IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2016.11.14

スマート冷蔵庫にインテリア、おとなり韓国ですでに稼働しているIoT機器
「Korea IT EXPO 2016セミナーレポート」~後編~

BY

先日、「Korea IT EXPO 2016」で開催されたセミナー「韓国 IT 最新動向」の前編として「韓国は今」をテーマに、現在の韓国におけるIT事情をお伝えした。

セミナーの講師はITジャーナリストで東京大学情報学環特任助教、KDDI総研特別研究員など多数の肩書を持つ趙章恩(チョウ・チャンウン)氏。同氏は日本の各メディアに韓国やアジアのIT事情を日本と比較しながらわかりやすく伝えることで定評がある。今回は後編をお伝えしよう。

世界初のIoT専用モバイルネットワーク

趙氏いわく、現在の韓国はモバイルネットワークも発展してきているとのこと。5G通信の商業化を目指し、2018年の平昌(ピョウンチャン)冬季オリンピック前に開始するべく、研究が進んでいるそうである。

韓国大手キャリアであるKTでは、5G通信でサポートされる優れたセキュリティ機能を試す試みとして、実証実験を行っているという。社内に入るときに専用の端末にタッチすることで、社内専用のWi-Fiに切り替わり、たとえば会社が禁じている無料のWebメールサイトにはアクセスできなくなったり、カメラが起動しなくなったり、とそういう5G通信に含まれる機能を有効にできるとのことだ。

5G以前には、そういう機能がなかったため、カメラに目隠し用シールを貼ったり、Webサイトにアクセスできないようにアプリをロックしたりと、なかなか面倒であったそうだ。5Gになると1回タッチして会社に入ればよくなり、会社を出るときには再度タッチするだけで元に戻せる。仕事でもプライベートでも5G対応端末は便利ということがわかる。

また5G通信は日本で言うと2010年の通信速度と比べ100倍の速度、1,000倍の大容量化を目指しており、これまでより大きなデータを扱うことができる。たとえばホログラム映像によるスキーのジャンプなどのスポーツ中継ができるのではないかと期待が高まっているという。

また韓国のSKテレコムでは、世界で初めてIoT専用ネットワークを商用化したそうだ。

これは「LoRa(ローラ)」と呼ばれる専用サービスで、1回線あたり月額100円未満でIoT専用ネットワークを利用できるという。非常に低コストだ。

韓国では5G通信を2018年の冬季五輪前に普及させる予定である

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

未来の家はこうなる?「IoTスマートホーム」の快適さを横浜の実証実験で体感してきた!
三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒
ドーワテクノス、ロームの「EnOcean」デバイスを活用したモータ監視IoTソリューションを開発
エージーテック、エッジコンピューティングを実現するIoT向けデータベース「Actian Zen Edge」を販売開始
ウインドリバーが注力するIoT時代に求められる5つの技術トレンド
KDDIや御殿場市など、富士山の登山者数や温湿度の可視化サービス
村田製作所、IoTで工場設備の非稼動要因を見える化する「m-FLIP」を提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。