそのブームも落ち着いた感がある。というのも、いずれの製品も1万円以上の価格設定となっており、個人が気軽に手を出せる製品ではなかったからだ。 その後、Akerunの開発元であるフォトシンスは、入退室システムの提供やFeliCa対応、レンタル利用など法人重視の戦略を採ることで事業を拡大し、今年5月には総額10億円、累計15億円の資金調達に成功している。現在Akerunは、2500社超の法人で導入されているそうだ。 このように法人需要が高まる中、CANDY HOUSE JAPANは8月28日、米国発のスマートロックである「SESAME」(セサミ)を日本の住宅事情に最適化させ、「SESAME mini」としてMakuakeにて、Makuake限定価格の9800円で10月30日まで販売することを発表した。なお、先着50名はさらに1000円割引の8800円となる。SESAMEは、2015年にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で1.4億円の資金調達に成功。北米や欧州、アジアで販売され、2017年秋には日本にも上陸し、世界合計で5万台超が使われているという。 SESAME miniは、このSESAMEをベースに小型化と日本の鍵の形状に合わせた改良が施された製品だ。ウェブブラウザー経由での入退室管理、IFTTT経由でのGoogleアシスタント、Amazon Alexa対応、専用ハブによる遠隔操作など、スマートロックのトレンドも押さえている。カラバリは、ホワイト、マットブラック、シャンパンシルバー、シャンパンゴールドの4色となる。 ウェブブラウザーを使った入退室管理も可能だ SESAME miniについてCANDY HOUSE JAPANのJerming Gu CEOに話を聞いたところ、他製品に比べて安すぎる本体価格については「SESAME miniで使っているチップ、クラッチ、モーターなどはSESAMEとほぼ同じで、大量生産によるスケールメリットによってコストダウンが図れた」とのこと。加えて、「ギアとアンテナ、センサーについてはSESAMEよりも性能の高いものを使用しており、ギアの耐久性は3倍、Bluetooth通信距離が110%延長、電池の持ちも110%増加した」という。 Amzonなどで1万4800円で販売されている「SESAME」(右)を日本向けに小型化 同じ部品を使いながらも小型化できたのは、「SESAMEでは日本よりもサイズの大きい米国の鍵に対応できるように、鍵のグリップ部分など空間のスペースを大きく取っていたが、SESAME miniにはその空間部分を日本の鍵に合わせて小型化した」とのこと。 本体サイズは幅57×奥行き92.7× 高さ54.5mmで、重さは107g なお、IFTTT経由によるGoogleアシスタント、Amazon Alexa対応については、「鍵閉めて」「玄関をロックして」「ドアはロックされてる?」などのフレーズが使える。 IFTTT経由で、Google HomeやAmazon Echoなどのスマートスピーカーと連携可能となり、音声で鍵の開閉が可能だ 外出先から遠隔操作でドアを解錠施錠する際に必要な専用ハブ(WiFiアクセスポイント)も6000円で同時販売される。SESAME miniとセットで購入した場合は1000円引きとなる。 SESAME miniとはBluetoothで、室内のルーターとはWi-Fiで接続することで、SESAME miniの遠隔操作が可能 Gu氏によると、今回のSESAME miniの日本市場へのリリースを足がかりにして、年内にはB to B向けサービスの発表も予定しているそうだ。低価格スマートロックの登場でコンシューマー市場でのスマートロック人気が再燃するのか、法人向け市場での台風の目になるのか、今後に注目していきたい。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

LoRaWANのIoT環境を無料で試用、西菱電機が法人向けに提供
試作から本番実装まで--「IoT in Action」会場で気になったIoT技術のいま
NEC、東京大学、NTT、早稲田大学の4者、IoT機器からクラウドへの通信量を削減する実証実験を開始
IoTを活用して除雪車の運行を支援---システムを開発
「企業データ基盤」はこう創る!─ANAの“顧客体験基盤”構築の要諦 | IT Leaders
NECとNTT、クラウドからエッジに処理を移動させて緊急時に必要な通信帯域を確保する実験 | IT Leaders
加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表
DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用
経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」
マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業
ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で
IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験
IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業
デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン
IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用
【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。