IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2016.11.14

スマート冷蔵庫にインテリア、おとなり韓国ですでに稼働しているIoT機器
「Korea IT EXPO 2016セミナーレポート」~後編~

BY

先日、「Korea IT EXPO 2016」で開催されたセミナー「韓国 IT 最新動向」の前編として「韓国は今」をテーマに、現在の韓国におけるIT事情をお伝えした。

セミナーの講師はITジャーナリストで東京大学情報学環特任助教、KDDI総研特別研究員など多数の肩書を持つ趙章恩(チョウ・チャンウン)氏。同氏は日本の各メディアに韓国やアジアのIT事情を日本と比較しながらわかりやすく伝えることで定評がある。今回は後編をお伝えしよう。

世界初のIoT専用モバイルネットワーク

趙氏いわく、現在の韓国はモバイルネットワークも発展してきているとのこと。5G通信の商業化を目指し、2018年の平昌(ピョウンチャン)冬季オリンピック前に開始するべく、研究が進んでいるそうである。

韓国大手キャリアであるKTでは、5G通信でサポートされる優れたセキュリティ機能を試す試みとして、実証実験を行っているという。社内に入るときに専用の端末にタッチすることで、社内専用のWi-Fiに切り替わり、たとえば会社が禁じている無料のWebメールサイトにはアクセスできなくなったり、カメラが起動しなくなったり、とそういう5G通信に含まれる機能を有効にできるとのことだ。

5G以前には、そういう機能がなかったため、カメラに目隠し用シールを貼ったり、Webサイトにアクセスできないようにアプリをロックしたりと、なかなか面倒であったそうだ。5Gになると1回タッチして会社に入ればよくなり、会社を出るときには再度タッチするだけで元に戻せる。仕事でもプライベートでも5G対応端末は便利ということがわかる。

また5G通信は日本で言うと2010年の通信速度と比べ100倍の速度、1,000倍の大容量化を目指しており、これまでより大きなデータを扱うことができる。たとえばホログラム映像によるスキーのジャンプなどのスポーツ中継ができるのではないかと期待が高まっているという。

また韓国のSKテレコムでは、世界で初めてIoT専用ネットワークを商用化したそうだ。

これは「LoRa(ローラ)」と呼ばれる専用サービスで、1回線あたり月額100円未満でIoT専用ネットワークを利用できるという。非常に低コストだ。

韓国では5G通信を2018年の冬季五輪前に普及させる予定である

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。